子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

赤ちゃんは大人しく寝ない!?布団を嫌がる子供の寝冷え対策を紹介!

WRITER
 
赤ちゃんは大人しく寝ない!?布団を嫌がる子供の寝冷え対策を紹介!
この記事を書いている人 - WRITER -

寝かしつけも終わって一息。

ゆっくりしたり、残りの家事をしたり。

そーっと子供の様子を見に行くと...

「あー!布団から出てるー!」

風邪ひかないようにしたいのに、何回直してもまた飛び出ての繰り返し。

そう!子供は大人しくなんか寝ないのです!

もう四方八方ゴロゴロ...ゴロゴロ...

自分が寝ているときには布団かけ直せないしで大変です。

私も現在1歳の娘がいますが、毎日寝る前は布団を嫌がって蹴り、寝た後も寝ながら蹴っています(笑)

なので特に冬は毎日風邪を引かないかと心配は尽きません。

今日はそんな布団を被らない子供たちに悩んでいる方に「子供たちが寝冷えしないための対策法」について書いていきたいと思います。

赤ちゃんが布団から飛び出したり、蹴るのはなぜ?

子供は暑がり

大前提として、子供は大人より基礎代謝が良いため、体温が高く、暑がりなのです。

暑さから逃れるためにゴロゴロして布団から飛び出て、寝返りをうったりして体温調節をしています。

ですので、大人が丁度いいと思う布団では子供には暑く感じてしまいます。

よく同じお布団で寝た時に、私は気持ちよく眠れたのに子供はすごく汗かいているとかありませんか?

うちはお昼寝など数時間の睡眠の時は大人の布団で一緒に寝たりしていたのですが、起きると汗をすごくかいていたので、数時間でも大人と同じ布団で寝るのはやめました。

良く動き回る

これは睡眠周期が短いことが原因の場合もあります。

大人は90分周期で、ノンレム睡眠とレム睡眠を交互に繰り返しています。

ですが、子供は60~80分周期でノンレム睡眠とレム睡眠が交互繰り返すので、そのサイクルが大人より短く、目を覚ましたり、寝返りすることが多くなってしまいます。

丁度その時に布団から出たり、布団を蹴ったりしてしまうのでしょう。

布団が重い

たくさん寝返りをする子供にとっては布団が重いと寝返りの妨げにしかなりません。

寝苦しさ倍増ですね。

深い睡眠を妨げてしまいます。

そういえばうちの娘も実家で大人の布団で寝た時は寝返りがしづらそうでよくもがいていたな。

筆者

子供がリラックスして寝るには重い布団は必要ないのです。

赤ちゃんが寝冷えしないための対策とは?

入浴を睡眠の1~2時間前に

お風呂に入ると体が温まります。

それによって深部体温の低下を邪魔してしまうのですが、深部体温が下がるときに寝つきやすくなるです。

ん?よくわからないけど、それじゃあお風呂に入らない方がいいんじゃないの!?

友人

いえいえ!眠るには体温をあげてから下げるという温度変化がスムーズな入眠や深い眠りに必要なのです!

筆者

じゃあどうすればいいの?

友人

では一緒に見ていきましょう!

筆者

人の体は入浴後放熱システムが稼働し、深部体温が下がり始めます。

子供の場合、放熱システムが稼働するのに入浴後から45分~1時間くらいかかります。

ですので入浴後すぐ布団だと暑くて眠りにくいかもしれません。

できるだけ深部体温の低下と合わせられるように、就寝の1~2時間前くらいにはお風呂に入るようにしましょう!

お風呂が遅くなったからと言って決して無理やりぬるいお湯やを水をかけて深部体温を下げようとしたりはしないでくださいね!逆効果です!

