子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

子供が歯磨きを嫌がる理由と楽しい歯磨きのヒント!

LIFE TURN
WRITER
 
子供が歯磨きを嫌がる理由と楽しい歯磨きのヒント!
この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE TURN
LIFE TURNは『ライフスタイル全般』に関する情報を提供する総合型Webサイトです。そして当サイトは『あなたのライフスタイルにちょっとした彩りを』というコンセプトを軸に運営しています。LIFE TURNを通して、一人一人のライフスタイルに「豊かな変化」が訪れるように情報を発信していきます。

私たちにとって当たり前の習慣として根付いているのが「歯磨き」です。

でも、子供にとっては歯磨きが当たり前だとわかっていない段階では、嫌がってしまうことも時にはあります。

子供が歯磨きを嫌がっているのに無理やりやらせるわけにもいかないので、ママにとってみたら悩みの種だと思います(苦笑)

でも、歯磨きを嫌がるにはそれなりの原因があるので、歯磨きを楽しくやってもらうためにもまずはそこを知る必要があると私は思うんですよね。

そこでこの記事では「子供が歯磨きを嫌がる原因」と「楽しく歯磨きをやっていくための工夫」を書いていきたいと思います。

子供はどうして歯磨きを嫌がるの?

歯磨きを嫌がる理由は、子供によって様々なですが代表的な理由が4つあります。

それが、

  1. 歯ブラシが口に入った時気持ち悪い
  2. 歯ブラシが歯茎に当たる
  3. 歯磨きの体制が苦しい
  4. ママの顔が怖い

上の4つになりますので、それぞれを解説していきますね。

1. 歯ブラシが口に入った時気持ち悪い

固くて味がない歯ブラシは、初めて口の中に入れた子どもにとっては異物です。

この異物を口の中に入れられて、動かされるのですから苦痛です。

なので、お子さんに初めのうちは歯ブラシを持たせて、自分で口に入れたり噛んだりして遊びながら歯ブラシに慣れさせてあげてください。

この時に喉を突いてしまうと危険なので、先端がゴムになっている乳児用の歯ブラシをお勧めします。

 

2.歯ブラシが歯茎に当たる

仕上げ磨きの時、急いで終わらせようとするとどうしても力が入ってしまいゴシゴシ磨いてしまいます。

すると、歯が生えていない歯茎まで傷付け、歯ブラシの固い部分が当たって痛がります。

一度、歯磨きで痛い思いをした乳児は次の歯磨きを嫌がってしまうのです。

嫌な思いをさせないために、やわらかめの歯ブラシを細かく動かし1本ずつ磨いてあげてください。

3.歯磨きの体制が苦しい

仰向けで口を開いたままの状態を続けると、唾液が口の中に溜まりそれを飲み込めなくて、とても苦しいのです。

また、前歯をキレイにするために上唇を持ち上げると、鼻をふさいでしまうこともあるので息苦しくなります。

歯を1本磨いたら少し休むか座った姿勢で磨くほうがやりやすい場合もあります。

私の娘の場合は、仰向けが嫌いで磨こうとすると口を開けるのを嫌がり、開けたとしても舌で歯ブラシを押し出してしまうので、向かい合って磨いた方が楽でしたね。

4. ママの顔が怖い

大切な歯を虫歯にしないようにと、真剣に歯磨きをしようとする大人の顔は幼児にとって怖いのです。

いつもは優しいママが歯ブラシを持ち怖い顔で近づいてきたら乳児は逃げます。

私は、これで失敗しました(苦笑)

逃げる娘を押さえつけ無理に磨こうとするので、娘も必死に抵抗する。

親子で汗だくになっての歯磨きは、まるで格闘技のようです。

それが毎日続けば、親にとっては憂鬱な歯磨きになり娘からすればママが豹変する楽しくない歯磨きになってしまいます。

歯磨きを楽しくする工夫とは?

それでは、歯磨きを楽しくする工夫にはどんな方法があるのでしょうか?

細かく見てきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1. 遊んでいる途中で歯磨きをしない

歯磨きは1日3回したいところですが、遊んでいる途中だと磨かせてくれません。

無理矢理磨くのではなく、ママが食後の歯磨きをしているのを見せると、自分もやりたいと思ってスムーズに磨けることがあります。

お子さんの歯磨きのタイミングを見ていくうちに、毎日の習慣が出来ていきます。

2.歯磨き粉を使ってみる

1歳までの赤ちゃんは水だけでも十分ですが、うがいが出来るようになったら味がある歯磨き粉を使ってみると、気分が変わって自分から歯磨きする子もいます。

色々なフレーバーがあるので、お子さんの好きなものを選んであげると喜びます。

ちなみに、我が家では必要以上に泡が立たない、液体状の歯磨きジェルも便利でした。

 

3.ママが磨いてもらう

お子さんと向かい合い、まずママが磨いてもらい次にお子さんを磨いてあげると遊びの延長のようで喜びます。

虫歯を作らないように歯磨きをすると教えても、歯痛を知らない赤ちゃんにはまだ理解できません。

遊びのようにママも楽しみながらする歯磨きは、お子さんも楽しいものになります。

4.たくさん褒める

お子さんが自分で磨いた後の仕上げ磨きの時、お口の中に磨き残しがあっても「上手に磨けてすごいね!」などと褒めてあげてください。

褒めてもらうと嬉しくて、お子さんも進んで歯磨きをするようになります。

5. 歯磨きの動画や絵本を活用する

スマートフォンなどで子供向けの動画を見ながら歯を磨いたり、虫歯や歯磨きの絵本を読み聞かせ楽しく歯磨きが出来る環境を作ってあげましょう。

例えば、今ではYouTubeで子供向けの動画なんて探せばいくらでもあります。

そういった動画を活用して一緒に歯磨きをやったりできますので、子供に歯磨きを押し付けるのではなく、寄り添う形でやっていくのが大切ですね!

6.歯科検診を受けましょう

定期的に歯科検診に行くと歯磨きの仕方も指導してもらえます。

また、お子さんも歯医者さんが怖い場所ではなくなるでしょう。

もしこの時に虫歯が見つかったとしても、小さな虫歯であれば治療は早く終わります。

ちなみに、私は子供の歯科検診と一緒に自分の定期検診も受けていました。

このようにお子さんが喜ぶ方法を見付けて、歯磨きタイムの苦痛が少しでも軽くなれば親子のコミュニケーションタイムにもなります。

 

まとめ

大人でも歯痛は辛いし、歯医者に行くのは苦手な人も多いです。

そして虫歯は自然には治りません。

乳歯が虫歯になると生え変わる乳歯にも影響があります。

歯が生え始めた早い時期から、歯磨きを親子のコミュニケーションと考えてお子さんの歯を守ってあげましょう。

自分の時間がない?共働き主婦で育児しながら上手く自分の時間を作る方法

 

それでは、読んでいただきありがとうございます。

ライター:moo


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE TURN
LIFE TURNは『ライフスタイル全般』に関する情報を提供する総合型Webサイトです。そして当サイトは『あなたのライフスタイルにちょっとした彩りを』というコンセプトを軸に運営しています。LIFE TURNを通して、一人一人のライフスタイルに「豊かな変化」が訪れるように情報を発信していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2018 All Rights Reserved.