子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

育児疲れを解消する方法は?育児疲れの原因や解消方法を徹底解説!

WRITER
 
育児疲れを解消する方法は?育児疲れの原因や解消方法を徹底解説!
この記事を書いている人 - WRITER -

なんだか最近、疲れが取れないなぁ。

最近はちょっとしたことで、イライラしてしまうな。

あなたは現在、そんな状態になっていませんか?

ソレ、実は育児疲れかもしれません。

たしかに疲れているかもしれないけど、そんなに?

だって、子どもは可愛くて仕方ないのよ?

友人

可愛いと思えることはとても良い事です!しかし、疲れは蓄積すると、取り返しのつかない事になりかねません。

子どもが可愛いと思える今、ちょっとだけ自分の状態を確認してみませんか?

筆者

育児疲れの症状と度合いをチェック

どんなに痛い思いをして、可愛いわが子でもお母さん自身が疲れていると、可愛さも接し方も大きく変わってきます。

手遅れになる前に、自分でチェックをしましょう!

  • 最近、話相手がいない
  • 不眠症状がある
  • 何もやる気が起こらない
  • 育児に悩んでいる
  • イライラする事が増えた
  • ちょっとした事で悲しくなり、涙がでる
  • 食欲が減ったり、増えたりしている
  • マイナス思考になっている
  • 育児も家事も完璧でありたい

上記のチェックリストにあなたはいくつ当てはまりましたか?
チェックが3つ以上だったら要注意です。

また、チェックが半分以上も当たはまるなら危険度は高いです。

場合によっては、カウンセリングや医師の手助けも必要になるかもしれません。

(引用:育児疲れサプリ

育児疲れはほとんどのお母さんが悩むものなので「こんな弱いお母さんじゃダメだ!」なんて自分を責めないでください。

でも、自分ではなにが原因かがちょっとよく分からないの。

友人

そんなお母さんの為に、育児疲れの背景や原因などを詳しく見ていきましょう。

育児疲れになる社会的背景

実は、社会的な背景が育児疲れに大きく関わっているのです。

たくさんあるうちから3つの背景をご紹介します。

  1. 核家族化・地域との交流不足
  2. 情報収集の簡易化
  3. 母親への負担は変化なし

グサッとくる人もいるのではないでしょうか。

まさに、私に全て当てはまることです。

そんなお母さんが多いからこそ、背景や原因を確認をしていきますね。

筆者

育児疲れになる社会的背景①:核家族化・地域との交流不足

昔は「入籍」といって、元々男性が在籍する籍に、女性が入るというのが主流でした。

しかも、専業主婦も当たり前のように存在しました。

ですので、長男の家に嫁いだらもう家には旦那の両親がいて「子どもを産んだら、祖母が見てくれる、手助けをしてくれる」という状況が当たり前な流れになっていたのです。

しかし、現代は核家族と言って、世帯の中に夫婦のみ・夫婦と子どもという、子育てへの手助けがなかなか得にくい状態が主流になってしまいました。

そして、男女共同参画社会の影響で、働きに出るお母さんが増えてきて専業主婦も少なくなりました。

旦那が転勤のある会社に勤めていると、「どうせ転勤するから」と、地域との交流も少なくなっているのが現状です。

ははは、私のことですね(笑)

筆者

その状態で、子育てをしていくと息が詰まった時に、なかなか対処法が見つからなくなることがあります。

特に、転勤族の人は地域との交流はもちろんですが、両実家とも疎遠になりやすくなっています。

実家を移動させることはできないので、地域と交流を持つようにすると少しは楽になるのかもしれません。

地域では少なからず、赤ちゃん・子ども歓迎の行事が用意されていますので気が向いたら出席してみましょう!

