美容・ホワイトニング・ライフスタイルの情報を提供する人気WEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

赤ちゃんの夜泣きで焦ってしまう…2つの対策とそもそもの原因とは!?

LIFE TURN
WRITER
 
赤ちゃんの夜泣きで焦ってしまう…2つの対策とそもそもの原因とは!?
この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE TURN
LIFE TURNは『ライフスタイル全般』に関する情報を提供する総合型Webサイトです。そして当サイトは『あなたのライフスタイルにちょっとした彩りを』というコンセプトを軸に運営しています。LIFE TURNを通して、一人一人のライフスタイルに「豊かな変化」が訪れるように情報を発信していきます。

こんにちは!

乳幼児の子育ては困難なことばかりかと思います。

中でも「夜泣き」は多くの親御さんたちにとって最大の悩みではないのでしょうか?

主な「夜泣き」の悩みとしては、

  • 子供が夜に泣いて十分な睡眠が取れない
  • 泣いている理由がわからなくて困惑してしまう
  • 自分の育児が正しくできているのか心配になる

といったことが原因として挙げられると思います。

実際、「夜泣き」は親御さんにとって悩みの種ですし、また、赤ちゃんにとっても上手な睡眠習慣を作ることが大切になってきます。

睡眠は子供の発育にとって大きく関わってきますからね。

お子さんに元気で賢い子に育って欲しいのであれば、なおのこと重視しなければなりません。

そのため、今回は、

  • 赤ちゃんにとって上手な睡眠習慣を作る方法
  • 親御さんが夜泣きで焦ることがなくなるための対処法

についてご紹介していきます。では早速、本題に入っていきましょう!

<スポンサードリンク>


1.赤ちゃんの夜泣きに関する前提知識

赤ちゃんの夜泣きで焦ってしまう…2つの対策とそもそもの原因とは!?

まず、赤ちゃんが泣いたときに確認すべきことは、

  • おむつが汚れていないか
  • お腹がすいていないか
  • 暑/寒すぎではないか。湿度は適切か
  • 病気にはかかっていないか

といったことですが、おそらくここに来た方はこういった基本的な項目はすでにチェック済みで、母乳を与えたり、子守唄を歌ったり、だっこしてあやしても解決しないから困っているのだと思うんですよね。

それもそのはず、そもそも赤ちゃんの夜泣きとは、こうした理由とは関係のないところで起きているからなんです。

夜泣きが始まる時期は、生後6ヶ月から1年の間で、「脳の発達」に関与していると言われています(他にも諸説ありますが、子供の成長と何かしら関係しているようです。

他にも、乳幼児は昼と夜の区別がつかないので、しっかりとした睡眠習慣がうまく作れないのも原因の1つとされています。

ですので、焦ったり悩んだりするのは雨が降っていることに憤慨するくらい、無意味なことなのです。

むしろ、あなたの心理状態がそのまま子供に伝わってしまうため、子供をあやすときに焦ったり動揺すべきではありません。

とはいえ、「夜泣きをされるとどうしても動揺してしまう」という方はやはり多いと思います。

これは人類が進化の過程で身につけた能力の名残りだからです。

1-1.赤ちゃんの夜泣きで動揺するのはなぜか?

大人は赤ん坊の鳴き声を聞くと、即座に全身が緊張状態に切り替わるようにできています。

なぜなら、赤ちゃんの鳴き声にとっさに反応ができないと、野生動物の餌にされたりしてしまう、つまり種の存続が望めないからです。

こういったサバイバル事情が絡んでおり、かつ、そうした生活を何十万、何百万年という単位で人類は営んできました。

ですので、あなたが焦燥感に駆られるのは当然の反応なのです。

しかし、「衣・食・住」が確保された現代の生活において、夜泣きによって即座に緊張状態に切り替わることは、もはや「無用の長物」と言わざるを得ません。

たいていの場合、赤ん坊が泣いていても、命に関わる危険な事態でないことがほとんどですよね。

もちろん、全くないとまでは言いませんが、非常に稀なケースです。

そこで、現代人はこうした矛盾を克服すべきだと私は思います。

では、どうしたら克服、つまりは進化によって宿命づけられた心の動揺を乗り越えることができるのでしょうか?

実は、脳の特性を利用したひじょ〜に簡単な方法があります!

