子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

小学生が勉強しない原因とはどんなもの?対策を考えて子供の可能性を伸ばそう

WRITER
 
勉強しない小学生 原因 対策
この記事を書いている人 - WRITER -

小学生のお子さんがいるご家庭では、「どうしたら子供が勉強してくれるか」ということに頭を悩ませている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

「勉強しなさい!」と怒ることが日常茶飯事になっていたり、そして怒ってしまったことに自己嫌悪に陥ったり。

素直に勉強してくれればいいのに、そうはいかないのが現実ですよね。

どうして子供は勉強を嫌がるのでしょうか?

筆者

小学生が勉強しない原因

勉強しないことにはきっと何か原因があるはずです。

一緒に考えていきましょう。

筆者

①勉強が難しい

勉強をしない小学生の原因の1つ目は、「勉強が難しい」です。

子供が勉強をしないとしたら、もしかしたら勉強が難しくつまづいていることが考えられます。

テストの結果を見せてもらうのが一番分かりやすいでしょう。

答えに空欄や間違いが多いようであれば、勉強が難しく授業についていけてない可能性が高くなります。

また、もし子供が勉強しているのを見かけたら様子を観察してみてください。

同じページを開いたまましばらく動きがないようであれば注意してみましょう。

もっと進むと、「何が分からないか分からない」状態になっている可能性もあります。

②勉強が嫌い

勉強をしない小学生の原因の2つ目は、「勉強が嫌い」です。

勉強が嫌いだという声はよく聞きますよね。

では、なぜ勉強が嫌いになってしまうのでしょうか?

その理由の一つに、「勉強は自主的に始めたわけではないから」ということが考えられます。

小学校に上がり、子供は否応なしに勉強というものに取り組むことになりますよね。

それは自分で選んだ道ではありません。

他には、勉強自体が分からなかったり興味が湧かなかったりということも考えられます。

分からないと「つまらない」と感じてしまいますし、子供によっても興味の対象はそれぞれ違いますよね。

その結果、「○○(特定の教科)が嫌い」とか「勉強自体が嫌い」という気持ちになってしまうことも少なくありません。

③他にやりたいことがある

勉強をしない小学生の原因の3つ目は、「他にやりたいことがある」です。

小学校から帰ってきたときの子供の行動はどのような感じでしょうか?

すぐに友達のところに遊びに行ったり、習い事に行ったりしていませんか?

もしくはすぐにゲームを始めたり、漫画を読み始めたりといった感じの場合もあるかもしれませんね。

この場合他にやりたいことがあってそれを優先させているため、このような行動になると考えられます。

その結果やりたいことをいつまでも続けて、一向に勉強を始めないというパターンです。

④やる気が出ず集中力が続かない

勉強をしない小学生の原因の4つ目は、「やる気が出ず集中力が続かない」です。

子供が小学校から帰ってきて特に何をするでもなく、ゴロゴロしていることはないでしょうか?

もしくは勉強を始めても気が散っているのかすぐに別のことを始めるなど、明らかにやる気がない行動を取ることがありますよね。

この場合、勉強に対する意欲がないことも考えられます。

勉強に対してやる気が出ず、やりたくないことから目を背けている状態です。

⑤勉強をやる意味を見いだせない

勉強をしない小学生の原因の5つ目は、「勉強をやる意味を見いだせない」です。

「勉強しなさい!」と怒った時に「なんで勉強しなければいけないの?」という口答えが返ってきたことはありませんか?

直接口には出さなくても、「勉強をして何のためになるのか」「勉強しなくても生きていける」と思っている子供もきっといるでしょう。

勉強することが自分の人生に対してどんな影響を及ぼすのか、いまいちよく分からないという状況になっていることが考えられます。

⑥勉強をやらないとどうなるかということが想定できない

勉強をしない小学生の原因の6つ目は、「勉強をやらないとどうなるかということが想定できない」です。

小学生にとって身近なところだと、「宿題をしないと後で慌てる」ということになってきます。

このように「やらなければいけないことなのに、ぎりぎりまで後回しにしてしまう」ということは、物事を計画的に考えられていないか、よっぽどやる気がないということになるでしょう。

長い目で見ると、大人になってから「小さい頃勉強をせずに後悔した」ということもあります。

そういったことを想定できず、勉強をしないという選択肢を取っていることも考えられるでしょう。

勉強をしない小学生への対策

では、勉強をしない小学生に何かできることはないのでしょうか?