筆者

育児疲れになる社会的背景②:情報収集の簡易化

近年、色々な技術が急激に進んだために、生活が便利になっていますよね。

特に私が便利になったと感じるのは、携帯電話です。

私の親が初めて持った携帯電話は、電話の機能だけでした。

それが今は、ゲームの機能もパソコンの機能も、オーディオの機能もいろんな機能を備えています。

昔だったら、「子どもは鼻水たらしてお外が一番!」なんて言われていたものです。

それも今までは、調べたかったら本屋か図書館、専門医に聞くなどの手間がかかったことも、寝る前に布団の中で調べられるようになりました。

その事が、他人と比較しやすくなったり、不安につながりやすくなってしまうのです。

「子どもは鼻水たらしてお外が一番!」なんて聞いたことないけど?

友人

私のお母さんの実家付近での合言葉だったみたいですよ。

筆者

便利な社会になるのはありがたいですけど、育児書や他人の子育てや成長は「参考」までに留めておいてくださいね!

育児疲れになる社会的背景③:母親の負担は変化なし

イクメンと呼ばれる父親が増えている中でも、なかなか変化が起きないのが母親への負担です。

子育てはもちろん、家のことも母親が担っている家庭は多いです。

それに、仕事が入ってきたら母親は体も時間も足りない状態になってしまいます。

働き方改革などがあっても、なかなか母親の負担が減る事はありません。

旦那に育児のために休み取って欲しいなんて言えないし、定時で上がって欲しいとも言えないもの。

友人

早く帰ってきてほしいけど、出世に関わるなんて言われたらもう…ですよね。

筆者

育児疲れの原因とは?

育児をしていると、疲れがとれないまま翌日に持ち越して、疲れが残ったまま、また疲れる…そんな日が続いていませんか?

しかも、疲れる理由が一つならどうにか対処ができるものの、いくつも重なるので対処ができなくて、最近何もやる気が起きない。

そんなことはありませんか?

一つの事に疲れて回復できない事はまれで、だいたいはたくさんの疲れが重なって溜まってしまうのです。

原因は1つだけじゃないのね。

友人

そうなんです。

育児疲れの原因となるものを3つの種類に分けて見ていきます。

  1. 体力的に疲れる
  2. 精神的に疲れる
  3. 時間が足りない

育児疲れの原因①:体力的に疲れる

一番最初に疲れを感じるのは「体」です。

これは、ただ疲れるだけでは、休むことができれば回復するのですが、育児中ではなかなか休むことができないのが現状です。

出産後の母親の体は、

  • 出産で消費した体力が回復していない
  • ホルモンバランスが崩れている
  • 免疫が無くなっている

など、たくさんの問題を抱えています。

その問題を抱えたまま3~4時間おきの授乳や夜泣き期間に突入するため、睡眠不足になってしまいますよね。

昼寝もしたいけれど、「家にいる」という理由だけで「家事もしっかりしないと!」と思ってしまい、昼寝もせずにお掃除を始めてしまったり…

睡眠不足も解消できないままだと、体調が悪くなってきます。

そんな、体調不良になった時すら、母親業は休めないので尚更、悪くなるばかりの悪循環なのです。

体調が悪くても、子どもは待っててくれませんので、母親は大変なまま過ごさないといけないんですね。

筆者

育児疲れの原因②:精神的に疲れる

体が疲れても、動けるのは精神が踏ん張っているからですよね。

ですが、子育て・家事に忙しい母親の精神はどんどん削られていきます。

育児書や他の家の子どもと比べてしまって「うちの子、成長遅いな…病気なのかな」とか「あそこの奥さんは、家事も完璧なのに」とか、比べて自分を非難してしまうこともあります。

