子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

赤ちゃんがママのことをわかるのはいつから?五感で違いがある?!

WRITER
 
赤ちゃんがママのことをわかるのはいつから?五感で違いがある?!
この記事を書いている人 - WRITER -

赤ちゃんっていつからママのことがわかるのでしょうか?

声をかけてみるけど聞こえていない感じだし、目線が合ってはいるけどママってわかっているのかよくわからないことがあります。

筆者

ネットで調べてみても、生後4ヶ月頃からだとか、生まれてすぐの時点でもうわかるようになっていると書いてあったりなどまちまちです。

結局どっちなのでしょうか?

そこで今回は、私が調べた「赤ちゃんがママのことをわかるのはいつからなのか?」についてご紹介していきたいと思います。

ママのことがわかるには五感で違いがある

調べたところ、赤ちゃんはママのことを一度にわかるようになるのではなく、五感によって違いがありました。

ここでは、五感ごとでどのようにママのことがわかってくるのかについて具体的にご説明していきます。

五感は、

1 聴覚(ママの声)
2 嗅覚(ママのにおい)
3 視覚(ママの顔)
4 味覚(ミルクの味)
5 触覚(ママとの触れ合い)

の大きく5つに分けられます。

1.聴覚(ママの声)

まず、「聴覚(ママの声)」についてです。

ママの声は生まれてすぐにわかるようになります。

生まれた時にはすでに聴覚が発達しているわけです。

赤ちゃんは、妊娠28週から30週頃には聴覚が出来上がっていて、お腹の中にいる時から外の音が聞こえるようになります。

妊娠中に胎教のいい音楽を聴くと良いというのはこういう理由です。赤ちゃんにはしっかりとママの声や外の音が聞こえているわけです。

筆者

ですが、ママの声はわかっていますが、体を動かすなどの反応を返すことはまだできません。

声に反応を示すようになるのは生後2か月〜3か月目以降です。

お腹の中にいる時からママの声を聞いているので、この声はママだ!と理解するまではできていませんが、安心する声がするな、という認識はあります。

ここに文章を書くなので、妊娠中からもたくさん赤ちゃんに声をかけてあげてください。

筆者

2.嗅覚(ママのにおい)

2つ目は、「嗅覚(ママのにおい)」についてです。

ママの声と同様に、生まれた直後からママのにおい(具体的には母乳のにおい)も感じとることができます。

実は聴覚と同様に、嗅覚も早く発達するのにはわけがあります。

それは、母乳を飲むためです。

赤ちゃんは、生まれた時から生きていくために、自分のママの母乳のにおいを見分けられるように発達しているのです。

そしてママの母乳自体も、自分の赤ちゃんに見つけてもらえるようにそれぞれ違ったにおいを出しています。

その違いを、生まれてきた赤ちゃんはしっかりと見分けて自分のママだ!とわかるわけです。

まさに生命の神秘ですね。

筆者

3.視覚(ママの顔)

3つ目は、視覚(ママの顔)」についてです。

視覚に関しては、月齢によって目の見え方に違いがあるので、月齢ごとでの見え方についてもご説明していきます。

1 生まれた直後
2 生後3〜4ヶ月頃
3 生後5〜6ヶ月以降

の3つになります。次で詳しくご説明していきます。

生まれた直後

1つ目は、「生まれた直後」です。

生まれた直後はまだ私たちのように視界がはっきりと定まっていません。

ぼんやりしていてママの目や口などもはっきりと見えていない状態です。

なので生まれたばかりの赤ちゃんは、ママの顔の形や髪型など大きなパーツを見て「あ、ママだ!」と認識しています。

逆に、ママが髪型を変えたりすると赤ちゃんは分からなくなってしまうことがあります。

筆者

生後3〜4ヶ月頃

2つ目は、「生後3〜4ヶ月頃」です。

この時期になると、赤ちゃんのぼんやりとしていた視界が少しはっきりしてきます。

目や口などがわかるようになってくるのです。

ただ、まだ色の区別ができていないので、目や口などママの顔はわかるけどどんな色かはわからないという状態ですね。

生後5〜6ヶ月以降

3つ目は、「生後5〜6ヶ月以降」です。

この時期になってようやくママの顔も色もはっきりと見えるようになります。

今の私たちと同じ見え方になるわけです。

以上が赤ちゃんの見え方に関する月齢ごとでの違いになります。

もちろん個人差はありますが、生後5〜6ヶ月頃を過ぎるとママの顔をはっきりとわかるようになるわけです。

生後4ヶ月頃までも、見えてはいてなんとなくわかってはいるけどまだ反応としては返せない、という状態にあります。

赤ちゃんが周りにあるものをすぐ口に入れてしまうのも、見ただけではまだ判断がつかないので、口に入れることで「これは大きい」「これは硬い」などと判断しています。

筆者

4.味覚(ミルクの味)

4つ目は、味覚(ミルクの味)」についてです。

味覚は、生後6ヶ月頃からわかるようになります。

生まれて間もなく母乳を飲み始めても、まだ甘いとか美味しいとかは感じられないのです。

生後6ヶ月頃は離乳食を始め出す時期です。

この時期から少しずつ味覚が発達し始めて、10歳頃に大人と同じような味覚にまで発達するという流れになります。

5.触覚(ママとの触れ合い)

赤ちゃんがママのことをわかるのはいつから?五感で違いがある?!

5つ目は、触覚(ママとの触れ合い)」です。

触覚に関しては、実はまだいつ頃からわかるようになる、という明確なデータは得られていません。

ですが、生まれた直後から大人と同じような触覚は持っていると言われています。

ママが触ってあげることで、赤ちゃんは「触られている」とわかってはいるので、たくさん触れてあげましょう。

まとめ

赤ちゃんがママだとわかってしっかりと反応を返し出すのは、生後5〜6ヶ月頃からになります。

今回調べた中で、赤ちゃんは五感によってそれぞれに違いがあることがわかりました。

生まれた直後はまだ反応は返せないですが、五感を使ってママだ!と認識はできている状態にあります。

声をかけても反応がない…わかっていないんだなではなく、わかってはいるけどまだ返せない時期なんだな、と思うようにしましょう。

たくさん触れて、たくさん声をかけてあげることで、赤ちゃんに愛情もたくさん伝わります。

もちろん愛情が伝わるだけではありません。

赤ちゃんの脳にも刺激が伝わって、成長していく中でスムーズにコミュニケーションが図れていきます。

たくさん刺激を与えて、赤ちゃんとママの関係性が素敵なものになることを祈っています。


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2018 All Rights Reserved.