子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

忙しい家事の時短テクニックを大公開!私が試している5つのコツ

WRITER
 
忙しい家事の時短テクニックを大公開!私が試している5つのコツ
この記事を書いている人 - WRITER -

家事って本当に大変ですよね。

掃除、洗濯、料理…自分の時間が十分にあれば、余裕を持ってできますが、そうはいかないのが現実です。

子育てや、仕事を掛け持ちしながらの家事は時間との戦いです。

子どものお弁当作りから、洗濯もして…とやることがいっぱいで毎日てんてこ舞いです。

朝余裕を持って起きたつもりでも、いつの間にか出勤する時間になっていて、毎日バタバタです。

私と同じような方も多いのではないでしょうか?

少しでも家事を時短にできる方法があればなあ、と考えたりします。

そこで、今回は私が調べて実際に試している、忙しい家事の時短テクニックについてご紹介していきたいと思います!

家事の時短テクニック5つのコツ

では、私が調べて試している家事の時短テクニックについてご紹介していきたいと思います。

それは、

1 朝食はワンプレートにする
2 料理をする時は、三角コーナーを置かない
3 家事は『ついでに』の気持ちで、続けてやらないようにする
4 家族にも協力してもらう
5 家事代行サービスを利用してみる

の5つになります。

次の項目で具体的にご紹介していきますので、このまま読み進めていただけたらと思います。

1.朝食はワンプレートにする

忙しい家事の時短テクニックを大公開!私が試している5つのコツ

1つ目は「朝食はワンプレートにする」ことです。

これは、洗い物の量が一段と減るのでとても時短になります。

朝ごはんの準備だけでも朝は時間を取られますが、食べ終わった後の皿を洗って片付けるのも本当に一苦労です。

ワンプレートにすれば、おかずもご飯も一緒の皿に盛り付けられるので、洗う皿の枚数も減り、とても楽になります。

忙しすぎて朝皿を洗う時間がない時も、汚れた皿をつけ置きする枚数自体も減るので一石二鳥です。

私もワンプレートに変えてから、洗い物の量が減り楽になりました。

たった数分の、少しの時短なのかもしれませんが、「やった!時短になって楽になったな」と気持ちの面でも時短を感じることができています。

朝のバタバタした時間にオススメしたい方法の一つです。

2.料理をする時は、三角コーナーを置かない

忙しい家事の時短テクニックを大公開!私が試している5つのコツ

2つ目は「料理をする時は、三角コーナーを置かない」ことです。

料理中に出たゴミは、すぐにゴミ箱に捨てられるように、穴あきポリ袋などに直接入れることをお勧めします。

料理をすると、必ず食材のゴミが出ます。

だからこそ、三角コーナーがあるとパッと捨てられて、何かと便利ではありますが、この三角コーナーの掃除が意外と大変なんです。

1日経つだけで三角コーナーにぬめりが出たり、三角コーナーの周囲のシンクに汚れがこびりついたり…

最悪なことには、カビが繁殖していたりと本当に嫌なことだらけです。

ちなみに私はカビをよく生やしてしまう方でした。今思い出すと恐ろしいです…

汚れる度に、三角コーナーに溜まったゴミを捨てることに加えて、その三角コーナー自体も掃除しないといけません。

それが二度手間になってしまうわけです。

三角コーナーを置かずに、直接準備したポリ袋などにゴミは入れて、最後にゴミ箱に入れるようにしていくと、三角コーナーもシンクの汚れも、掃除する必要がなくなります。

最近は、三角コーナーいらずの穴あきポリ袋も安くで売っています。

三角コーナーを置かないことで、シンクのスペースも広く使うことができるので、一度試してみてください。

3.家事は『ついでに』の気持ちで、続けてやらないようにする

3つ目は「家事は『ついでに』の気持ちで、続けてやらないようにする」ことです。

具体的には、飲み物を取りに行ったついでにたまっているお皿を半分だけ洗ったり、一つ家事をやり遂げたらお茶をするなど休憩を挟んでみましょう。

ずっと続けて家事をしていると、まだ終わらないと感じて、ストレスがたまって疲れてしまいます。

仕事から帰宅して、洗濯物を取り込んで、ご飯を準備して、…とやらないといけない家事をあれやこれやと考えるだけでストレスがたまってキーっとなります(苦笑)