また、結婚していない友達のSNSを見て、友達のキラキラしてる姿と比べてしまうこともまります。

比べても仕方がないと分かっていても比べてしまうのは、弱っている証拠です。

旦那が手伝ってくれれば、少しは楽になるのに、仕事の日は拘束時間が長いために手伝ってもらえない。

休みの日は「休みの日くらい、休ませてくれ」と言われて、完全に子育てに対して戦力外。

「私はいつになったら休めるの?」と、段々と何もしたくなくなってきます。

私は、子供二人を頑張って一人でお風呂に入れて、服着せたり、子どもたちの体にクリーム塗って保湿したり、授乳したり。

子どものことを優先していたら、ある日旦那に「ほうれい線がヤバい。ババアになったね。」と言われ、精神崩壊しかけました

筆者

頑張ってたのに、旦那の無神経な言葉に傷付く事、多いよね~

ひつじー

精神的に弱ってしまうのが1番危険です。

育児疲れの原因③:時間が足りない

やらなければいけない事もたくさんあるのに、子どものペースに巻き込まれて何もできないまま時間ばかりが進む事も多いですよね。

しかも、やらければならない事は多い上にチョー細かい

チェックリストに書いた方がいいんじゃないかと思うくらいの量ですよね。

自分の時間すらないのに、やりたいことも、やらなきゃいけないこともできない。

それが、またストレスになることによって、疲れてしまうんです。

やりたいことも後回しにしているのに、やらなきゃいけないことも進まないなんて、本当に地獄ですよね。

でも、子ども優先にしているお母さんは偉いと思いますよ!

筆者

育児疲れの3つの症状とは?

あなた今、どんな症状で悩んでいますか?

少なからず疲れが取れない状態だったり、倦怠感がとれずに悩んでいる状態ではないでしょうか?

育児疲れの症状の典型的なものを段階的にまとめてみました。

  1. 育児疲れの症状の始まり
  2. 育児疲れの症状からの逃げ時
  3. 育児疲れの症状との戦い時

この3つの段階について解説していきます。

育児疲れの症状①:育児疲れの症状の始まり

最初は、普段の生活からもよく見られる症状から始まります。

  • 疲れが取れない
  • 疲れているのに眠れない
  • 眠っても眠ってもまだ眠い(眠りすぎる)
  • 食欲がない
  • 暴飲暴食をしている

この症状くらいでは「最近、疲れているのかな?」と、簡単に回復できるように思いがちです。

ですが、この症状から回復する事が困難でもっと重くなってしまう人が多いのです。

「この程度」と思っても、休める時に休むようにしてください。

育児疲れの症状②:育児疲れの症状からの逃げ時

次に、疲れが慢性化してしまい体動かなくなったり、感情がコントロールできなくなります。

  • 常にイライラしてしまう
  • 些細な事で感情が爆発してしまう
  • 急に悲しくなったり、涙が出てくる
  • 何もしたくない・無気力(やらなきゃとは思う)
  • 頭痛・肩こり・歯痛

まだ、「やらなきゃ」「どうしてこうなんだろう」と考えることはできますが、状況は悪くなる一方です。

感情のコントロールができないほど、心身ともに疲れ切ってしまっています。

また、肩こりからくる頭痛や歯痛は精神を弱くさせますし、回復は遠のいてしまいます。

この状態になったら、周りに助けを求めないと悪化していきます。

逃げ時のタイミングですね。

育児疲れの症状③:育児疲れの症状との戦い時

もう自分の力や周りの協力では回復が見込めなくなった状態です。

  • うつ病
  • 不眠症
  • 不安障害
  • 慢性的な頭痛からくる吐き気

この症状が見られたら、専門機関の協力が必要です。

なかなか、精神科は受診しにくいという方は、保健師さんに相談から始めてみてもいいです。

カウンセリングは「病気」を治すための行為ではなくて、「今の自分と向き合う」行為と思ってくださいね!

筆者

育児疲れが悪化しやすい人の特徴

実は、育児疲れをしていても上手く解消をしている人もいます。

じゃあ、なんで私はうまく解消できないのかしら?

友人

もしかしたら、上手く解消ができないタイプなのかもしれません!

