子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

ホワイトニング効果はいつまで持続する?長く持続させるための方法と対策とは

WRITER
 
ホワイトニング いつまで持続する
この記事を書いている人 - WRITER -

白い歯はとても清潔な印象で好感が持てますよね。

では、白い歯になるにはどうすればよいでしょうか?

方法の一つに「ホワイトニング」というものがあります。

医療機関やエステで施術してもらうことにより白い歯になることができるのです!

筆者

でも気になるのが「持続性」です。

ホワイトニングは残念ながら永続性はなく、いつかは元に戻ってしまうのです・・。

ではどれくらい持続するのか、どうすれば長くもつのか知りたいですよね?

ホワイトニングにも色々種類がありますので、それぞれいつまで持続するのか解説していきます。

ホワイトニングの概要

そもそもホワイトニングとは?

ホワイトニングとは、専用の薬で歯を白くする技術です。

通常歯の黄ばみや着色汚れはクリーニングで落とせることも多いのですが、それは歯の表面上の汚れだからです。

歯の表面にはエナメル層というものがあり、その上に汚れがついた場合はクリーニングで落とすことができます。

しかしエナメル層の内側は無理ですので、薬でホワイトニングを行うということになるのです。

ホワイトニングでは歯の表面を削るということはありません。

薬剤を使って、化学反応により歯の色素を分解します。

ちなみに美容目的の処置であるため、健康保険は適用できませんので注意しましょう!

ホワイトニングはどこで行える?

ホワイトニングを行える場所は主に以下の4つです。

  1. 一般歯科
  2. ホワイトニング専門の歯科
  3. エステ
  4. セルフホワイトニングサロン

「1 一般歯科」の場合、通常の診療の他に「自由診療」としてホワイトニングを行っています。

クリニックにより異なりますので、インターネットや電話などでホワイトニングの扱いがあるか確認してみてくださいね。

「2 ホワイトニング専門の歯科」は、名前の通りホワイトニングに特化した治療を行うクリニックのことです。

ホワイトニングに特化している分、料金の相場が一般の歯科よりも安くなっている場合もあります。

事前に色々比較してみましょう。

「3 エステ」は、「セルフホワイトニング」がエステサロンでの施術の一環として設けられていることが多いようです。

歯科医師または歯科衛生士が常駐している場合としていない場合があります。

しかしどちらの場合であっても、基本的に処置は「クリーニング」の範囲内になると言えるでしょう。

「4 セルフホワイトニングサロン」は、スタッフの指示を受け、自分自身で「セルフホワイトニング」を行います。

自分で施術することになるため、コストを抑えることができるのがメリットです。

ホワイトニング効果はエステと同様、クリーニングの範囲内となります。

一般歯科やホワイトニング専門の歯科に比べると効果は感じにくいでしょう。

セルフホワイトニングとは

セルフホワイトニングは、エステまたはセルフホワイトニングサロンで主に行われている施術方法です。

通常ホワイトニングは歯科医師または歯科衛生士が施術を行います。

逆に言えば、資格がないとホワイトニングの処置はできません。

そこで「セルフホワイトニング」という方法が出てきます。

「セルフ」、つまり自分自身でホワイトニングを行うので、違法性がないという処置方法です。

医薬部外品やLEDライトを使って処置を行いますが、基本漂白作用はありません。

歯の表面の汚れを落とすことがメインのクリーニングと言えるでしょう。

歯が黄色くなる原因とホワイトニングの効果

歯が黄色くなる原因

では、歯が黄色くなる原因としては何が考えられるでしょうか?

主に以下の3つが挙げられます。

  1. 加齢
  2. 色素沈着
  3. 口呼吸

「1 加齢」は、歯の表面のエナメル質が薄くなることにより、中の歯の色が出てくるためです。

大体30歳過ぎくらいから起こると言われています。

「2 色素沈着」は、主に食べた物により起こる現象です。

「ステイン」と呼ばれるものをご存知でしょうか?

ステインとは「着色汚れ」のことです。

お茶やコーヒーの色素であるタンニンや、タバコのニコチンやタールなどが主な原因と言われています。

「3 口呼吸」は口腔内の乾燥により、歯に汚れが付着するためです。

意外な理由ですよね。

口呼吸は歯周病の原因になることもありますので、なるべく鼻呼吸を心掛けましょう!

ホワイトニングにはどれくらい効果がある?

ホワイトニングの効果には個人差があるというのが現状です。

また、人によってどれくらい白くするかという希望も異なるので、それに応じて通院回数や施術方法は変わってきます。

そして、あまり白くならない場合というのもあるようです。

主な理由としては「フッ素コーティングをしている場合」と「歯垢がある場合」が挙げられます。

「フッ素コーティングをしている場合」については、歯医者での虫歯予防のフッ素コーティングがホワイトニング剤の浸透を妨げるためです。

「歯垢がある場合」についても同様に、歯垢によってホワイトニング剤が浸透しにくくなるため、ホワイトニング効果が出にくくなります。

事前に歯垢を除去するなどの施術を行ってもらう必要があるでしょう。

ホワイトニングの種類にはどんなものがある?

