美容・ホワイトニング・ライフスタイルの情報を提供する人気WEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

ハイローチェア(ベビーラック)に長時間寝かせてはダメ?使用時間の目安と注意点

LIFE TURN
WRITER
 
ハイローチェア(ベビーラック)に長時間寝かせてはダメ?使用時間の目安と注意点
この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE TURN
LIFE TURNは『ライフスタイル全般』に関する情報を提供する総合型Webサイトです。そして当サイトは『あなたのライフスタイルにちょっとした彩りを』というコンセプトを軸に運営しています。LIFE TURNを通して、一人一人のライフスタイルに「豊かな変化」が訪れるように情報を発信していきます。

便利で多機能なハイローチェア(ベビーラック)、今では子育ての必需品になりつつありますよね。

そのあまりの便利さから、気づいたら長時間使用してしまっていた…そんな経験がある方もいるのではないでしょうか?

そこで気になるのがハイローチェア(ベビーラック)の1日の使用時間の目安、そしてハイローチェア(ベビーラック)の長時間使用による赤ちゃんへの影響だと思います。

今回はそんな疑問を持つママやパパに向けて、ハイローチェア(ベビーラック)の使用時間の目安と使用する際の注意点を解説していきます。

この疑問を解決することで、安心してハイローチェア(ベビーラック)を使用した子育てに集中することができますよ!

<スポンサードリンク>


そもそもハイローチェア(ベビーラック)とは?

ハイローチェア(ベビーラック)とは簡易ベッドとしても使えるベビーチェアのことです。

たとてば、ハイローチェア(ベビーラック)には簡易ベッドの他にも、

  • 食事用のテーブル付き椅子
  • 一時的に赤ちゃんを待たせる場所

など、様々な使い道がありますね。

ベビーベッドよりも断然軽いのでご実家などお出かけの際も簡易ベッドとして持ち運びできますし、キャスター付きで移動可能なので手が離せないときでも赤ちゃんを傍で見守ることが可能です。

高さ調整もできますので、オムツ替えの際の腰の負担も軽減できます。

そんなハイローチェア(ベビーラック)のゆりかご機能には自動で揺れてくれる「電動タイプ」と自分の手で揺らす「手動タイプ」があります。

結構、この2種類は違いがありますので、ここで一度それぞれのメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

「電動タイプ」と「手動タイプ」のメリット・デメリット

<スポンサードリンク>



「手動タイプ」のメリット・デメリット

メリット

「手動タイプ」のメリットは「電動タイプ」に比べて値段が安いことですね。

とにかく、「手動タイプ」はコストパフォーマンスに優れていますので、手軽にハイローチェア(ベビーラック)を活用したい場合におすすめできます。

デメリット

逆にデメリットは、自分で揺らさなければいけないことです。

自分で揺らさなければならないのが「手動タイプ」なんですが、もちろん極端に疲れるというわけではありません。

あくまで「電動タイプに比べて疲れる」というだけではあります。

しかし、「少し値が張ってでも疲労を感じたくない!」場合に関しては「電動タイプ」がおすすめですね!

「電動タイプ」のメリット・デメリット

メリット

では「電動タイプ」のメリットについて見ていきますが、何と言っても「自動で揺れてくれる」という点が大きいですね。

自分で動かす必要がなく、機械任せに動いてくれるので労力をかけなくて済みます。

「手動タイプ」に比べて明らかに疲れませんので、自分にとっての自由な時間も確保することができます。

デメリット

反対に「電動タイプ」は「手動タイプ」に比べて値段が高いのがデメリットですね。

コストパフォーマンスという点で言えば「手動タイプ」の方が高いと言えます。

「手動タイプ」と「電動タイプ」選ぶならどっち?

では実際に「手動タイプ」と「電動タイプ」を比較した時にどちらを活用するべきなのか?

ここの選ぶポイントとしてはやはり「値段」が最も大きいと言えますね。

もし値段の高い電動タイプを買っても、赤ちゃんによってはハイローチェア(ベビーラック)のゆりかご機能では寝てくれない子もいます。

その場合「手動タイプでもよかったな・・・」と後悔するかもしれません。

逆にハイローチェア(ベビーラック)の揺れですぐに寝てくれる赤ちゃんだった場合は電動タイプを買った方が満足度が高いでしょう。

また、ハイローチェア(ベビーラック)のゆりかご機能を使う時期は「寝返りが始まる頃まで」と意外と短いので、その点も良く考慮して選ぶべきです。

要するに、

  • コストパフォーマンス重視なら「手動タイプ」
  • 疲労を抑えて自由な時間を作り出したいなら「電動タイプ」

ということになりますね!

