子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

野菜ジュースが体に良くない理由とは?隠された落とし穴について

WRITER
 
野菜ジュースが体に良くない理由 隠された落とし穴
この記事を書いている人 - WRITER -

野菜ジュースは手軽においしく野菜を摂ることがことができる飲み物として多くの人によく飲まれていると思います。

特に今は朝、時間がなくてゆっくり朝食も摂れない人が多いですよね。

ところで野菜ジュースの裏に原材料名がズラズラズラ~っと並んで書かれているのを見たことがありませんか?

なんだかあれを見ていると、

おぉ~野菜たっぷりじゃん、お茶とかジュースとかの代わりにコレ飲めば健康になれるんじゃない?

と思いたくなるのも仕方ありません。

ジャンクフードや冷凍食品でパパっと食事を終えることが多い今では野菜不足を意識した食生活にしなければ、必ず栄養が偏ってしまいます。

実際のところ、野菜ジュースは野菜不足を脱する良い方法だと思われていますが、実は必ずしも身体に良いというわけではないのです。

今回は野菜ジュースに隠された落とし穴をお伝えしていきます。

野菜ジュースのメリット

野菜ジュースが体に良くない理由 隠された落とし穴

まず野菜ジュースがよく体に良いとされる理由です。

野菜ジュースに多くの野菜が原材料として使われその栄養が含まれているのは事実です。

そのため、飲むことがまったく無駄というわけではありません。

むしろ野菜ジュースとして飲んだ方が良い理由があるのでご紹介していきます。

①効率よく栄養摂取できる

よくジュースにすると多くの栄養が同時に失われるといわれますが、ちゃんと残る栄養も多くあるのです。

その中のリコピンやβ-カロテンのように生野菜から摂るよりもジュースのような加工品で摂る方が吸収率の良い栄養素もあるのです。

実際にリコピンを加工品で摂ると生野菜より3.8倍、βカロテンは1.5倍吸収率があがることが分かっています。

逆に熱に弱いビタミンCはほとんど栄養素として残らないのでこのような栄養素には期待できません。結果、ビタミンCなどは添加して補われている場合があります

②余計な添加物を入れていない

野菜ジュースの裏に表記してある原材料名を見ると、余分な塩分・糖分・添加物があまり含まれていません。

多くの野菜ジュースの塩分、糖分は野菜由来のものを使用してあり、それらは健康維持に必要なエネルギー源なんです。

ジュースにする過程で失われた栄養(ビタミンCや食物繊維)を添加することはありますが、人工的な添加物は添加されておらず、砂糖や食塩が含まれるときは原材料名に記名されるので、それらが入っていないものを選ぶことができます。

できるだけ野菜本来の味を楽しめるように作られているようです。

野菜ジュースの落とし穴

野菜ジュースが体に良くない理由 隠された落とし穴

野菜ジュースには思いもよらない落とし穴が存在し、あまりそのチカラを過信しすぎると危険であることも知っていなければなりません。

野菜ジュースという名前からも健康的なイメージがついていますがその実態は必ずしも健康に最適ではないということです。

その欠点を理解したうえで野菜ジュースと付き合っていきましょう。

①野菜の産地が確かではない

野菜ジュースの野菜は国産のものだと思っていませんか?

もし国産であれば、その値段は今のように安価になるはずがありません。なぜ野菜ジュースがあれほど安いのか、それは原材料が安いからです。

つまり安全かどうかも分からない野菜を世界各国から安価で仕入れ、日本でうまく加工して作っているかもしれません。

たとえそれが農薬まみれの野菜だったとしても、実際にどんな野菜なのかしっかり把握しているのは企業だけです。

本当に安心できる野菜を使っているかもしれないけど、そこまではっきり記載はされないから消費者側からすると不安が残るね。

ひつじー

そうだね。だから注意深く選ぶ必要があるんだよ。

②添加物のカラクリ

野菜ジュースには添加物が少ないという話をメリットの所でお話ししました。野菜ジュースに唯一入っている添加物は「香料」です。

香料は食品の味や香りを強めるために入れるものです。

一個だけなら少ないと思うかもしれませんが、香料の種類自体は3200種類あり、その何種類配合したとしても「香料」とだけ表記すれば良いのです。

そのため実際にどれくらい香料が含まれているのか消費者は知る由もありません。

パッと見て、添加物が少ないからといってその量が少ないかどうかは分からないのです。それがはっきりわからない以上、安心して飲むことができません。

③何故、味も色も匂いも変わらないのか

市販にある野菜ジュースは原材料が野菜や果物がほとんどであるにもかかわらず、家庭で作る野菜ジュースとは比べ物にならないほど長期間保管できますし、その間変色や風味の変化はありません。

つまり腐らないように「何か」が添付されているということです。

もちろん家庭では野菜ジュースを作る際、様々な菌に触れることになり酸化などが早く進む傾向にあります。

対して、工場で作るものはパックに詰められる時点で除菌はもちろん店頭まで密封されているので雑菌の入るすきがないというのも腐敗スピードに関係があります。

実はジュースにする際、濃縮液にの中に「何か」を添付しても、それは表示義務がないのです。

表示しなければいけないもの、表示しなくてもよいものがあることを忘れないでください。

う〜ん。じゃあ、逆にどんな野菜ジュースを僕たちは飲めばいいのかな〜?

ひつじー

どんな野菜ジュースが良いかと言うと、「家庭で手作りの野菜ジュースを作る」「とことんこだわっている野菜ジュース」がベストだね。

確かに自分で一から作れたら美味しい野菜ジュースだってできるね!でも、僕も毎日忙しいから自分で作り続けるのは難しいよ〜

ひつじー

(君は毎日、のんびりしてるだけじゃないか…)それだったら「とことんこだわっている野菜ジュース」がおすすめだね!自分に合わせた野菜ジュースを選んでみよう!

まとめ

野菜ジュースが体に良くない理由 隠された落とし穴

先ほどもお伝えしましたが、野菜ジュースを効率よく生活に取り入れるなら「家庭で手作りの野菜ジュースを作る」か「とことんこだわっている野菜ジュース」を買うことをお勧めします。

市販のものも悪くはないですが、不確定要素が多いのが事実です。

野菜ジュースを飲み続けてなにか目立った問題は起きていないので、毒になるようなものは含まれていないですが、ちょっと気にかけるのも大切です

しかし野菜ジュースは裏の成分表や原材料名に騙されずに食事の補助として消費すべきですね。毎日毎日市販の野菜ジュースに頼ることはお勧めできません。

自分で材料を考えてオリジナルの野菜ジュースを作るのも意外と楽しいと思いますよ!ネットで調べればいくらでもレシピが出てきますので、ぜひ挑戦してみてはいかがですか?


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2018 All Rights Reserved.