子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

赤ちゃんの枕はいつから必要?どんな形がいい?そもそも枕って必要?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

いきなりですが、赤ちゃんは枕をいつから使うのでしょうか。

以前赤ちゃん布団一式を買ったときに、赤ちゃんの枕が付いてきました。けれど、これっていつ使うの…?

筆者

赤ちゃんの枕はさまざまな形のものが売られていて、どれを買ったらいいのか分かりません。

そもそも、赤ちゃんに枕って必要なのかという疑問が出てきますよね。

そこで今回は、「赤ちゃんの枕はいつから必要になるのか?どんな形の枕がいいのか?そもそも赤ちゃんに枕って必要なのか?」について書いていきます。

赤ちゃんに枕は必要?

赤ちゃんに枕は必要なのかという疑問には賛否両論あります。

私の母は、赤ちゃんの頭の形がいびつになるから、枕は必要と言っていたわ。

友人

私の出産した病院では、枕は赤ちゃんに使っていなかったわよ。

筆者

赤ちゃんの枕が必要かという疑問はそれぞれ人の考え方によって違うことが分かります。

そこで、赤ちゃんが枕を使うことのメリットとデメリットを下にまとめてみました。

赤ちゃんに枕を使うことのメリット

  • 絶壁になりにくい
  • 寝返りを打ちにくくなり、うつ伏せになりにくい
  • ミルクを吐き戻すときに汚れない

赤ちゃんに枕を使うことのデメリット

  • 枕に赤ちゃんの顔がうもれて窒息する危険がある
  • 汗が枕にたまって不衛生

このように、赤ちゃんの枕を使うことにはメリットとデメリットがあります。

赤ちゃんに枕が必要なのかそうでないかは、ママやパパが、赤ちゃんに対してどんなところに気を付けたいか話し合って決めましょう。

赤ちゃんの枕はいつから必要?

先ほど、赤ちゃんに枕は必要か必要でないかは、メリットデメリットを踏まえた上でママとパパが判断しましょうと書きました。

では、やはり枕が必要だと判断したとき、いつから使えばいいのでしょうか。

いつから使えばいいかの目安を下に書きます。

1、ミルクの吐き戻しが多いころ

赤ちゃんは月齢が低ければ低いほど、胃の容量が小さく、胃の形が縦長になっているため、ミルクが逆流しやすいです。

そんなときに、枕で高さをつけてあげると、吐き戻しが少なくなります。

また、万が一吐き戻したとしても、枕だけを替えればいいので、洗濯物も少なくてすみます。

2、寝返りするころ

赤ちゃんが枕を使うと、頭がある程度固定されるので、寝返りがしにくくなります。

よって、うつ伏せになりにくくなり、うつ伏せが原因の事故を防ぐことができます。

赤ちゃんの鼻の穴はとても小さく、少しふさがるだけで窒息の恐れがあります。

3、首がすわるころ

大人の背骨は「Sの形」をしているので、枕がないと寝にくいです。

しかし生まれたばかりの赤ちゃんは、お腹にいたときに丸くなっていたので、背骨が「Cの形」をしています。

そして、首がすわるころになると、大人と同じく背骨が「Sの形」になっていきます。

そのタイミングで枕を赤ちゃんに使うと、背骨が安定します。

上記のように、赤ちゃんに枕を使うタイミングは赤ちゃんによって違います。

赤ちゃんの成長過程に応じて使っていきましょう。

赤ちゃんに使う枕の選び方

赤ちゃんの枕は赤ちゃんの成長過程に応じて使っていくことがわかりました。

では枕の形はどうやって選んだらいいのでしょうか。

赤ちゃんの枕はさまざまなものが売られていますが、それぞれの枕には特徴があります。

その特徴を次に書きますね。

ドーナツ型の枕

赤ちゃんの頭の形が気になる方におすすめの枕です。

枕の真ん中が凹んでいるので、赤ちゃんの後頭部が絶壁にならず、丸い形を保つことができます。

また、ドーナツ型でも、枕の真ん中の穴が貫通しているものがあります。

寝ている時間が多い赤ちゃんは、頭を頻繁に布団にこすりつけるため、髪の毛がはげてしまうことも。

穴が貫通していれば、赤ちゃんのはげ防止になります。

ガーゼでできた枕

赤ちゃんはとても汗っかきです。

特に汗っかきの赤ちゃんにはおすすめです。

ガーゼでできた枕だと、汗をしっかりと吸い取ってくれるので、赤ちゃんのお肌にも優しく、快適です。

また、ガーゼでできた枕は洗えるものが多いので、頻繁に洗うことができるし、乾きやすいところも良い点ですね。

高さを調節できる枕

ミルクの吐き戻しが多い赤ちゃんにおすすめです。

ミルクの吐き戻しが多い赤ちゃんは、枕が低いと、すぐにミルクを吐き出してしまいます。

しかし、高さがある程度あれば、赤ちゃんがゲップをしやすくなり、ミルクの吐き戻しも少なく済みます。

さらに調節できる枕を使えば、赤ちゃんの成長過程や体に合わせて使えるので、長く使えて便利です。

主に上記の3つを基本として枕が売られていますが、この他にもさまざまあります。

赤ちゃんに合った枕を選んであげてくださいね。

私の息子はとにかく汗っかき!ガーゼ枕を2つ持っていて、頻繁に洗っています!

筆者

また、かわいい柄の枕もたくさん売られているので、枕選びを楽しんでみてください。

まとめ

赤ちゃんの布団の洗濯どうしてる?洗濯頻度はどれくらい?

今回は、「赤ちゃんの枕はいつから必要になるのか?どんな形の枕がいいのか?そもそも赤ちゃんに枕って必要なのか?」について書きました。

今回の記事の要点をまとめると、

  • 赤ちゃんに枕が必要かそうでないかは注意深く見る
  • 赤ちゃんの枕は、いつから使ったほうがいいという決まりはないが目安はある
  • 赤ちゃんの枕の選び方は、赤ちゃんに一番適している形の枕を選んであげる

の3つになります。

大切なことは、赤ちゃんをしっかり見ることです。

赤ちゃんは一人一人みんな違うので、自分の赤ちゃんが快適に眠れているか、見てあげてくださいね。


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.