美容・ホワイトニング・ライフスタイルの情報を提供する人気WEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

おすすめの抱っこ紐5選!失敗しない選び方と注意点について徹底解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

両手が自由に使えるから外出だけでなく、家事をするときにも重宝される育児アイテム「抱っこ紐」。

特に近場や人が多い場所だとベビーカーより便利だと愛用するママも多数。

快適な育児ライフを送るのに欠かせません。

けれどもメーカーが多い上に昔と違ってたくさんの種類があるから、どれを選んでいいか迷っていませんか?

今回は迷っているママの為におすすめの抱っこ紐5選をご紹介します!

抱っこ紐のタイプから選び方のポイントまで載っているので、ぜひ参考にしてみてください。

<スポンサードリンク>


抱っこ紐のタイプ

抱っこひとつにしても赤ちゃんの成長に合わせて抱き方が変わってきます。

その為、抱っこ紐のタイプも変わってくるので、月齢や使用目的に合わせて使い分けるのがおすすめです。

それでは早速どのようなタイプがあるのか見ていきましょう!

スリングタイプ

スリングタイプは新生児から使えるタイプの抱っこ紐です。

スリング一つで抱っことおんぶの両方に使え、授乳ケープ代わりにもなるので母乳で育てている方におすすめです。

また、コンパクトに収納できる上洗濯もしやすいというメリットがあります。

肩の片側から布をかけて袋状になった部分に赤ちゃんを入れるため、ママとの密着度も高く布に包まれたような状態になり、赤ちゃんが落ち着いてくれる効果があります。

ぐずりが酷い赤ちゃんにおすすめだね!

筆者

肩や腰への負担が軽いのもおすすめポイントです。

しかし慣れれば装着や脱着は簡単ですが、慣れるまでは使いづらく感じる人もいます。

特に首や腰が据わっていない新生児に使う場合は「怖い」と感じる人も多く、安全基準がしっかりしていない物だと、リングが破損したり布が破れたりして事故に繋がる場合もあります。

また、スリングの作り方や使い方によっては呼吸が妨げられたり、股関節脱臼にも繋がるので購入する際は安全基準がしっかりしたものを買いましょう。

スリングには日本ベビースリング協会が安全を保証した証としてSSマーク(セイフティースリングマーク)がついている物があります。

海外製の物だとヨーロッパのEN71やアメリカのASTM F2907-15などで安全基準が判断できます。

事故が起こってからでは遅いので、このような安全基準を満たしたスリングを購入しましょう。

 

スリングタイプの抱っこ紐は更に3つのタイプに分けることができます。

  • リング式

一番オーソドックスなスリングがリング式です。

リングでフィット感の微調整ができるようになっているので、安心して様々な抱き方ができるのが特徴です。

長さが調節できるので、体格の違うママとパパが共用できるのも嬉しいポイント。

しかしボリュームがあるので、かさばってコンパクトにしまえないというデメリットがあります。

  • バックル式

あらかじめ長さ調節ができるバックル式は初心者にオススメです。

装着・脱着が比較的簡単なのも良いところ。

バックルで中の赤ちゃんを固定するタイプもあります。

しかしバックルの存在感が中々大きく、体に当たって違和感を感じる人もいます。

  • チューブ式

一枚の布を縫い合わせただけのチューブタイプはとてもシンプルで持ち運びに便利なのが特徴です。

長さの調節ができないのでサイズ選びが肝となりますが、毎回長さを調節しなくて良いというメリットがあるので着脱は一番楽です。

 

そのままおくるみとして寝かせることもできるスリングタイプは、寝かしつけるのにとても便利です。

最近はオシャレなものも多いので、ご自身に合ったタイプのスリングを探してみてください!

横抱きタイプ

こちらも新生児から使える抱っこ紐です。

ヘッドサポートがついた縦抱きタイプの抱っこ紐も最近では出てきていますが、赤ちゃんは首が据わるまでは原則として横抱きにします。

 

生まれたばかりの赤ちゃんはとても小さく、どこを触ってもフニャフニャ。

初めて抱っこするときって少し怖いですよね。

横抱きタイプの抱っこ紐は赤ちゃんを水平に寝かせたまま抱っこできるので、新米ママには安心なタイプです。

抱っこしている最中に寝てしまっても、そのまま下すことができるのも嬉しいポイント。

しかし横抱きの為赤ちゃんの成長と共にサイズが合わなくなっていくので、使用期間が短いというデメリットがあります。

横抱きタイプの適用月齢は新生児から6ヶ月と言われていますが、3ヶ月程たって首が据わってくると縦抱きタイプに変更できるので、3ヶ月だけだとすると使用期間はとても短いです。

また、横抱きタイプは基本的に片手で赤ちゃんを支えるので、家事や遠出の外出、買い物には不向きです。

しかし先ほども述べたように、横向きに寝かせた状態で抱っこするので赤ちゃんを寝かしつけるのにはとても最適です。

また、赤ちゃんの首への負担を気にすることなく使える横抱きタイプは、初出産で不安だらけの新米ママの気持ちを軽減してくれるでしょう。

縦抱きタイプ

外を歩いていると一番よく見かけるのが縦抱きタイプではないでしょうか?

