子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

忙しい社会人向け!休日で暇な時の過ごし方について徹底解説!

LIFE TURN
WRITER
 
忙しい社会人向け!休日で暇な時の過ごし方について徹底解説!
この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE TURN
LIFE TURNは『ライフスタイル全般』に関する情報を提供する総合型Webサイトです。そして当サイトは『あなたのライフスタイルにちょっとした彩りを』というコンセプトを軸に運営しています。LIFE TURNを通して、一人一人のライフスタイルに「豊かな変化」が訪れるように情報を発信していきます。

忙しい平日を過ごした後の休日。存分に満喫しようと思い立つも「半日丸々寝てた」という経験、社会人なら一度はありますよね。

そんな日は折角の時間を無駄にしてしまったという気持ちが込み上げてきて憂鬱になってしまうこと間違いなしです…。

そこで、今回は仕事にダブルワークに家事までそこそこやっている私が実践している、休日を無駄にしない暇な時の過ごし方を書いていこうと思います!

仕事で頑張ったあとの休日。怠いけれども…

忙しい社会人向け!休日で暇な時の過ごし方について徹底解説!

仕事という戦場を切り抜けた翌日。

ついつい疲れ果てて部屋に引きこもりがちになってしまう時がありますよね。

酷いときはお昼ご飯すら食べる気にならずに、はっと目を覚ませば夕方になっていたということも…。

そこで、私は午前8時~9時にかけてアラームを3つか4つぐらいガンガンかけて意識レベルを上げ、「まず何かしようと思う前に自分の部屋から出る」ということを実践しています。

これは持論ですが、「自分の部屋」というものはこの世の中においてかなり特殊な空間です。

閉鎖的かつ非常に安心感があるが故に、そこにいると何もしたくなくなりただただ怠けたくなる妙な誘惑がある空間。

ですので、まず用事がある、なしに関わらず何よりも「まず自分の部屋から出る」という事を私は実践しています。

また、どうしても疲労で体が重く、起き上がるのも億劫というときは「まず自分の好きなことをやる」という手段も。

私の場合は布団に寝っ転がりながらパソコンを起動してゲームをしたり、好きな音楽を聴いたり、好きなアニメを視聴したり、といったところですね。

 

読書なんかも寝転がりながら出来るのでオススメです。

そうしてまず自分の好きなことを実施して疲労感を吹き飛ばし、それから「自分の部屋から出る」ということを目標にしましょう。

やりたい事が無い…。そんなときは

忙しい社会人向け!休日で暇な時の過ごし方について徹底解説!

「さて、とりあえず休日だし何かしよう」と部屋を出たところで、「結局何をしよう?」となる方もいらっしゃると思います。

私自身、給料日前でお金がほとんど無い日は外に出る理由も見いだせずについつい寝て過ごしてしまったりで後悔するときも。

そんな時に出来る「暇つぶし」とその利点を3点ご紹介いたします!

1.家事

暇つぶしとしてまず、私は『家事』をオススメします。

もしかしたら、「せっかくの休日なのに家事とか疲れるし本末転倒だろ」と思われるかもしれません。

実際私はそんなことをするぐらいなら、寝て過ごして日頃の疲れを癒す方がマシだとそう思っていました(笑)

ですが、よく考えてみれば人の生活と家事は切っては離せない関係でもあります。

もし家事が苦手であまりやりたくないという一人暮らしの方であれば、この暇な時間を利用して少しずつでも家事をし、自分を慣れさせていくのも一つの手。

最初はやはり家事はめんどくさく、掃除など10分ぐらい続けられたかと思えば30分休憩してを繰り返し結局全然進まないという事が多々あります。

ですが、それも継続していくと次第に「いかに家事をはやく終わらせるか」に意識を向けられるようになり、思案しながら日々家事をこなしていく事にゲーム的な楽しさを私は見出せました!