 

<スポンサードリンク>


ハイローチェア(ベビーラック)の使用時間の目安は?

さて本題です。

使い道もたくさんあって便利なハイローチェア(ベビーラック)ですが、使用時間の目安はどれくらいなのでしょうか。

メーカーや機種によって多少の違いはありますが、ほとんどが1日に3~4時間を使用時間の目安としています。

ちなみに対象年齢は新生児~4歳頃、体重は18kgまでと定めている場合が多いです。

しかし実際には寝返りが始まった頃ぐらいにハイローチェア(ベビーラック)の使用をやめるママやパパがほとんどで、4歳までガッツリ使う人はいないですね。

 

ハイローチェア(ベビーラック)を長時間使用するとどうなる?

基本としては、ハイローチェア(ベビーラック)の使用時間の目安は1日3~4時間です。

それではそれを超える長時間の使用をした場合、赤ちゃんにはどんな影響があるのでしょうか?

ハイローチェア(ベビーラック)の長時間使用による赤ちゃんへの影響としては、

  • 赤ちゃんの背中や腰に負担がかかる
  • 赤ちゃんを包み込む形状から熱がこもりやすく、あせもやかぶれの原因になる
  • 転落する危険がある
  • 赤ちゃんの動きが制限され、発達を妨げる

などが考えられます。

しかし、子育てにハイローチェア(ベビーラック)を使ってきた人たちの中には「長時間寝かせていたけど何の影響もなかった」という人もたくさんいると思います。

その言葉通り、なんの問題もなく育つ赤ちゃんもたくさんいるでしょう。

しかし、そもそもハイローチェア(ベビーラック)はあくまで簡易ベッドであり、夜間就寝などの長時間使用は考慮してありません。

そして使用時間の目安が説明書にしっかり記載してある以上、何か問題が起きた時の責任は親であるあなたにあります。

ハイローチェア(ベビーラック)は便利ですがあくまで赤ちゃんの入眠アイテムとしての活用にとどめ、赤ちゃんが深い眠りに入ったところで布団やベビーベッドに移しましょう。

お昼寝などの短い睡眠であればそのまま寝かせてあげてもいいかもしれませんね。

まとめ

メーカーや機種によって違いはありますが、ハイローチェア(ベビーラック)の使用時間の目安は大体1日3~4時間程度です。

そしてハイローチェア(ベビーラック)の長時間使用は

  • 赤ちゃんの背中や腰に負担がかかる
  • 赤ちゃんを包み込む形状から熱がこもりやすく、あせもやかぶれの原因になる
  • 転落する危険がある
  • 赤ちゃんの動きが制限され、発達を妨げる

などの影響を赤ちゃんに及ぼす可能性があります。

自分の時間がない?共働き主婦で育児しながら上手く自分の時間を作る方法

 

便利なハイローチェア(ベビーラック)ですが、安心して使うためにも使用前にもう一度しっかり説明書を読んでおくといいですね。

ライター:eiron


つまらない日常を楽しくしよう!


もしも、今あなたが、
  • 何か人生の暇つぶしを探してる
  • 趣味がないから趣味を見つけたい
  • お金がかからない方法で日常を楽しくしたい
という思いを持っているなら「動画配信サービス(VOD)」を利用するのがおすすめです。

自宅にいながらアニメやドラマ、映画を大量に観れますので新しい趣味になります。

さらに動画配信サービスは『無料トライアル期間』も充実していますので、その期間を利用して思う存分、あなたに合ったドラマや映画を楽しみましょう!

家事の負担を格安で解決する方法!

「家事が辛すぎる…」という意見をよく耳にしますし、実際にその状況になっている方も多いでしょう。

しかし、はっきりと言います。

『その家事、自分でやる必要ありますか?』

家事は自分が手間暇かけてやる必要はありません。「人に任せられる仕事」です。

今は格安で家事を人に任せられるサービスがあります。家事に割いていた時間をパッと無くして、趣味や旅行を楽しむ「自由な時間」を手に入れましょう!
<スポンサードリンク>
 

この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE TURN
LIFE TURNは『ライフスタイル全般』に関する情報を提供する総合型Webサイトです。そして当サイトは『あなたのライフスタイルにちょっとした彩りを』というコンセプトを軸に運営しています。LIFE TURNを通して、一人一人のライフスタイルに「豊かな変化」が訪れるように情報を発信していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2018 All Rights Reserved.