ホワイトニングにはいくつか種類があり、主な方法は以下の3通りです。

  1. オフィスホワイトニング
  2. ホームホワイトニング
  3. デュアルホワイトニング

使われる薬剤はクリニックによって異なりますのでよく説明を受けましょう!

1 オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、過酸化水素水の漂白作用を利用するホワイトニングです。

処置をクリニックで行い、1回の施術は大体1時間程度で終わります。

通院回数は個人やクリニックにもよりますが、大体1~5回のことが多いようです。

また、ホワイトニングにどれくらいの効果を求めているかによっても異なってきます。

メリットは高濃度の薬剤を使用するため、1回の施術でもホワイトニング効果を実感できるというところです。

また、クリニックで直接施術をしてもらうことになるので、ホワイトニングがムラになるということがほとんどありません。

デメリットは、薬剤が高濃度のため歯にしみる場合があるという点です。

また、歯の状態によっては施術が受けられないことがあります。

2 ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは自宅で処置を行うホワイトニング方法です。

まずはクリニックで歯形を取ってマウスピースを作り、それに薬剤を入れます。

自宅でそのマウスピースを1日に2時間程度着用することにより、ホワイトニング効果を促すという処置です。

ホームケアになるので、薬剤の濃度は低めになります。

大体2週間ほど継続することにより、効果が出てくるようです。

メリットは効果が持続しやすいという点が挙げられます。

デメリットは、即効性がないため効果を感じられるまで時間が掛かるというところです。

また、処置を行うと歯が着色しやすい状態になるため、色素の濃い食材を控えるなどの食事制限が必要になってきます。

3 デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを並行して行う処置方法です。

まずはオフィスホワイトニングを行い、マウスピースを作って自宅でホームホワイトニングを継続することによって、ホワイトニングを持続させたり白さの段階を調整したりすることができます。

メリットは、ホワイトニング効果を持続させるのに最も適しているという点です。

オフィスホワイトニングでは持続性が短く、ホームホワイトニングでは即効性がないというそれぞれのデメリットを補うことができます。

デメリットは2つの方法を併用して行うためコストが掛かるという点です。

また、歯の着色は食べ物によって起こるため、普段の食生活で色素の濃いものをなるべく避けるといったことが必要になってきます。

ホワイトニング効果はいつまで持続する?長く持続させるには?

ホワイトニング効果が持続する期間

ホワイトニングの種類によって持続する期間は異なります。

一番短いのは「オフィスホワイトニング」です。

即効性がありますが、効果はあまりもちません。

持続する期間は半年くらいで、早いと3ヶ月くらいで元に戻ってしまう場合もあります。

次に短いのは「ホームホワイトニング」です。

ホームケアになるため効果が出るのが遅い分、持続性があります。

大体半年から1年くらいは持続するようです。

一番長いのが「デュアルホワイトニング」です。

長いと1年以上持続する場合もあります。

コストは掛かりますが、ホワイトニング効果が顕著に見られ、一番効果が持続しやすい方法と言えるでしょう。

ホワイトニング効果を持続させるには

  • 定期的にメンテナンスを行う

もしホワイトニング効果を持続させたいのであれば、定期的にクリニックに通いメンテナンスを受けることをお勧めします。

オフィスホワイトニングであれば効果がなくなると言われる3ヶ月単位、ホームホワイトニングであれば1年ごとくらいのペースです。

また、可能であればこまめにクリーニングを受けて着色汚れを落とすようにするとよいでしょう。

  • 食べ物に気をつける

食べ物には色素が強いものがありますので、それを避けると着色汚れを防ぐことができます。

お茶やコーヒー、タバコの他にワインやカレーなども着色汚れの原因です。

ただ長期の制限はストレスになる場合もありますので、食べた後になるべく口をゆすいだり歯磨きをしたりするなど、状況に応じて対応しましょう。

  • ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う

普通の歯磨き粉には研磨剤が含まれていることが多いため、歯のエナメル質が傷つく原因となります。

傷に着色汚れが付着しますので、ホワイトニングの施術を受けた後はなるべく避けた方がよいでしょう。

ホワイトニングケアのできる歯磨き粉がありますので、使ってみてくださいね。

まとめ

ホワイトニング いつまで持続する

ホワイトニングがいつまで持続するかは、主に以下によって変わってきます。

  • ホワイトニングの種類
  • メンテナンスの頻度
  • 普段からのホワイトニングケア

なるべく持続させるために色々工夫することはできます。

しかしホワイトニング効果を持続させようとするほど、コストや手間が掛かるのも事実です。

ホワイトニングをご検討されている場合は、色々比較してご自分に合ったホワイトニング方法を見つけてくださいね。


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.