これからお話する方法を実践できれば、夜泣きの悩みから解放されますので、どうぞ参考にしてみてください。

筆者

2.赤ちゃんの夜泣きの焦りをどうやって克服するか?

赤ちゃんの夜泣きで焦ってしまう…2つの対策とそもそもの原因とは!?

赤ちゃんの夜泣きをどうやって克服すればいいのか?

克服するのは難しいことだと思われていますが、実際は非常に簡単です。

それは

  • 6秒待つ
  • 深呼吸(吐くときに全身を緩める)

これだけです。

「え、ほんとにこれだけ?」と思った方もいるかも知れません。そうです、たったこの2つだけでいいのです!

まず、「6秒待つ」について説明します。

<スポンサードリンク>



2-1.赤ちゃんの夜泣き対策①:6秒待つ

実は、人間のあらゆる感情は6秒経つと、緩和されるようにできています。

これは、脳が「通常の状態に戻れ」という信号を全身に送るからです。

なので、夜泣きが始まったら「なんとかしないと!」と真っ先に子供のもとに突っ走るのではなく、ただ6秒カウントしながらじっとしていて下さい。

6秒待ち、一旦冷静になったら次は「深呼吸」の出番です。

2-2.赤ちゃんの夜泣き対策②:深呼吸(吐くときに全身を緩める)

深呼吸のリラックス効果は絶大で、膨大な学術論文がそれを証明しています。

赤ちゃんの夜泣きで焦ってしまう…2つの対策とそもそもの原因とは!?

コツとしては、息を吐くときに頭から順に身体が緩んでいくのをイメージすることです。

そして、吐くときできるだけ長めに息を吐いて下さい。

先程私は、「あなたの状態が赤ちゃんにそのまま伝わる」といいましたが、もちろん、あなたのリラックス状態も伝わります。

ですので、リラックスして、そして赤ちゃんの目を見てニコニコしながらあやしてあげて下さい。

次第に赤ちゃんも泣き止むようになります。

3.赤ちゃんが夜しっかり眠る習慣づくり

睡眠は子供の発育にとって必要不可欠です。

なぜなら睡眠時こそ、子供は昼間受けた刺激を整理し学習するからです。

つまり、睡眠の習慣を作ることは夜泣きの対策だけにとどまらず、子供の成長に大きな役割を果たすことになります。

一度睡眠の習慣を作ることに成功すれば、子供はすくすく育ち、親であるあなたもぐっすり安心して眠れるようになるので双方にとってメリットしかありません。

しかし、生まれて間もない乳幼児は、睡眠を上手に取れません。

先程も説明しましたが、昼と夜というものをそもそも理解していないからです。

つまり、まずこの2つを脳に理解させることが先決です。

そのためには以下の3つが効果的です。

  • 昼は陽の光が当たる場所に連れていき、夜は部屋を真っ暗にする
  • 朝起きたら最初に日光浴
  • 睡眠導入のための儀

上の3つが赤ちゃんが夜しっかり眠るための習慣づくりとして大事なので、一つ一つ詳しくみていきましょう!

<スポンサードリンク>


3-1.赤ちゃんの眠る習慣づくり①:昼は陽の光が当たる場所に連れていき、夜は部屋を真っ暗にする

1つ目の「昼は陽の光が当たる場所に連れていき、夜は部屋を真っ暗にする」についてです。

ここで重要なのは「昼の刺激」、「夜の刺激」を交互に浴びさせることです。 

赤ちゃんの夜泣きで焦ってしまう…2つの対策とそもそもの原因とは!?
赤ちゃんの夜泣きで焦ってしまう…2つの対策とそもそもの原因とは!?

 

「昼の刺激」とは、つまり「日光」のことです。

日中外へ出てお散歩するなどして、日光をたっぷり浴びましょう。

「夜の刺激」とは、「暗闇」のことです。

外からの光や音をできる限り遮断し、安眠できる環境を整えましょう(これは赤ちゃんだけでなく、大人にとっても良質な睡眠環境です。)

外から漏れる僅かな音や光でさえもNGです。

遮光カーテンなどをうまく活用して暗闇を作って下さい。

また、夜遅くまで部屋の明かりをつけテレビを見ているなど、もってのほかです。

この2つの刺激を交互に繰り返させ、赤ちゃんの「昼」と「夜」の違いをきちんと学習させましょう。

筆者

3-2.赤ちゃんの眠る習慣づくり②:朝起きたら最初に日光浴

次に、朝起きたら必ず「日光」を浴びさせましょう(天気が曇りや雨でも構いません。)

朝浴びる太陽光が人間の睡眠サイクルを作ります。

赤ちゃんの夜泣きで焦ってしまう…2つの対策とそもそもの原因とは!?

