子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

幼稚園での保護者の服装、どんなものがふさわしい?シチュエーション別に解説

WRITER
 
幼稚園 保護者 服装
この記事を書いている人 - WRITER -

子供の送り迎えの他にも、保護者が幼稚園に顔を出す機会は色々あります。

そんな時に困るのが「服装」ですよね。

どんな服装をしていくのがベストか、毎回頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

幼稚園での保護者の服装について、シチュエーション別にご紹介していきます。

筆者

シチュエーション別・幼稚園での保護者の服装①幼稚園の面接

幼稚園の面接は「受験ありの面接タイプ」または「受験なしの面談タイプ」の大きく2つに分かれます。

「受験ありの面接タイプ」では親の子供への接し方を見ている場合もありますので、親もできるだけ服装には気を使いましょう。

「受験なしの面談タイプ」はあまり堅苦しい雰囲気ではないと思いますが、保育園の方と個別に顔を合わせる大切な行事ですのでできるだけ良い印象を残したいですよね。

どちらの場合も両親が参加するパターンが多いですが、都合により片親のみということも普通にあります。

幼稚園の雰囲気によって服装が変わってくる場合がありますので、実際にお子さんが通っている人が身近にいれば確認してみましょう。

筆者

以下は一例として参考にしてみてくださいね。

「受験ありの面接タイプ」の保護者の服装

母親の服装

基本的にはスーツスタイルまたはワンピースがおすすめです。

スーツでスカートタイプの場合は膝が隠れるくらいの丈で、ビジネス系すぎるものよりは柔らかく見える印象のものを選びます。

ワンピースの場合も同じく膝が隠れるくらいの丈を心掛け、短すぎたり長すぎたりするものは避けましょう。

子供が動き回るので、動きやすいようにパンツスーツを選ぶという方法もありますよ。

靴はヒールが高すぎず、露出が少ないものがベターです。

髪はロングの場合、すっきりまとめるとより印象がよくなります。

父親の服装

基本的には無地のビジネススーツで、黒やグレー・濃紺など落ち着いた色のものがベストです。

ネクタイも無地かシンプルな柄のものを選び、派手な柄のものは避けましょう。

ソックスはスーツに合わせたダークカラーで揃えます。

フォーマルな服装では「足首が見えない」というのが条件ですので、事前にスーツの丈やソックスと合わせたときの見え方を確認しておくと安心ですよ。

靴は革靴を選び、汚れや傷がないか確認しておきましょう。

受験なしの面談タイプ

母親の服装

  • スーツの場合

スーツの場合、ビジネス寄りすぎない柔らかい印象のものを選ぶとよいでしょう。

ダークネイビーなどの色味を選ぶと、フォーマルながらも上品にまとまりますよ。

スーツは他にも使える機会がありますので、一着揃えておくと便利です。

スカートの場合は膝が隠れるくらいのものにしましょう。

靴はヒールが高すぎないものを選ぶのがベストです。

  • カジュアル系の場合

カジュアル系の場合は、ワンピースにジャケットを合わせたスタイルがおすすめです。

ワンピースはジャケットに合わせたものを選ぶと、上を脱いだ時も印象がよくまとまってみえますよ。

中に合わせるシャツなどを揃えなくてもよいというメリットもあります。

丈は膝が隠れるくらいで、長すぎず短すぎずのものがよいでしょう。

他には襟付きのシャツにスカートやパンツスタイルなど、きれいめの恰好もおすすめです。

靴はヒールが高すぎない、きちんとした印象のものを選んでみてくださいね。

父親の服装

  • スーツの場合

一般的な幼稚園とはいえ、面接ですので「ビジネススーツ」を無難な選択として選ぶ方も多いです。

グレーや濃紺など落ち着いた色がベターで、逆にフォーマルすぎるものは避けましょう。

場合によってはノーネクタイでも大丈夫です。

靴下はダークカラーで、靴は革靴を合わせましょう。

  • カジュアル系の場合

カジュアルなものを選ぶ場合は、「Yシャツ」と「チノパン」の組み合わせが好印象です。

Yシャツは白や黒など落ち着いた色を選び、派手な柄のものは避けましょう。

チノパンも同様に派手な色や模様などカジュアルすぎるものではなく、黒やベージュなどがベターです。

靴はできれば革靴を選び、カジュアルとはいえどもきちんとした印象と清潔さを心掛けてくださいね。

注意点

カジュアル系にする場合は両親ともに、デニムやスウェットなどラフすぎる恰好は避けた方が無難です。

その幼稚園のカラーにもよりますが、なるべくきれいめな印象のものを選ぶとよいでしょう。

シチュエーション別・幼稚園での保護者の服装②プレ幼稚園

プレ幼稚園とは、入園前にその幼稚園でやっていることを体験できる制度のことです。

お遊戯や体操・お絵描きなどやることは幼稚園によって様々なので、気になる場合は事前に問い合わせてみましょう。

その幼稚園で実際にどんなことをするのかということや、
お子さんが幼稚園に行ったらどんな感じになるのかが分かりますので、とてもおすすめですよ。