筆者

寝室の室温の管理

冬の室温は20℃~23℃くらいで、湿度は50~60%をキープ!
(寝ているときはできるだけ暖房器具は消しておきましょう)

加湿するだけで体感温度が上がったり、感染症予防、のどが痛くならないようにするなどメリットがたくさんです。

子供の鼻づまりのときも加湿は大事ですしね。

小さいお子様がいる方は加湿器は一台あると重宝します。

下着・パジャマ・布団などの寝具素材の見直し

大人もそうですが子供は寝ているときにけっこう汗をかきます。

汗を吸収しやすい素材に変えるだけでベタベタの不快感が無くなり深い睡眠になりやすくなります。

素材としては汗を吸収しやすい綿天然素材のものを着せてあげると良いでしょう。

敷布団も綿や羊毛などが汗の吸収性も良くオススメです。

ただ、おねしょや吐き戻しをすることを考えるとポリエステル素材の方が布団を洗いやすかったりするので、お財布事情やお手入れのしやすさなどを考えてご判断ください。

筆者

掛け布団は寝心地を考えるなら羽毛布団が軽いので子供(0~1歳くらい)には良いと言われています。ただ、羽毛布団は軽くて良い

反面、機密性の高い生地が使われているので、万が一赤ちゃんの顔に覆いかぶさってしまうと窒息の危険性があります。

現在羽毛布団をお使いの方はカバーを綿素材のものにするだけでも違いますので参考にしてみてください。

総合的に判断すると綿素材の掛け布団が良いと思います。

吸湿性は望めませんが、手入れのしやすさだとポリエステルが一番!

筆者

スリーパー

スリーパーは救世主ですよね!

布団から飛び出しても温かく包んでくれるので安心です。

スリーパーを嫌がる子でも寝てから着けられたりするものもあるので、ピッタリなものを探してみてください!

オススメは腕や足まで覆える綿タイプのものです。

肩って出ていると意外と寒いんですよね。

二の腕まであるだけで寒さが違います。

ちなみに暑がりさんにはタオル生地がオススメです。

腹巻

お腹が出ていると風邪をひいてしまったり、お腹を壊してしまったりなので腹巻はあると便利です。

ただ、腹巻はゴロゴロしているうちにズレてしまうこともあるので、最近はズボンに腹巻がついているパジャマもあります。是非活用

してみてください。

ワンサイズ大きめのパジャマを着せる

子供は寝返りをしている間に袖やズボンがめくれてきたりします。

少し大きいかな?と思うくらいの方が寝ているときにはピッタリだと思います。

私の経験談ですが、立った時にズボンの裾をめくるくらいのほうが、寝た時には足が出なくてよかったです。

靴下は履かせない

靴下を履かせると汗をかいてしまいます。

子供は大人より汗をかくため、さらに汗の量が増えてしまうことに。

靴下を履いていると足が蒸れてしまい、その湿気が足の熱を奪って冷えてしまうことになるのです。

結局足を冷やしちゃうんだ

友人

あとは靴下のゴムの締め付けにより血行が悪くなってしまいます。

靴下の代わりにレッグウォーマーを履かせてみるのも良いでしょう。

我が家の布団寝冷え対策

ここで我が家の対策をご紹介します!

お風呂は寝る時間の1時間前に入れて、出た後30分くらい遊び、それから寝室で絵本を読んだりしています。

  • エアコンを22℃に設定し室温は20℃
    (就寝時にエアコンを消して、朝5時につくようにタイマーセットしてあります)
  • 湿度は加湿器で50~60%
    (私ものどが弱いので、あるとないでは大違いです。加湿器様様)
  • 布団は子供用の布団でオーガニックコットンのカバー
  • 掛け布団はふかふかした布団一枚
  • 薄手の肩が覆いかぶさるスリーパーを着用
  • パジャマは上下がボタンで留められる綿素材もの

です。

有難いことに寝冷えはまだ一度もしていません。

もこもこ素材のパジャマを一度着せたことがあるのですが、暑そうにしていたので綿素材にしました。

まとめ

子供は大人のように大人しくは寝ていません。

寝相が悪すぎて心配になられる方もいると思いますが、子供は寝ている間に脳をしっかり休めて疲れを取っているということですので、安心してください。

元気に育っている証拠です!

親として子供が日々寝冷えしないか心配ですが、布団を蹴ったり、嫌がる子供達のために最適な睡眠環境を作ってあげましょう。


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.