 

人間は夜暗くなると、脳の「松果体」という場所から「メラトニン」という睡眠を促進する物質を分泌します。

だから人間は夜眠るのです。

そして、朝日明るくなれば、今度は「松果体」が「メラトニン」の分泌を抑え、約16時間後に再分泌するようにセットします(もちろん乳幼児は途中何度かお昼寝の時間を挟みますが)

このように、「メラトニン」の分泌によって、睡眠サイクルは形成されます。

このサイクルのことを「メラトニンサイクル」ともいいます。

3-3.赤ちゃんの眠る習慣づくり③:睡眠導入のための儀式

最後に「睡眠導入の儀式」についてです。

「睡眠導入の儀式」とは例えば、

  • 子守唄を歌う
  • 絵本の読み聞かせ
  • 自然音や静かな音楽を聞かせる

等です。

この「睡眠導入の儀式」も実は効果があるのです。

重要なのは「これをしたら眠る」という習慣を作ることにあります。

この儀式を行うことによって脳は「今は睡眠の時間なんだな」と認識し、メラトニンを分泌し始めます。

実はこの「〇〇したら△△」という習慣作りは、人間が普段やっていることなのです。

例えば、重要な大衆の前でプレゼンする直前に、「手に【人】という字を3回書き、飲み込む」人がいると思います。

一見、非科学的な行動に見えますが、心理学的に見れば「プレゼン前に精神を統一する為の儀式」と解釈できます。

この脳の性質を利用するのです。

これらの方法をうまく活用して、赤ちゃんの睡眠サイクルをうまく作ってあげて下さい!

まとめ

赤ちゃんの夜泣きで焦ってしまう…2つの対策とそもそもの原因とは!?

赤ちゃんの夜泣きは成長に必要な過程の生理反応なので、悩んでも仕方のないことです。

しかし、それと同じようにあなたが感じる焦燥感も自動的に起こってしまう生理反応ですが、安全な現代の生活においては不要です。

ですので、まずすべきことは「6秒じっとし、深呼吸する」ことです。

自身がリラックスして、あなたの赤ちゃんをあやす為の態勢をしっかり整えて下さい。

また、普段から「日光」や「睡眠導入の儀式」をうまく活用し、赤ちゃんの睡眠サイクル形成を手助けすることも重要です。

「夜泣き」の解消だけでなく、子供の発育にも非常に良好な影響を与える事ができます。

また、睡眠は大人にとっても疲労回復や記憶の整理に大切なことなので、子供と一緒に睡眠サイクルが作れれば、親であるあなたにとっても良いことづくめなのです。

ぜひこれらの方法を実践して、充実な子育てライフを送ってください。


つまらない日常を楽しくしよう!


もしも、今あなたが、
  • 何か人生の暇つぶしを探してる
  • 趣味がないから趣味を見つけたい
  • お金がかからない方法で日常を楽しくしたい
という思いを持っているなら「動画配信サービス(VOD)」を利用するのがおすすめです。

自宅にいながらアニメやドラマ、映画を大量に観れますので新しい趣味になります。

さらに動画配信サービスは『無料トライアル期間』も充実していますので、その期間を利用して思う存分、あなたに合ったドラマや映画を楽しみましょう!

家事の負担を格安で解決する方法!

「家事が辛すぎる…」という意見をよく耳にしますし、実際にその状況になっている方も多いでしょう。

しかし、はっきりと言います。

『その家事、自分でやる必要ありますか?』

家事は自分が手間暇かけてやる必要はありません。「人に任せられる仕事」です。

今は格安で家事を人に任せられるサービスがあります。家事に割いていた時間をパッと無くして、趣味や旅行を楽しむ「自由な時間」を手に入れましょう!
<スポンサードリンク>
 

この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE TURN
LIFE TURNは『ライフスタイル全般』に関する情報を提供する総合型Webサイトです。そして当サイトは『あなたのライフスタイルにちょっとした彩りを』というコンセプトを軸に運営しています。LIFE TURNを通して、一人一人のライフスタイルに「豊かな変化」が訪れるように情報を発信していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2018 All Rights Reserved.