子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

チャイルドシートを新生児におすすめしたい!軽自動車にもぴったり5選!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

赤ちゃんが生まれたらマイカーを持っているならまずチャイルドシートを用意しないとって思いますよね!

でも年々進化しているチャイルドシート。

一体今はどんなチャイルドシートが主流なんでしょうか?

また、ワンボックスカーなど大きな車を所有していればあまり問題ではないかもしれませんが、軽自動車しか所有していないご家庭は、狭い車内に合うチャイルドシート選びにお悩みではありませんか?

コンパクトでしかも安全性の高い新生児から使えるチャイルドを今回はご紹介します。

もちろん大きな車をお持ちのご家庭にも参考になりますので、最後までご覧くださいね。

新生児にチャイルドシートが必要な理由

「うちは車の後ろで赤ちゃんを抱っこするから、当分はチャイルドシートは必要ないな」

そんな風にもしも思っているなら、ちょっと待って下さいね!

チャイルドシートの設置は、法律で定められているのです。

2000年4月1日から道路交通法の改正によって、チャイルドシートの着用が義務づけられています

筆者

もしもチャイルドシートを着用しないで車に乗せた場合、ドライバーに交通違反の点数加点が課せられてしまいます。

「幼児用補助装置使用義務違反」として1点加算となるのです。

もちろん、おまわりさんに呼び止められて、点数加算が課せられるのはイヤですが、それよりも大切な赤ちゃんの命を守るという意味で最低限の親の責任として是非チャイルドシートの設置をマイカーにしなくてはなりません。

チャイルドシートって何歳まで必要?

チャイルドシートは生まれたばかりの新生児から着用が義務づけられていますが、では一体何歳までチャイルドシートをしなくてはならないのでしょうか?

道路交通法では6歳未満の子供を車に乗せる時はチャイルドシートの着用を義務づけています。

最低でも生まれてから6年間はチャイルドシートが必要という事になりますよね。

6年間というと小学校に上がる年になるまでなので、今生まれたばかりの新生児の赤ちゃんを見ると、とっても長い期間の着用が必要だという事にお気づきになるのではないかと思います。

では、6歳のお誕生日を過ぎたら、その明日からチャイルドシートは着けなくていいの?

ひつじー

いえいえ、決して6歳を過ぎたからと言って誰でもみんなチャイルドシートを着用しなくなるというわけではないのです。

車のシートベルトは身長140㎝の体型を基準に作られています。

万が一140㎝に満たないお子さんがシートベルトをして交通事故に遭ってしまった場合は、シートベルト本来の安全な効果が発揮されず、大切なお子さんの首や内臓を傷付けてしまう危険性があるのです。

年齢の基準は6歳未満ですが、実際6歳で140㎝の子はなかなかいませんよね。

6歳のお子さんの平均身長は115㎝~118㎝くらいではないかと思われます。

140㎝の身長に達するのは男女ともに10歳くらいですので、6歳を過ぎたらチャイルドシートではなくジュニアシートの着用を検討してみる必要があるのです。

チャイルドシートとジュニアシートの期間をトータルすると実に10年間もの間は子供の安全を守る意味でも、チャイルドシートを着用が必要という事になるのです。

チャイルドシートの種類

新生児が生まれるお宅は、赤ちゃんが生まれる前からチャイルドシートをどれにしようか迷っているかもしれませんね。

本当に、チャイルドシートって色々あってどれが安全で、しかもリーズナブルなお値段で買えるのかなって思ってしまいます。

今、チャイルドシートの取り付け方法によって2種類に分類されるって知っていましたか?

筆者

ISOFIX式とシートベルト固定式の2種類なのですが、何がどうちがうのか見ていきましょう。

ISOFIX

ISOFIX=アイソフィックスといいます。

ISOFIX式はシートベルトを使わないで設置するチャイルドシートです。

座席と背もたれの隙間に専用金具を使ってチャイルドシートを挿し込んで固定するタイプのチャイルドシートで、挿し込んで床部分で固定するという手順で、ママでも簡単に設置する事が出来ます。

ただ、2012年7月以前の車ですとISOFIXを取り付ける金具が付いてない可能性があるので、事前に確認する事が必要ですね。

筆者

シートベルト固定式

こちらのシートベルト固定式は従来通りのお馴染みのシートベルトに固定するタイプで、どの車にも対応しています。

例えば、普段はパパの車にチャイルドシートを着けているけど、実家で赤ちゃんを見てもらったりする場合実家の車にはチャイルドシートがないって場合がありますよね?

