子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

赤ちゃんがパパを認識するのはいつから?パパ見知りの克服法3つも解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

イクメンという言葉が最近は出てきて、育児に積極的に参加する旦那さんも増えてきました。

赤ちゃんはもちろんママのお腹の中で育ち、産まれてからも母乳の関係もあり必然的にママと四六時中、一緒にいます。

そんな赤ちゃんがパパを認識するのはいつからなの?と疑問になっている方は多いですよね。

やっぱりママっ子より、パパっ子にしたい!と願っているパパも多くいます。

やっぱり子供が自分の事を必要としてくれるのは、とても嬉しくなりますよね。

そこで今回は赤ちゃんがパパを認識するのはいつからなの?どうしたらパパっ子になるのかについて解説していきます。

赤ちゃんがパパと認識するのはいつ?

赤ちゃんはママに対して特別な感情を持っているのは皆さん知っていますよね。

じゃあ、パパがパパと認識されるのはいつなんだろう?

だいだい赤ちゃんが目がハッキリ見えるようになって、ママと他の人の区別がつくようになるのが4ヵ月頃からです。

そして早い子だと半年くらいから人見知りが始まります。

ママ以外の人が分かるようになり、よりママ大好きな気持ちが増してくる頃ですね。

その頃にはパパとママの認識も、なんとなくできるようになってきます。

完ぺきにママとパパの認識ができた頃に「パパ見知り」が始まるのですが、次はパパ見知りについて詳しく書いていきます。

赤ちゃんがパパで泣くのはどうして?パパ見知りの克服法は?

ママが抱っこしたりあやしている時にはご機嫌なのに、それがパパになったら急に泣き出す事ありますよね。

私の友人もそれで悩んでいた時期がありました。

これは「パパ見知り」と言います。

でも、ママだと大丈夫なのにパパに変わった瞬間に泣かれるとパパは自信をなくすし、ショックを受けてしまいますよね。

何がいけなかったんだろうと悩んでしまうことも多くあるはずです。

このパパ見知りは始まる時期も終わる時期も赤ちゃんによって様々です。

パパ見知りってママも大変なんだよね・・・。

友人

確かに、ママしかダメになるもんね。

筆者

「パパ見知り」これはパパが嫌いだからとかイヤだからとういう訳ではなく、ママが大好きだからママの傍にずっといたいという赤ちゃんの気持ちなんです。

そりゃ、ずっとママと一緒にいるんだから、一番安心できるのはママの傍なのは納得です。

そこでパパ見知りを克服する方法を3つ書いていきます。

諦めないでコミュニケーションを取る

ママが良いと泣かれたり、嫌がられてもめげずにコミュニケーションを取っていきましょう!

