子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

口呼吸が引き起こすデメリットが怖すぎる!?鼻呼吸にする方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

あなたは、自分が口呼吸か鼻呼吸か意識したことはありますか?

起きている時間は意識をして確認することもできますが、寝ている時間は確認することが難しいです。

最近では、健康と歯・呼吸などの口腔内環境が関係しているとも言われています。

口腔内は清潔に気を付けているから大丈夫と思っていても、口呼吸であった場合は注意が必要にもなります。

今回は、口呼吸になってしまうことでのデメリットと共に、鼻呼吸にチェンジさせる方法までご紹介していきます。

呼吸

私達は常に呼吸をしています。

無意識に自然としている事の多い呼吸ですが、呼吸を意識して正しくすることで身体には良い事が沢山起きます。

ヨガなども呼吸を意識して鼻から深く肺に空気を入れ、口からゆっくり吐いていく事でリラックス効果や血流をよくする、自律神経が整うなどの効果が期待できます。

本来正しい呼吸は、鼻から吸い込む事だとご存知でしたか?

鼻呼吸

鼻の中には鼻毛や線毛・粘膜などがあり私達の体内に入り込もうとするウイルスやばい菌をキャッチしてくれることで、体内に入り込む事を防いでくれます。

鼻から入ったウイルスやばい菌が、鼻でキャッチしきれない場合でも鼻の奥でつながる扁桃リンパ部分が異物だと感じたら体内に入らないよう防いでくれます。

さらに、鼻から入る空気は鼻腔内で温めてくれ加湿してくれた状態で肺に送る込むことができるのです。

口呼吸

口呼吸の場合空気と共に入り込んできたウイルスやばい菌は、防がれることなくダイレクトに体内へ入り込んでしまいます。

さらに、口から入り込んだ空気は冷たく乾いた状態のまま肺へと送られてしまうのです。

鼻呼吸と口呼吸を比べただけでも、口呼吸が悪い事は明らかですね!

筆者

口呼吸のデメリットはこれだけではなく、まだまだあるんですよ!

筆者

口呼吸のデメリット

口呼吸に慣れてしまっているとなかなかデメリットには気付きにくいこともあるかもしれません。

しかし、デメリットを確認してみるといつもの身体の不調は口呼吸にあったという事に気付く事もあります。

口呼吸のデメリットを確認していきましょう。

喉が痛くなることが多い

自分自身喉が弱くていつも喉が痛いと思っている人は要注意です。

口呼吸になっていることで、温められることなく常に空気がダイレクトに口から入ってくることで、喉は乾燥し放題と悪環境になっています。

特に、寝ている間は無意識なこともあり長い時間口を開けて呼吸をしているため喉は長時間カラカラに乾燥してしまいます。

朝起きて喉が痛いなんて思った人は、口呼吸になってしまっている可能性がほぼ高いです。

いびきをかいてしまう

自分では気付きにくい事ですが、いびきがうるさいと言われたことありませんか?

この場合も、口呼吸が原因となっていると考えられます。

口を開けている状態で眠りにつくと、自然と舌が喉の方へ下がる形になってしまい気道が塞がりやすい状態となるのです。

この状態だと、スムーズに呼吸ができないことからいびきをかいてしまうことになります。

いびきは質の良い眠りの妨げになり、酷くなると無呼吸症候群状態となり命にも関係してきてしまうのです。

寝ても寝ても疲れが取れない、眠いといった人は口呼吸の可能性は非常に高いです。

虫歯・歯周病・口臭などの口腔環境が悪い

口呼吸をしていることで、先ほども喉の乾燥について話しましたが、当然に口の中も乾燥してしまいます。

口の中が乾燥状態になってしまうことで、唾液が作られない環境となるのです。

唾液は大切な働きをしてくれていることはご存知でしょうか?