お子さんに合った対策を見つけましょう。

筆者

①目標を決めさせる

勉強をしない小学生への対策1つ目は、「目標を決めさせる」です。

それは「テストで~点取る」などの目標でもいいですし、「1日○時間勉強する」というものでもよいでしょう。

計画的に進められるように、「それを実現するにはどうすればよいか」ということも子供に考えさせます。

また、目標や計画は「子供に決めさせる」ということが大切です。

親が決めてしまうと、結局は子供に言うことを聞かせるという形になってしまいます。

自主的に目標を立てることより、子供にも少なからず「責任」というものが生まれてくるでしょう。

また、ある程度実現可能な目標にすると、できたときに達成感を得られるのでモチベーションアップにもつながります。

②勉強する時間を決めさせる

勉強をしない小学生への対策2つ目は、「勉強する時間を決めさせる」です。

勉強するということを習慣づけたい場合には、1日のスケジュールに勉強の時間を入れさせてみてはいかがでしょうか?

「1日○時間」または「○時から○時までは勉強する」という風にあらかじめスケジュールに組み込んでしまう方法です。

続けるうちに習慣になりますので、長期的に勉強をさせるにはよいと言えます。

この時「子供に決めさせる」ということと、「それ以外の自由時間に遊んでいる時に『勉強やったの?』と注意しない」など、子供に対して許容する姿勢を見せましょう。

子供も「親から信頼させている」「やることを一任されている」と感じてくれるようになります。

③親が勉強の手助けをする

勉強をしない小学生への対策3つ目は、「親が勉強の手助けをする」です。

子供が勉強をやっている時に、横についてサポートします。

この時、子供が分からないからといってすぐに答えを教えないようにしましょう。

勉強をするのはあくまでも子供です。

答えを導き出すまでも大切な過程ですので、根気が必要になってきますがゆったりと構えましょう。

また、親の目の届くところで勉強させることにより「他の人の目があるとさぼりにくい」という効果もあります。

④勉強をすることの意味を伝える

勉強をしない小学生への対策4つ目は、「勉強をすることの意味を伝える」です。

子供に対し、将来何かなりたいものがあればそのために勉強する必要があることを、うまく伝えてみましょう。

例え「スポーツ選手」など一見勉強とは無関係な職業であったとしても、希望の学校に進学するためには勉強も必要になってきます。

子供に具体的な進路を見据えさせることにより、「自分が勉強を頑張る理由」が明確になるのではないでしょうか。

理由があるとやる気の度合いも変わりますので、ぜひ試してみてくださいね。

子供に対してしない方がいい大人の行動

ついつい無意識にしがちな行動ですが、しない方がいいことがあります。

時々ご自身を振り返ってみてくださいね。

筆者

①イライラする

子供に対してしない方がよい大人の行動1つ目は、「イライラする」です。

子供が言うことを聞かず、イライラしてしまっていませんか?

特に小学生ともなると、口だけは達者で屁理屈をこねて勉強をやらないということもあるでしょう。

しかし、イライラしてしまうということは「子供を思い通りにしたい」という親の気持ちが少なからず入ってしまっていることになります。

また、イライラが子供に伝わると勉強に対してネガティブなイメージを持ち、さらに勉強から遠ざかるということも出てきてしまうでしょう。

イライラしそうになったら深呼吸してみてくださいね。

②勉強しないと○○になると言いすぎる

子供に対してしない方がよい大人の行動2つ目は、「勉強しないと○○になると言いすぎる」です。

子供が勉強をしない時に、「勉強しないと悪い点取るよ」「勉強しないと頭が悪くなるよ」など、ネガティブなことを言ってしまっていませんか?

言葉が子供に与える影響というのは意外に大きいものです。

悪い結果を想定させて危機を回避するという方法は確かにあります。

しかしこれは行き過ぎると「強迫観念」という不安を起こさせる原因になることもありますので、多様は避けましょう。

逆に「勉強したらどんな良いことがあるか」を伝えていく方が大切です。

まとめ

勉強しない小学生 原因 対策

小学生が勉強しない理由は様々です。

子供自身も自分の願望がある程度はっきりしていて、「勉強したくない」ときっぱり突っぱねられることもあるでしょう。

しかし小学生の時期はまだ素直で、色々なものを吸収していきます。

どれだけうまく「勉強に対してポジティブなイメージを持ってもらうか」ということが重要です。

勉強しないことをただ怒るのではなく、問題に一緒に向き合って子供の可能性を伸ばしていきましょう。


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.