子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

セルフホワイトニングの効果ってどのくらい?理解しておきたいメリットとデメリット

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

歯が白いって憧れる!という人は多いのではないでしょうか?

最近では、治療歯医より予防歯科や審美歯科専門なども増えてきています。

現代では歯への意識が高まっていることも確かなことです。

歯を白くするいわゆるホワイトニングも最近では芸能関係者に限らす、普通にやっているという人も多いはずです。

そんな時代の流れから、最近ではセルフホワイトニングも主流となってきています。

興味はあるけど、色々と不安があり手を出せないという人に今回はセルフホワイトニングについて詳しくお伝えしていきます。

セルフホワイトニングとは?

セルフホワイトニングとは、自宅で簡単に自分の歯をホワイトニングする方法です。

歯医者さんに行きホワイトニングしてもらう、オフィスホワイトニングが以前は主流でしたが、最近では自分のペースで簡単にできるセルフホワイトニングが人気あります。

だいたいのセルフホワイトニングは、専用サロンや歯医者へ行き施術(やり方)をレクチャーしてもらい自宅でやっていきます。

その他にも、個人輸入で購入ができる海外のセルフホワイトニング方法もありますが、個人輸入でのホワイトニング方法は何か問題が起きても個人責任となるので、あまりおすすめできません。

セルフホワイトニングとオフィスホワイトニングの違いはあるの?

筆者

もちろんあります!2種類のホワイトニングの違いをメリット・デメリットと共に説明してきます。

ひつじー

2種類のホワイトニングの違い

セルフとオフィスのホワイトニングの違いを説明していきます。

まずは、ホワイトニングをするのに使用する薬剤の違いから見ていきたいと思います。

ホワイトニングする方法の違い

セルフとオフィスのホワイトニングに使用する薬、要は白くする方法には違いがあります。

まず、歯医者さんでやってもらえるホワイトニングでは、”過酸化水素””過酸化尿素”といった薬剤が主に使用されハロゲンライトやレーザー照射をし歯を漂白していきます。

それに比べセルフホワイトニングでは、”重曹””ポリリン酸””酸化チタン””炭酸カルシウム””メタリン酸”を主に使用し、ELD照射で歯の表面に付いてしまった汚れや着色を取っていく方法です。

セルフで使う薬剤は、基本市販の歯磨き粉にも入っている成分のため害も少なく白くしていくことができます。

歯を白くする以外にも、抗菌・消臭・菌・コーティングなどの効果も期待できるのです。

メリット・デメリットの違い

まず、2種類のホワイトニングのメリット・デメリットを比べていきたいと思います。

金額

オフィスホワイトニングは平均で1回15,000円前後から、セルフホワイトニングは1回4,000円前後からとなっています。

自分で施術をしなければいけないという事があるので、金額は低料金で行なう事ができます。

しかし、個人輸入のホワイトニング同様何かあった時は、自己責任となるので注意は必要です。

期間

オフィスホワイトニングは、使用する薬剤の濃度が高いことから短期間で白くすることが可能です。

個人差はありますが、定期的に3~5回程通い時間は1時間前後の施術となります。

セルフホワイトニングでは、使用する薬剤が弱いため時間がかかるというデメリットがあります。

こちらも個人差はありますが、白くする一定に期間、または決められた期間に1回程度にマウスピースなどを使い起きている時間の1時間前後、もしくは寝ている時間の7時間前後の施術が必要です。

不快感・痛み

オフィスホワイトニングのデメリットとも言えるのが、使用薬剤が強いため知覚過敏になってしまう可能性が高いです。

また、薬剤の影響で歯茎にダメージを与え易いこともあります。

セルフホワイトニングは、使用薬剤が弱いため歯茎に与えるダメージが少なく痛みを感じることは基本的には少ないです。

ムラ

歯医者で施術してもらうことで、薬剤の塗りムラが少なくなるので個人差はありますが基本オフィスホワイトニングでは綺麗に仕上げることができます。

しかし、セルフでは素人である自分自身で薬剤を塗っていくためムラができやすく綺麗に仕上げることが難しい可能性もありますが、歯の質などに問題がなければ継続していくことでムラをなくすこともできます。

セルフで期待できる効果は?

ここまで2種類のホワイトニングを比べてみましたが、気になる肝心なのが効果です。

オフィスホワイトニングは、短期間で歯を白くすることが可能であり使う薬剤が強いことから人工的な白が期待でき漂白することができます。

セルフホワイトニングでは、歯を白くする事は可能ですが自然な白と考えたほうがいいです。

漂白ではなく、元々の歯の色に戻せるという感覚なので真っ白とはいきませんがホワイトニング以前の色に比べれば効果は期待できます。

歯の色の確認ができるシェードガイドを基準に考えると、個人差はありますがA1・B1程度の明るさまでは白くすることが可能といわれています。

継続的に根気良く続けていくことで、効果の期待も高くなると考えてください。

施術前のホワイトニングで注意したい事

どのホワイトニングを選ぶにも、施術前にチェックしてもらいたい事があります。

ホワイトニング薬剤を使用していくため、ホワイトニング前のお口の検診をきちんとしておきましょう。

歯周病・歯肉炎・知覚過敏・虫歯などがある状態でのホワイトニングは、後に症状を悪化させてしまう原因となります。

また、セルフホワイトニングで期待できる白さはなかなか1回で実感しにくい事がほとんどです。

そのため、元々の歯が幼少期の抗生物質などの影響で変色しているなどの場合は白くできない可能性があります。

詰め物や差し歯などの人口の歯や神経が無いなどの治療内容によって歯のホワイトニングが不可能な場合があります。

ホワイトニングができない歯があるんですね!ホワイトニング前には診察をきちんとしてもらいましょう

筆者

施術後に注意したいこと

歯をホワイトニングした直後は、非常に歯に色が入り易い常態になっています。

そのため、着色してしまいそうなコーヒー・ココア・紅茶・赤ワインなどの飲み物や、カレー・濃い色の調味料などの食べ物は控えることが必要です。

また、ホワイトニング後はホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉を使っていくことで白さが持続しやすいのでおすすめです。

ホワイトニングは薬剤以外でも期待できる?

もちろん薬剤を使用しホワイトニングしていくことが、確実ではありますが気軽に手に入る食品でもホワイトニングが期待できるものがあります。

ココナッツオイル

歯の表面にあるエナメル質にダメージを与えることなく歯の黄ばみ・汚れなどを自然に取ってくれる成分があります。

方法は簡単で、歯磨き前にスプーン1杯程度口に含み15分前後クチュクチュと口の中にオイルを馴染ませます。

その後吐き出し、通常通り歯磨きをしていきます。

もちろん1日で変化を感じられる程の効果は期待できませんが、興味がある人は海外セレブにも人気の高いココナッツオイルを試してみる事もおすすめです。

まとめ

歯が白いだけで清潔感があり、顔のイメージも明るく見えるなどメリットとなることが沢山あります。

仕事や時間に追われている方には、自宅で簡単にマイペースに出来るセルフホワイトニングがおすすめです。

自分にあった施術方法をみつけ、ホワイトニングを開始する前には検診に忘れずいくことでホワイトニング中のトラブルを避けることができます。

自分が好む歯の白さを確認しながら、白い歯を手に入れていきましょう。


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.