唾液には、殺菌作用や浄化作用といった私達の口の中を健康や清潔に保ってくれる働きがあります。

そのため、口呼吸をし乾燥が原因で唾液が作られない環境になることで、口の中はばい菌だらけとなり虫歯や歯周病、口臭といったトラブルを起こすこととなってしまうのです。

口腔環境が悪かったり、弱いと感じている人は口呼吸の可能性があります。

ひどいアレルギーや風邪などにすぐかかる

口を開けた状態で呼吸をしていることで、アレルギーの原因となる物質やインフルエンザや風邪などのウイルスが非常に体内へ入り易い環境になっています。

そのことから、アレルギーがひどくなってしまったり、風邪などのウイルス感染しやすくなっているのです。

さらに口呼吸での乾燥と重なり、入ってきたウイルスは繁殖しやすい最も居心地の良い場所となってしまいます。

アレルギーがひどくなる、風邪に良くかかると思っている人は口での呼吸を改善することで良くなる可能性が高いです。

美の部分にも悪影響がでる

一生懸命にたるみのケアーなどしているのに、肌のたるみがひどく何をしてもなかなか改善しないなどと悩んでいる人は口呼吸が原因かもしれません。

口をポカンと常に開けてしまっていることから、口周りや頬の筋肉が衰えてしまっている状態になります。

逆の言い方をすれば、口、頬に筋肉がないことで口を閉じることが大変になっているのです。

この状態を長い間続ける、もしくは続けていることで口、頬周辺の肌はたるんでしまいます。

口、頬だけではなくひどい状態だと顎から首のたるみにまで影響を与えてしまいこととなるので注意が必要です。

引き締めの化粧品を一生懸命使う前に、口呼吸の改善を心がけたほうが顔のたるみに効果が出る可能性が高く考えられます。

自律神経が乱れやすくなる

ヨガなどの精神安定やリラックスの呼吸としても知られているのが鼻呼吸です。

口からの呼吸は浅くなりがちなので、深く良いリラックスできる呼吸ができていない状態です。

鼻からの呼吸は、温められた空気が肺まで届く深い呼吸をする事ができます。

そのため、口からの呼吸をしている場合リラックスができていないことになり、精神的にも身体的のも疲れやすくなってしまう状況です。

鼻呼吸へとチェンジしていくことで、正しい深い呼吸ができ自律神経も整います。

自律神経の乱れは、身体の様々の不調へも影響は大きいので口呼吸の改善に努めることをおすすめします。

子供は歯並びにも影響が大きい

歯が生え変わる時期からの口呼吸は、歯並びや顎の成長にまで影響を与えることとなります。

口を開けていることで、舌は本来の正常な位置に定着できなくなり、舌が変な位置にあることで歯を押してしまっていたり、顎の成長の妨げとなります。

通常舌の正しい位置は、上顎に付いていて上前歯の後ろ手前の舌先がきている状態です。

口呼吸をし、舌が正常な位置に定着できないことで歯や顎の成長に影響を与えてしまうこととなります。

歯が生え変わる前口呼吸の改善をすることで、成長に影響を与えることが少なくなります。

思っていた以上に口呼吸のデメリットが多くてビックリしてしまいます。

筆者

でも、大丈夫!口呼吸から鼻呼吸へと変えられる方法もあるのでみていきましょう!

ひつじー

口呼吸のデメリットを改善する鼻呼吸へと変える!

思った以上に口呼吸のデメリットが多くてビックリしている人が多いのではないでしょうか?

でも、簡単に口呼吸から鼻呼吸に変えていけるの?と心配もあると思いますが、実際に私がやった方法からご紹介していきます。

実は私も口呼吸で長い間生活をしていました。しかし、鼻呼吸に改善したことで今まで当たり前だと思ってしまっていた身体の不調がなくなったんです。

筆者

鼻呼吸へ変える方法:テープ

実際に私がやった改善方法です。

起きている時間は意識が多少できても、寝てしまったら無意識になってしまい口呼吸をし放題状態になってしまいます。

そのため、寝る時に口にテープを貼り眠りに付く方法です。

初めは慣れなくて、なんとなく息苦しいような気がしましたが少し経てば直に慣れます。

市販でも口止めテープなどがあるのですが、私は肌にも優しい包帯や湿布などをとめる為のテープを使っています。

毎日使うので、できればコスト的にも量的にもお財布に優しい物が助かります。

ちなみに、私は口テープをやって1年以上経ちますが、最近では口テープをしていなくても寝ている間は鼻呼吸へとチェンジする事ができ自然と鼻呼吸へすることができました。

鼻呼吸へ変える方法:体操

口や頬などの筋肉を鍛えることで、口を閉じやすくすることができます。

今まで、口呼吸で緩み切ってしまった筋肉を引き締めましょう。

テレビを見ながらや、お風呂へ入りながらなどながら運動で十分な方法です。

声は出しても出さなくてもいいので、あ・い・うと大きく口を動かし、最後はべ、と舌を下方向へとおもいっきり伸ばしましょう。

口周りを動かして、筋肉を付けていきましょう。

鼻呼吸へ変える方法:耳鼻科へ

鼻呼吸に変えたいから、テープを貼りたいのに鼻が詰まっていて口で息ができない!という人は、口呼吸になってしまっている人には多くみられます。

鼻が詰まっていると、なかなか口呼吸の改善ができにくい状態ですので、耳鼻科などへいき鼻から息が吸えるよう治療をしましょう。

鼻の不調も口呼吸が原因の可能性はありますが、鼻で息を吸う為には鼻の詰まりを改善しない限り難しくなってきてしまいます。

耳鼻科の先生とも相談をして、鼻からの呼吸ができる状態にしていくことが大切です。

鼻呼吸へ変える方法:マスク

どうしても、鼻が詰まった状態で苦しくてテープができないという場合、鼻がとおるようになるまではマスクで口の渇きをカバーしていくことをおすすめします。

良く寝る時にマスクをしているから大丈夫!という人がいますが、大丈夫なのは鼻呼吸の人のみです。

口呼吸の癖がついていると、マスクをしても結局は口が開いていて呼吸は口でしているだけなので、鼻呼吸へと変えることはできません。

口呼吸の人が、マスクで改善できることは口の乾燥だけです。

鼻の治療中や風邪などで鼻から息が吸えないという乾燥の一時しのぎの場合以外の対策としては、あまりおすすめできません。

鼻呼吸へ変える方法:意識する

起きている時間帯は、口を開けていないか、口呼吸になっていないかなどなるべく意識することが大切です。

その他にも、舌の位置が正確な場所へ納まっているか、納まっていなければ気付いた度に舌の位置を治していきましょう。

舌の位置が正確な場所へ納まるように癖付けできれば、口も閉じ易い状態へとなっていきます。

正しい舌の位置は、舌の半分から前の部分が上顎についている状態です。

さらに、舌先は上前歯の後ろ少し手前に治まっています。

意識してもなかなか正確な位置へ納めることが事が難しい、出来ないという人は一度歯科医へ行き見てもらいましょう。

まとめ

普段無意識のうちに口呼吸になってしまっている人は、思いもよらない怖いデメリットがあります。

口呼吸を鼻呼吸に定着させるためには、少しの間癖付けや、筋肉をつけるなどの方法を試すことが必要です。

しかし、口呼吸をやめ鼻呼吸にするだけで今までの身体の不調が軽減できる可能性は大きいです。

是非、鼻呼吸にチェンジさせて健康的で快適な生活を送れるようにしていきましょう。


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.