子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

チャイルドシートはいつから前向きにできる?ぐずってしまうときの対策は?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

赤ちゃんが生まれると、意外と買い忘れがちなのが「チャイルドシート」。

私も息子を出産後、退院するときに車で迎えに来てもらおうとしたのですが、チャイルドシートが必要だということに気付いて、あわててネット注文しました。

筆者

しかし買ったはいいものの、チャイルドシートをいざ取り付けてみると…。

あれ?チャイルドシートって、後ろ向きにつけるの!?どうして?前向きじゃダメなの?

筆者

チャイルドシートについてまったく知らないので取り付ける向きすらよく分かりません。

そしてやっとチャイルドシートを取り付けて、「さあ子どもを乗せよう!」と思ったのも束の間、今度はぐずり出しました。

チャイルドシートが後ろ向きだと子どもにとって景色がよく見えないみたいで、ぐずるの!まだ前向きにできる月齢じゃないけど…前向きにしちゃダメ?

筆者

そこで今回は、「チャイルドシートはいつから前向きにできるのか?後ろ向きでチャイルドシートを使って子どもがぐずったときの対策は何か?」について書きます。

そもそもなぜ子どもにチャイルドシートが必要?

なぜ子どもにチャイルドシートが必要なのかについては、法律で次のように定められているからです。

道路交通法第71条の3第3項

自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

(引用:警視庁

法律にしっかりと「チャイルドシートを取り付けないと、運転してはいけない」と明記されていますよね。

ですので、子どもをチャイルドシートに乗せないと、法律によって罰せられてしまいます。

具体的には、6歳までの子どもは、年齢に適したチャイルドシートが必要です。

子どもの数が増えれば増えるほど、6歳までの子どもには一人1つずつ必要なのです。

車に付いているシートベルトを子どもにも使用しちゃダメなの?

筆者

シートベルトは大人の体には合いますが、まだ未発達な子どもの体にはしっかりとフィットしません。

ですので、万が一事故になったときに、子どもが大人のシートベルトを付けていたら、シートベルトがゆるゆるで、体が飛び出してしまうのです。

子どものために、しっかりとチャイルドシートを車に取り付けましょう。

チャイルドシートはいつから前向きにできる?

チャイルドシートがなぜ必要かということについて分かりましたが、最初の疑問でもあったように、赤ちゃんのころはチャイルドシートを後ろ向きに取り付けます。

なぜなら赤ちゃんは体がとても小さく、万が一事故にあったときに、チャイルドシートを後ろ向きに取り付けた方が赤ちゃんの体への衝撃が少なくすむからです。

前向きに取り付けたとすると、前から車が正面衝突したときに、赤ちゃんの体がすべてつぶされてしまいます。

考えただけでも恐ろしいですよね。

チャイルドシートをいつから前向きにできるかは、チャイルドシートのメーカーによって多少の違いがありますが、体重で決めています。

多くのチャイルドシートは子どもがおおよそ9キログラムを超えていれば、前向きでの使用ができると取扱説明書に書かれています。

子どもの体重が9キログラムということは、だいたい子どもが1歳前後になっているころです。

そのころになると、後ろ向きだと足が座席に引っかかってしまうようになりますよね。

自分で買ったチャイルドシートの取扱説明書をよく読んで、正しく使いましょう。

取扱説明書を無くしてしなった場合は、インターネットでダウンロードすると見られますよ。

チャイルドシートを後ろ向きにして子どもがぐずるときの対策は?

チャイルドシートを後ろ向きにしなくてはいけない。

頭の中では分かっていても、狭い車内で子どもがギャンギャン泣いていると、前向きでチャイルドシートを使いたくなりますよね。

ですが、最初に書いた通り、チャイルドシートに子どもを乗せることは法律で決まっているし、体重が重くないと前向きにできない。

なんとか子どもを泣き止ませたいですよね。

そんなときは、下の3つの方法で泣き止ませてみてください。

私の息子はこの3つの方法をうまく取り入れたら、泣き止んでくれました!

筆者

おもちゃで気を引く

おもちゃは子どもの好きなものを持っていくことを忘れないようにしましょう。

絵本を読み聞かせするのもいいですね。

車の窓を開ける

車の窓を少しだけ開けてみてください。

「ゴオーーーー」という音が子どもに心地いいみたいで、寝かしつけのときにも効果のある方法です。

子ども向けの音楽を流す

童謡をかなり大きめのボリュームで流すと、なぜか子どもはピタッと泣き止んでくれます。

童謡は、子どもが大好きなリズムや音なのでしょうね。

ただし、運転しているかたに迷惑にならない程度のボリュームにしましょう。

 

大切なことは、子どもの気をそらすことです。

後ろ向きに乗せられている子どもは、景色が悪いし、一人だけ後ろ向きになっていることが不満で仕方ないでしょう。

ですから、車の中って楽しい!と子どもに思ってもらえるような工夫をしましょうね。

まとめ

今回は、「チャイルドシートはいつから前向きにできるのか?後ろ向きでチャイルドシートを使って子どもがぐずったときの対策は何か?」について書きました。

そして、大まかにまとめると

  • おおよそ1歳前後(体重9キログラム)からチャイルドシートを前向きにできる
  • 子どもが飽きないように上手く気をそらす工夫をする

と書きました。

親としては、早くチャイルドシートを前向きにしたいと思いますが、使用方法を誤ると法律によって罰せられてしまうし、事故があってからでは遅いので、子どものためにもきちんと使用方法を守りましょう。

そして、子どもがぐずってしまったり泣いてしまったとしても、前向きにするのではなく、子どもの気を上手くそらしてあげましょう。

家族が楽しく、快適なドライブをしましょうね。


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.