基本的に首が据わった後から使用できますが、最近では首がカックンするのを防止してくれるヘッドサポートが付けられるタイプがあり、首が据わる前からも使用可能です。

腰ベルトがついているので、ママの肩への負担が軽くなります。

そして縦抱きの抱っこ紐は赤ちゃんがママの方を向いている対面向きと、ママと同じ方向を向いている前向きがあります。

対面抱っこはママが赤ちゃんの顔を見れるということだけでなく、ママの心臓の音が聞こえるので赤ちゃんも安心できます。

人込みや街中を歩く時に赤ちゃんの顔が見えるのは安心するよね。

筆者

前向き抱っこはパパと一緒にお出かけするときに最適です。

赤ちゃんが前を向いているので、ママだけが顔を合わせてる対面抱っこよりもパパとのコミュニケーションが増えます。

相手をしてくれる人が増えることは、赤ちゃんにとっても刺激になり発達にいい影響を与えます。

また、横抱きと違って両手が空くので赤ちゃんを抱きながら両手で荷物を持つことも可能です。

ちょっとした家事や用事を済ませることができるので、忙しいママにぴったりです。

<スポンサードリンク>



おんぶタイプ

こちらは首が据わる生後3ヶ月ぐらいから2歳ぐらいまで使用できるタイプの抱っこ紐です。

赤ちゃんの顔が見えないという欠点はありますが、背中でおんぶすることによって身軽になり、洗濯や掃除などの家事がやりやすくなります。

目を離すことなく家事に取り組めるからママも安心♪

筆者

そしておんぶ用に設計されている抱っこ紐は、赤ちゃんを高い位置でおんぶできるようになっているので、ママの体への負担も軽減されます。

赤ちゃんは高い位置で支えられているので、視界が広くなり色々な物を見ることによって知的好奇心を育むことができます。

普段と違った景色をみることはとても刺激的になり気分転換にもなるので、赤ちゃんがぐずったときはおんぶがおすすめです。

また、縦抱きタイプはどうしてもママやパパの胸やお腹が盛り上がっている為しがみづらく、赤ちゃんは吊り下げられている状態になります。

おんぶは赤ちゃんのお尻を支えるだけなので、しがみつく姿勢をとることによって体幹が鍛えられ、姿勢のいい体作りに繋がります。

選ぶ時のポイント

赤ちゃんの成長と共に抱っこ紐を使い分けたいとはいえ、安くない買い物。

失敗は避けたいですよね。

購入する際はどんなポイントに注意して見ればいいのか、抱っこ紐の選ぶ時のポイントをご紹介します!

  • 素材の通気性

赤ちゃんは大人よりも暑がりで汗っかきです。

特におんぶや抱っこをしている時はママとの密着度も高いので、通気性が悪いと暑がって泣いたり汗疹の原因にもなるので通気性の良い物を選びましょう。

  • 肩や腰への負担が少ない

腰ベルトがあるかないかでママの体への負担が大きく違います。

腰ベルトがないと肩に赤ちゃんの全体重がかかるので、長時間抱っこするのは大変です。

また、肩にクッションが付いていると紐が食い込むことがないので、選ぶ時の参考にしてみてください。

  • 安定感

作りがしっかりして安定感があると両手を使っての作業もしやすいのです。

買い物時など安心して両手を使えるので、安定感のある抱っこ紐はママの満足度も高いです。

  • 使い勝手のよさ

多機能な抱っこ紐が増えている分、使い方が難しい場合も…。

特に着脱のしやすさは購入前にぜひチェックしておきたいポイント。

パパも使う場合はベルトの長さ調節が容易かどうかもぜひ見てみてください。

  • サイズ調整の幅広さ

人によって楽な姿勢はことなり、特にパパと兼用する場合は調節できる幅が広い物を選ぶといいでしょう。

  • 類似品に注意する

あまり安いとは言えない抱っこ紐、ついつい安く売っている物に手を伸ばしがちですが、有名なメーカーや人気の抱っこ紐は類似品や偽造品が存在するので注意が必要です。

安全性の問題に繋がるので、不安な方は正規取扱店や公式サイトから購入しましょう。

また、安全性を保障するSGマークの有無の確認も忘れずに!

激安販売されているものには注意しよう!

筆者

抱っこ紐のおすすめ5選

様々なメーカーから様々なシリーズの抱っこ紐が商品として出ていますが、ここではそんな沢山ある抱っこ紐のなかでも特におすすめな5つの抱っこ紐をご紹介します。

自分のしたい抱き方や生活スタイルを考慮して、ぜひ参考にしてみてください!