筆者

服装は事前に幼稚園から案内がある場合もありますので、よくチェックしてみてくださいね。

プレ幼稚園は基本的に平日の日中に行われるので、母親の方が参加する場合が多くなります。

プレ幼稚園での母親または父親の服装

基本的に「動きやすく、汚れてもよい服装」を選びましょう。

子供と一緒に動き回りますので、上がシャツに下がパンツなどラフな服装でもOKです。

パンツはデニムでも大丈夫ですが、ワイドパンツなどを選んでみてもよいですね。

おしゃれにも気を使いたいというママの場合は、トップスの見えるインナーにレースを使ってみるなど、色々工夫してみましょう。

ヘアスタイルもきれいにまとめて一点きれいめのヘアアクセサリーを付けてみると、動きやすくおしゃれな印象になります。

シチュエーション別・幼稚園での保護者の服装③入園式・卒園式

入園式や卒園式はお子さんの成長が見られる一大行事です。

お子さんの晴れ姿には感動もひとしおでしょう。

親として、子供の姿を最後までしっかり見守りたいですよね。

筆者

入園式や卒園式の服装は、母親・父親ともにフォーマルな印象のスーツを選びましょう。

子供が主役ですので、基本的にはそれよりも目立たない印象のものがベストです。

入園式と卒園式とで同じスーツを着用してもよいですが、注意したい点があります。

入園式より卒園式の方が「フォーマル度が高め」という点です。

そのため卒園式では上下ダークカラー、逆に入園式では明るめの色を選ぶという方が多いので参考にしてみてくださいね。

母親の服装

入園式の場合は、ベージュなど明るめのカラーのスーツを選ぶのがおすすめです。

派手な色味でなければOKですので、薄いピンクなどでもよいでしょう。

カジュアル系の場合でも、襟付きのシャツとスカートまたはワンピースなどきれいめの恰好がベターです。

子供が主役ですので派手な柄は避けて、ノーカラージャケットを羽織るなどセミフォーマルを意識してくださいね。

スカートは膝が隠れるくらいの丈で、長すぎたり短すぎたりするものは避けます。

卒園式の場合は、ダークネイビーや黒などのダークカラーを選びましょう。

ダークカラーのワンピースにジャケットスタイルでもOKです。

また、入園式・卒園式ともに公の場ですのでストッキングはベージュで、靴はヒールが高すぎないものを選びましょう。

合わせるバッグもフォーマルなものを一点用意しておくと長く使えますよ。

父親の服装

入園式でおすすめなのはネイビーや濃いグレーなどダークカラーのスーツです。

できれば無地のものがベターですが、柄ならシンプルなものを選びましょう。

父親の場合は卒園式も同じくダークカラーのスーツがベストです。

近年ほとんどの方が礼服ではなくスーツを着るようになったので、礼服だと浮いてしまう可能性があります。

ネクタイは派手な色味や柄は避けて、シンプルなものを合わせるのがおすすめです。

逆に黒一色だとお葬式のイメージになってしまうので避けてくださいね。

白一色も主催者側が付けるもののため、別の色を選びましょう。

靴下は足首が見えないロングタイプのダークカラーで、それに革靴を合わせます。

シチュエーション別・幼稚園での保護者の服装④保護者会

保護者会とは、保育士の先生から日頃の子供や幼稚園の様子を教えてもらえる会のことです。

幼稚園によって内容は異なりますので、気になるようならば問い合わせしてみることをおすすめします。

フォーマルな行事ではないとはいえ、他のお母さんたちと顔を合わせるので服装は気になるところですよね。

筆者

幼稚園によって雰囲気は異なりますので、お子さんが同じ幼稚園に通っている知り合いがいれば確認してみましょう。

他には事前に幼稚園に確認してみるか、初回で様子を見てその後合わせていくというのもおすすめです。

保護者会の服装

基本的には「フォーマルすぎない」「露出しすぎない」というのを心掛けたきれいめの普段着であれば大丈夫です。

アンサンブルにパンツスタイルだと、きれいめかつそこまでかしこまった印象にならないためおすすめですよ。

ブラウスに膝丈スカートや、シャツワンピースなどのスタイルもよいでしょう。

派手な色味や柄は浮く可能性もありますので、避けた方が無難です。

幼稚園によってはジーンズなどラフな格好でもOKですので、様子を見て合わせてみてくださいね。

まとめ

幼稚園 服装 保護者

幼稚園での保護者の服装は「間違った選択をしてしまうと子供にも影響があるかも」と、不安を感じている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

どうにか浮かずに溶け込みたいところですよね。

幼稚園によって雰囲気は様々ですので、それに合った服装を心掛けるのが大切です。

その他にも「フォーマルな場ではどういった服装がふさわしいのか」という基礎を、事前に学んでおくのもおすすめですよ。

そういった知識は幼稚園以外の場でもきっと役に立ちます。

ぜひお子さんと一緒に楽しい幼稚園生活を過ごしてくださいね。


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.