ある程度慣れてしまえばこっちのもので、少し体を動かしたいときには家事をするなど「暇だけどやることがない」ときの打ってつけの手段になります。

それに、家もきれいで快適になるので私はぜひ、少しずつでも時間があるときに家事をやっていくことをオススメですね。

2.外での運動

時間はあるけど金が無い時の定番でもあります、外での運動。メジャーなところだと散歩もしくはランニングなどでしょうか。

一般的には、身体に対して健康的であるし体力作りにもなるという理由でされている方が多いと思いますが、私はそれ以外にも利点があると踏んでこれを実行しています。

私は元々気分が落ち気味な性格なのですが、そんな私の経験からすると、家にいる時間というのは確かに快適なのですが気分が晴々とすることはあまりないです。

実際、家で趣味などに興じていても、楽しいが気分は落ちているまま、ということがしょっちゅうありました。

その原因は、「家という閉鎖的空間にいるから」ということもありますが、一番は「家では体を大きく動かす術が無いこと」にあると私は気づいたのです。

その日から毎日とは言わずとも週に一回ぐらいは体を動かす目的で散歩やランニングを始めました。

すると、やはり走り終わった直後などは非常に疲れるのですが、それとは反比例して心はとても心地よく清々しいもので、とても気持ち良いです。

つまり、外に出て運動するという行為は、家の中で鬱屈としている心の闇を跡形もなく吹き飛ばしてしまう素晴らしい効果があるわけですね。

3.ネット記事巡り

これはネット環境やWi-Fi環境が整っている方限定になってしまうのですが、ネットサーフィンでのネット記事巡りも暇な時間をつぶす良い方法です。

私は日頃空いた時間によくネットサーフィンをするのですが、主に見ているのはネット記事。

ドコモ機種利用者限定で利用できるサービスの『スゴ得コンテンツ』を使って様々な記事を閲覧しており、特に私はお金に関する記事を見ています。

記事の中では「どうすればお金が貯まるのか」という単純な疑問に答えるものから、「貧乏な人に共通する思考パターン」や「お金持ちの人付き合いの仕方」など、ある程度想像は出来つつも「実際はどうなんだろう?」とついついクリックしてしまうような記事までたくさんです。

こういったネット記事は単純に見ていて面白いという利点がもちろんあるのですが、それ以上に『多くの他者の知識や価値観に触れ、今まで思いつかなかった方法で現状を変えられる』という利点があります。

例えば内容に賛同できる部分があれば「明日から実践しよう!」とやってみて、成功したならば良し。

まるで効果が無かったら「こんなの嘘っぱちじゃないか!」と笑い飛ばすのも良い経験です。

信じられない部分は再びネットサーフィンで成功談や失敗談が無いか確認しながら慎重に判断して、やれそうならやってみる。と、自分一人では全く思いつかなかった現状打破に挑戦することが出来ます。

そういった、日々の挑戦の足掛かりになったり全く知らなかった知識を得られるネット記事は、自分を磨くための大きな一歩になること間違いなしです。

また、それ以外にもおもしろい記事を見つけて「こんな記事あったんだけどどう思う?」と話のネタに出来るのも口下手な私としては大きい利点ですね。

そんなたくさんの利点があるネット記事巡りをぜひ実践していただきたいと思います!

まとめ

以上、暇つぶしの方法を3点紹介させていただきました。

それらをまとめると、

  • 家事 【慣れてくればちょっとの暇つぶしに使えたり、家も綺麗になって心地よい】
  • 外での運動 【家では晴れない鬱屈な気持ちを吹き飛ばし、体も心も健康的に!】
  • インターネット記事巡り 【他者の知識や価値観に触れ、自分磨きが出来る!】

以上になります。

暇つぶし方法自体はごく一般的な内容だとは思います。

しかしそれに起因する素晴らしい効果、利点を紹介いたしましたのでぜひぜひ実施し、私が感じているものと同じ喜びを感じていただけたらと私は思います!


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE TURN
LIFE TURNは『ライフスタイル全般』に関する情報を提供する総合型Webサイトです。そして当サイトは『あなたのライフスタイルにちょっとした彩りを』というコンセプトを軸に運営しています。LIFE TURNを通して、一人一人のライフスタイルに「豊かな変化」が訪れるように情報を発信していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2018 All Rights Reserved.