ママと一緒が良いという気持ちが強くあるだけで、決してパパが嫌いな訳ではないので安心して下さい。

赤ちゃんは大人の事を良く見ています。

表情はもちろん、雰囲気や感情もしっかりとキャッチしているんですね。

なので「どうせ泣いちゃうし・・・」「嫌われてるから」とパパ自身が気にしていたら、全部赤ちゃんに伝わってしまいます。

そして、そんな気持ちが伝わった赤ちゃんは余計に不安になってしまいます。

嫌われた!と思って赤ちゃんと接することが少なくなってしまうと、ますます距離が出てきてしまいます。

気になると思いますが、あまり考えすぎずにコミュニケーションやスキンシップをはかっていくことがオススメです。

ですが、あまりしつこくしすぎると本当に嫌われてしまったらダメなので、赤ちゃんの様子を見ながら時には積極的に、時には引いてが大切です。

積極的に育児に参加する

上記にも書きましたが、嫌われているのではなく、ずっとママといる赤ちゃんはママ以外の人に慣れていないだけなのです。

なので「この人は誰なの?」と警戒して、不安になり泣いてしまいます。

そうならない為にも普段から積極的に育児に参加してみて下さい。

ミルクをあげたり、お風呂に一緒に入ったり、オムツを替えたりと積極的に育児に協力してみましょう。

そうやって赤ちゃんとの関わりの時間を増やすことで、赤ちゃんもだんだんとパパに慣れて「パパ見知り」をしなくなります。

また私達大人にも機嫌があるように、赤ちゃんにも機嫌があります。

赤ちゃんの機嫌が良い時を見計らってコミュニケーションをとるというのも一つの方法ですね。

どんなおもちゃが好きで良く遊んでいるか等も分かっておくとより楽しく遊べます。

とにかく関わるということが一番です!

筆者

パパとママが仲良しでいる

赤ちゃんにとって一番大切なママ。

そんなママと仲良くしている人は赤ちゃんも自然と覚えます。

パパと一緒にいる時のママが穏やかで、笑顔が多いと赤ちゃんも嬉しくなるんです。

そしてママと仲良くしているから警戒もしなくなりますよね。

確かに友達の赤ちゃんと会ったら最初は人見知りされるけど、仲良くしているのを見ているからなのか懐くのが早い気がする!

ひつじー

そうそう!ママと楽しそうに話していたら大丈夫って感じるみたい。ママのこと良く見てるよね。

筆者

赤ちゃんが「この人は安心できる人だ」と思えば、パパ見知りもしなくなりますよ。

実は私も小さい頃から父が大好きなんですが、父が母の事を大切にしているのを小さいながらに分かっていました。

母も父といると楽しそうで、そうゆう雰囲気を小さいながら感じ取っていましたね。

やっぱり大好きな母と仲良くて、大切にしてくれる父には安心感もあり、母や私達を大切にしてくれる父のことが大好きだなと自然に思えるようになっていたんです。

そして父が母のことを大事にしているのが分かるからこそ、母が大変な時には家事を手伝おうという気持ちは今でも消えずにあります。

なので大好きなママを大事にしてくれる人を赤ちゃんも特別視するようになると感じています。

どうしたらパパ大好きになるの?

これはママへのお願いなのですが、パパがいる時にはパパも一緒に関われるように声をかけてみて下さい。

例えば、おもちゃを使って遊んでいたら「このおもちゃパパに持って行って?」等とパパも一緒に参加して遊べるようにしてみてはどうでしょうか。

赤ちゃん自身がパパを意識できるような声かけをしてみて下さい。

赤ちゃんがパパを意識するか、しないかでパパっ子になるかどうかは大きく変わります。

少しでも多く関わる時間を持つことが大切です。そしてママがパパ大好きな気持ちを出すことも大事です。

赤ちゃんはママの表情や感情を良く汲み取ります。

パパと一緒にいる時に悲しそうな顔をしていたり、嫌な顔をしていたらパパに懐いてはくれません。

パパ大好きな赤ちゃんになるにはママの協力も必要不可欠なんですよ!

パパの存在をママが赤ちゃんにアピールしてあげると良いよ!

筆者

まとめ

最近は育児に積極的なパパも増えてきてますよね。

私は出勤途中に良く保育園に送り届けているパパの姿をよく見るんですが、多くてビックリしています。

パパ送迎ってこんなに多いんだなぁ。と感心しています(笑)

共働きだとやっぱりママも大変ですから、そんな時にパパが送り迎えしてくれるのは良いですよね。

でも、それができるのも子供がパパ大好きだからです。

父子が楽しそうにしている姿ってとても微笑ましいです。赤ちゃんの頃から積み上げた信頼関係だなと感じますよ。

まずは育児に積極的に参加し、時間があれば赤ちゃんに声をかけたり、一緒に遊んだり、ゆっくりお風呂に入ったりと関わる時間を増やすのが一番のオススメです!

仕事で疲れているはずですが、可愛い我が子で癒されると疲れも吹っ飛ぶこと間違いなし。

焦らずにゆっくり、パパと赤ちゃんのペースで距離を縮めていって下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.