アップリカ 「コランハグ」

横抱き、縦抱き、おんぶもできちゃう5wayの「コランハグ

付属の新生児シートを使えば横抱きができるので、首が据わる前は水平に寝かせたいママにはおすすめです。

日本人の体にフィットするように作られているので疲れにくいようになっています。

また、様々な抱っこに対応できるので、赤ちゃんの成長と共に自然な姿勢をサポートしてくれます。

使用期間: 0ヶ月 ~ 36ヶ月
洗濯: 丸洗い可能
抱っこスタイル: 横抱っこ、縦抱っこ、対面抱っこ、おんぶ、腰抱っこ
<スポンサードリンク>


エルゴベビー 「アダプト」

動きやすさと快適さを追求したデザインが人気で定番のエルゴベビーの中でも、おすすめなのが「アダプト

ママやパパの体に合わせられるだけでなく、赤ちゃんの体にも合わせられるので自然な姿勢を維持できます。

赤ちゃんの体重をバランスよく分散できるようなデザインになっているため、腰や肩への負担が他の抱っこ紐より少ないのがポイントです。

エルゴベビーの中でもアダプトシリーズは、インサートなしでも新生児から使えます!

使用期間: 0ヶ月 ~ 48ヶ月
洗濯: 丸洗い可能
抱っこスタイル: 縦抱っこ、腰抱っこ、おんぶ

 

napnap(ナップナップ)「Basic」

napnapの嬉しいところは何と言ってもリーズナブルでコスパがいいところ!

有名メーカーは2万円近くするものが大半ですが、こちらの「Basic」はおよそ1万円弱で買えるのでお財布にも優しいです。

値段は安価ですが、しっかりとママのニーズに応えた機能が満載。

汗っかきの赤ちゃんが快適に過ごせるように、背中部分のメッシュはファスナーで切り替え可能です。

特に口コミで評判がいいのがファスナー付きのでっかいポケットがついていること!

携帯や財布が入れられるようになっているので、近場のお出かけなら手ぶらでも大丈夫です。

使用期間: 4ヶ月 ~ 36ヶ月
洗濯: 丸洗い可能
抱っこスタイル: 対面抱っこ、おんぶ

 

ベビービョルン 「ベビーキャリア ONE KAI Air」

メッシュ素材だけで作られた「ベビーキャリア ONE KAI Air」は通気性が抜群。

洗濯した後も乾きやすいので、暑くて湿気の多い日本にぴったりです。

大きめのショルダーパッドが肩の負担を減らしてくれるのも嬉しいポイント!

ショルダーパッドは3Dメッシュを採用し、快適に抱っこができるようになっています。

使用期間: 0ヶ月 ~ 36ヶ月
洗濯: 丸洗い可能
抱っこスタイル: 横抱っこ、縦抱っこ、対面抱っこ、おんぶ

 

Buddy Buddy (バディバディ) 「おしりSUPPORi」

おでかけにぴったりな軽量かつコンパクトな「おしりSUPPORi

その軽さはたったの80グラム!

スマートフォンよりも軽いので、携帯用として2つ目の抱っこ紐にぴったりです。

伸縮性のあるメッシュ素材でできており、フィット感も抜群です。

使い方もとても簡単で、デザインもシンプルなのでパパも抵抗なく使えるでしょう。

使用期間: お座りできる頃 ~ 24ヶ月
洗濯: 丸洗い可能
抱っこスタイル: 対面抱っこ

まとめ

ママも赤ちゃんも快適に過ごす為にも抱っこ紐は育児の必需品。

赤ちゃんの成長に合わせ、抱っこ紐のスタイルとタイプを変えましょう。

そして購入する前は選ぶ時のポイントに優先順位をつけることをおすすめします。

ママの生活スタイルや体形によって合う抱っこ紐が変わるので、人気だからと言って流されずに自分に必要な機能が付いているかどうかなど確認してください。

また、購入する際は必ず試着することをおすすめします。

自分と赤ちゃんにぴったりの抱っこ紐をみつけて快適な育児ライフを送ってください!


つまらない日常を楽しくしよう!


もしも、今あなたが、
  • 何か人生の暇つぶしを探してる
  • 趣味がないから趣味を見つけたい
  • お金がかからない方法で日常を楽しくしたい
という思いを持っているなら「動画配信サービス(VOD)」を利用するのがおすすめです。

自宅にいながらアニメやドラマ、映画を大量に観れますので新しい趣味になります。

さらに動画配信サービスは『無料トライアル期間』も充実していますので、その期間を利用して思う存分、あなたに合ったドラマや映画を楽しみましょう!

家事の負担を格安で解決する方法!

「家事が辛すぎる…」という意見をよく耳にしますし、実際にその状況になっている方も多いでしょう。

しかし、はっきりと言います。

『その家事、自分でやる必要ありますか?』

家事は自分が手間暇かけてやる必要はありません。「人に任せられる仕事」です。

今は格安で家事を人に任せられるサービスがあります。家事に割いていた時間をパッと無くして、趣味や旅行を楽しむ「自由な時間」を手に入れましょう!
<スポンサードリンク>
 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.