やらないといけないことはわかってはいますが、そのことだけをやり続けているとせかせかし過ぎてしまい、余計に疲れてしまいます。

なので、洗濯物を取り込んだら、仕事も頑張ったし!とちょこっとお茶をしたり、ご飯を作り終わったら、一旦ソファに座ってみるなど、一つやるごとに、自分なりの休憩を挟んでみましょう。

4.家族にも協力してもらう

忙しい家事の時短テクニックを大公開!私が試している5つのコツ

4つ目は「家族にも協力してもらう」ことです。

具体的には、家事の全部を任せるのではなく、食べ終わったお皿は、自分の分だけでも台所に持って行ってもらうとか、ちょっとしたことを手伝ってもらうことです。

自分だけが頑張っていても、家族の協力がないと家事を時短することはなかなか難しいです。

協力してもらうと言っても、洗濯物を干してもらうとか、家事の全部を任せるのではなく、家族も苦痛に思わない程度のことを協力してもらいましょう。

私も小さい頃は、お母さんに言われるまま、食べ終わった自分の皿は台所に持って行ったり、自分の洗濯物はタンスに直したりしていました。

今思えば、しつけの一つとしてやらされていただけでなく、お母さん自体も楽になっていたのだろうなあ、と思います。

もう少し、私の子どもが大きくなったら同じようにさせてみるつもりです。

もちろん、旦那さんにはすでにさせています。嫌な顔せずやってくれるので、とてもありがたいです。

ちょっとしたことでも、家族に家事を手伝ってもらうと、自分だけが大変な思いをして家事をこなしている気持ちは減ります。

それ以上に家族への「ありがとう」という感謝の気持ちも湧いてきます。ぜひ、試してみてください。

5.家事代行サービスを利用してみる

最後は「家事代行サービスを利用してみる」ことです。

具体的には、家事代行や、掃除代行、ベビーシッターや食材宅配などです。

仕事以外にも、自分が病気になったり、親の介護をしないといけなくなったりと、今よりやるべきことが増えることは十分ありえます。

とにかく時間がない時の選択肢として代行サービスを利用することは何も悪いことではありません。

働きながら子育てもして、おまけに家事もするお母さんは特に大変です。1時間でも自分の時間が欲しい!と感じるなら利用してみることをお勧めします。

特に、家事代行はプロが行うので、自分がやるよりも家の中がピカピカになります。

家事代行は、定期的に頼むコースだけでなく、単発で頼めるコースもあるので、お財布と相談しながら、試しに依頼してみるのもいいですね。

 

まとめ

私が実際に調べて試している家事の時短テクニックとは、

1 朝食はワンプレートにする
2 料理をする時は、三角コーナーを置かない
3 家事は『ついでに』の気持ちで、続けてやらないようにする
4 家族にも協力してもらう
5 家事代行サービスを利用してみる

以上が家事の時短テクニックになります。

家事を時短する一番のメリットは、家事以外の時間が増えることで、自分のための時間も増えることです。

時間ができたからといって、それをさらに他の家事に費やしたりと、自分のため以外にはなるべく使わないようにしましょう。

折角、自分が頑張って作った時間です。趣味の時間や仕事のためにあてたりと好きなように使って、気持ちに余裕を持つ時間を作ってください。

私も読書をしたり、ドラマを見たりと空いた時間は自分の好きなことにあててストレスを発散しています。

今回ご紹介した時短テクニックを試してみて、少しでも自分の時間が作れるようになることを祈っています。


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2018 All Rights Reserved.