実家の車用にチャイルドを用意するほど使用頻度が多くないならわざわざ買わないで、パパの車に普段着いているチャイルドシートを着け替えて使いたい、という時にもどの車にも対応しているので便利です。

ただ、シートベルト式の難点は、装着が難しい場合があるのよね。。

筆者

私も経験がありますが、説明書を読んでもイマイチ理解出来ずに、これでいいのかな?と迷いながら着けてみたはいいものの、なんだか緩いって事があるんです。

正しい設置方法が分からないまま着けてしまった場合、実は設置方法が間違ったままずっと使用していたという事にもなりかねません。

もし一人で設置するのに自信がない時は、YouTubeで設置したいチャイルドシートを検索すると設置方法の動画がある場合があります。

または、購入したカーショップなどではその場でとり付けてくれる有料のサービスを行ているお店もあるようなので、設置の自信がない場合は前以てお店に確認してみるといいですね。

新生児のチャイルドシートおすすめ5選

チャイルドシートは新生児から小学校にあがっても使用しなくてはならない、お子さんにとったら長い間お世話になる命を守る大切な必需品です。

安全性に優れ、デザイン性にも優れていて、コンパクトで軽自動車にもぴったりで価格も満足!

そんなおすすめなチャイルドシートをご紹介します。

Joie チルト カトージ Katoji

Joieはイギリスのロンドン発祥のブランドです。新基準ECE R44/04適合で欧州安全基準をクリアしチャイルドシート専門の最高品質の工場で作られています。

新生児から4歳まで使えてカラーバリエーションも豊富、しかも価格がお安いのも魅力です。

シートベルト固定式ですが、取り付けも簡単でリクライニング機能もついているので、この価格なら満足だと思います。

Joie エブリステージ 3600

同じJoieのシリーズですが、エブリステージは新生児から12歳まで使えるというのが一番の大きなポイントです!

身長が140㎝に満たない6歳でシートベルトだけにしてしまうのは大変危険なためにジュニアシートなどを追加で買い足さなくてはなりませんが、エブリステージなら、これ一台で12歳まで使用できるのです。

成長に合わせてシートも変形しますので、お子さんの体型に合わせてベビーモード・ドトラーモード・ジュニアモードと3通りの使い方が出来る所もおすすめしたい理由です。

 

コンビ ママロン エッグショック

新生児から7歳まで使用できるので着用義務期間の6歳より長く使用する事が出来ます。

年齢や体型によって付け替えなくてはなりませんが、重さも5.3㎏と女性でも持ち運びしやすく付け替えも楽に出来ます。

シートも取り外しができて丸洗いできるので衛生的ですね。

 

タカタ アイフィックス

タカタはシートベルトやエアバックなどの部品も製造しているメーカーですので、安全性が高く信頼性がありますね。

対象年齢は新生児から4歳までとなっています。

タカタのアイフィックスはシートベルト固定式ではなくISOFIX式で取り付けもシートベルトを通さないのでとっても簡単です。

ベースの部分とシートが分離する設計になっているので、お手入れの時もシートのみを外せば簡単にできるのが魅力ですね。

 

コンビ チャイルドシート ウィゴーサイドプロテクション エッグショックLG

コンビといえば赤ちゃんブランドで一番といっていい位の知名度がありますが、赤ちゃんの専門のメーカーさんの物だと安心感がありますよね。

万が一事故に遭ってしまった場合を想定し、窓ガラスの破損から赤ちゃんを守る大きな側面「サイドプロテクション」と大きな衝撃から赤ちゃんの頭を守る「エッグショック」が大きな特徴です。

 

まとめ

赤ちゃんが産院から退院してくる時から早速使うチャイルドシートは、マイカーを所有しているなら必須のアイテムです。

新生児から6歳までは必ずチャイルドシートの着用が法で義務づけられていますので、その観点からもなるべく長く使えるものを選びたいところだと思います。

種類もシートベルト固定式とISOFIX式とあり、ご家庭のマイカーのタイプによって選ぶ必要があので、どのタイプがいいのか確認してみるといいですね。

車の運転はどんなに自分が気をつけていても事故に巻き込まれる可能性があります。

安全に安心なマイカーライフを送るためにも、赤ちゃんにとって快適なチャイルドシートを選んであげて下さい。


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.