筆者

上手く解消ができないと、どうしても悪化してしまいます。

  • 実家や親戚と距離が離れている・連絡をあまり取り合わない
  • 地域の人達と疎遠
  • 旦那が忙しく協力を得られにくい
  • 完璧主義の努力家

このタイプの方は、育児疲れが取れず悪化しやすい傾向にあります。

特に「完璧主義者の努力家」の人は、完璧を求めるあまり自分の事を後回しにしやすく、疲れていても努力でどうにかしようと頑張ってしまいます。

それが、疲れを悪化してしまう原因なのです。

育児疲れの解消法

手遅れになる前に、育児疲れを解消できたら…

上手く解消しながら、日々を過ごせたら…

そんな風に思っているあなたに、解消方法をいくつかご紹介します。

まずしてもらいたいことは、何が辛いのかを書き出してみることです。

何が辛いのかを書き出してみることで、原因と対処法が分かってきます。

そして、自分に合った解消方法を選んでください。

  1. 自分を変える方法
  2. 周囲に助けを求める方法
  3. 簡単に気分転換をする方法
  4. 家族で取り組める方法
  5. 自分を上げる方法

育児疲れの解消法:自分を変える方法

「相手を変えるより、自分を変える方が簡単」と言う言葉を聞いたことはありますか?

疲れる原因の子どもを、自分の疲れを取ってくれるように育てるなんて不可能に近いですし、旦那の性格を変えてもらうなんてもっと無理な話なのです。

そうなったら、自分を変えるしかありません。

その方法と言うのは

  • 完璧を求めない
  • ポジティブになる

この2つだけです。

完璧を求めない

完璧にゴールはありません。

完璧だと思っても、「どこか気になる・もっとできるんじゃないか」という向上心がこのタイプの長所であり、短所でもあります。

完璧を追い求めるあまり、自分の体の限界サインを見逃してしまったり、無視してしまい取り返しのつかない事になってしまう場合。

限界サインを理解し「なんで自分は」「こんなんじゃ」と自分を責めてしまう場合。

どちらの場合も、心身共にダメージを受けるのがはやくなります。

完璧主義をやめて、うまく手を抜くことで心身ともに元気になるのであれば、そちらの方が絶対得策ですね!

筆者

ポジティブになる

先に触れた、「なんで自分は」と思ってしまう人に特に意識して頂きたいのが、ポジティブになる事です。

体が限界のサインを出すという事は、頑張った証なのです。

「ちょっと頑張っちゃた。さすが自分!」や「私ってば、すごいわ」など、自分を褒めてあげましょう。

今の自分を受け入れることで、気持ちが軽くなります!

筆者

育児疲れの解消法②:周囲に助けを求める方法

自分一人で頑張ろうとしてしまうと、首も回らなくなってしまって辛い思いをしてしまいます。

地域の人に頼めるのであれば、差し伸べてもらえる手が多い分、楽にはなりますが現実には難しいですよね。

ですが、実家や旦那には甘えやすいのではないでしょうか?

周囲の助けを求め、行いたいことはいくつかあります。

  • 人と話す
  • 一人の時間を作る

この2つはとても大切です。

人と話す

一人で頑張った時も、一人で抱え込んで時も是非していただきたいのは、人と話す事です。

頑張ったなら「頑張ったんだよ」と言い、「頑張ったね」と言ってもらう。

抱え込んでしまったなら話を聞いてもらう。

実家が遠いなら、電話で話を聞いてもらうことも考えてみてもいいです。

私は、大声を出して子どもを怒鳴りたくなったら、母親に電話をします。

すると不思議に「何で怒ってたんだっけ?」と思います。

空気が変わるからか、子どもも静かになります。

筆者

ボク知ってるよ~?

SNSに愚痴アカウント持ってるよね?

ひつじー

何故知ってる…はっ!

それも手ですね。
(私の愚痴アカウントは鍵つけてます)

愚痴でも不安でも発信する事が大切なのです!

筆者

一人の時間を作る

この方法は選択肢がいくつかあります。

  • 旦那に預ける
  • 実家・兄弟の家に預ける
  • 地域の施設を利用する

どの選択肢を選んでも、悪い事ではありません。

その一人の時間で、自分の好きな事を思う存分楽しんでみることは、また頑張れる原動力になります。

また、何もせずにぼけーっとしても、時間めいっぱい睡眠をとるのもいいです。

たまには母親1日オフデーを作ってみたり、DVDや映画などを観るのもいいですね!

筆者

育児疲れの解消法③:簡単に気分転換をする方法

「長い時間は旦那に預けることはできないし、お金も使いたくない」という人におすすめの方法です。

  • 外に出る
  • 夜に外に出る
  • 深呼吸をする

この中から2つ合わせて「外で深呼吸をする」「夜に外で深呼吸をする」のが、とてもおすすめ!

気分転換にもなりますし、深呼吸をする事によって落ち着きを取り戻すことができます。

昼間と夜では感じる空気が違うため、どちらに出てもいいです。

私の旦那は、私が家にこもってばかりいると用事を頼んできます。

「歩いて、近くのコンビニで買い物してきて。ついでに、気分転換しておいで」と。

筆者

惚れ直しちゃうね?

ひつじー

用事言われた時は、イラッとするけど、子どもから少しでも離れて外の空気を吸うと有難いなと思います。

筆者

育児疲れ解消法④:家族で取り組める方法

家族といても解消できる方法があるのです。

  • 旦那や子どもとハグをする
  • ベビーマッサージをする
  • 公園に行く
  • パワースポットに行く

もし、家族とは離れられないときは、ポジティブになり一緒に解消できる方法を取りましょう。

旦那や子どもとハグをする

人はハグをすると1/3のストレスがなくなると言われています。

そんないい効果があるのであれば、是非、旦那や子どもとしてみてください。

旦那とであれば、夫婦の絆も同時に深まります。

子どもであれば、子どもの不安が減少するので、心豊かな子どもに育ちやすくなります。

ハグはいい効果がたくさんあるので、ストレスを感じたら30秒ほどぎゅっと抱きしめて下さい。

ベビーマッサージをする

ベビーマッサージが子どもにもたらす効果は絶大です。

子どもは、目を見る・声を掛ける・触ることで幸せを感じます。

母親側も、赤ちゃんに触れる事によって、幸せホルモンが分泌されます。

幸せホルモンは、名前の通り「幸せな気持ちにさせてくれる」ホルモンなので分泌すればするほどいいのです。

赤ちゃん側も母親側も良い関係でいられるんだね!

筆者

公園に行く

公園に行くことで良いことは、母親も気分転換ができます。

子どもも外に出て、遊ぶことができます。

一緒に遊べば、楽しい気持ちになれますね。

子どもが走り回れば、疲れてくれてよく眠ってくれるので、その間が母親の時間もできちゃいます!

パワースポットに行く

家族でパワースポットに出かけることで、気分転換はもちろんですが、パワーを貰えます。

非日常を体験することができるのが、嬉しいですね。

各地域、至る所にパワースポットは存在しますので、旦那の休み2回に1回でもお出かけをすると良いです。

パワースポットに行くとなんだか力がわいてくる気がします!

筆者

育児疲れの解消法⑤:自分を上げる方法

自分を上げるとはどういったことなのでしょうか?

  • 気分を上げる
  • スキルを上げる

どちらも大切です。

気分を上げる

気分が落ち込んだ時こそ、気分を上げる事ができるのです。

簡単なところでいえば、歌を歌う。

好きな映画やドラマ・バラエティ番組を見て笑う。

甘いものを食べるのもいいですね。

少しだけリッチに上げるのであれば、エステやスポーツをして老廃物を流すことによって「気持ちいい」と感じる。

ほんの些細なことで、気分はあげられますので、少しずつ上げてみましょう。

私は、洗濯物を干しながら漫才ライブDVDを再生して笑いまくって、料理の時は音楽を流して一緒に歌ってます。

筆者

赤ちゃんいるんだからベース音が低い音楽やめないか?

ひつじー

好きな音楽を聴くことも大切なのです。

コメディも好きなので、時間がある時はコメディ作品を見て大笑いです。

筆者

▼コメディ作品のおすすめはこちら

まとめ

育児疲れと言うのは、頑張っている証拠なので疲れている自分を責める必要はありません。

社会的背景と、母親の置かれている状況などが解消しにくい状態にしているだけなのです。

自分に合った上手な解消法を見つけて、重症化しないようにしていきましょう。

手抜き・息抜きをちゃっかりして、ストレス社会を生き抜いていきたいですね。

そして、明るい家庭・地域を一緒に作っていきましょう。


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.