子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

専業主婦の子育ては孤独なのか?孤独を感じないためにはどうする?

LIFE TURN
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE TURN
LIFE TURNは『ライフスタイル全般』に関する情報を提供する総合型Webサイトです。そして当サイトは『あなたのライフスタイルにちょっとした彩りを』というコンセプトを軸に運営しています。LIFE TURNを通して、一人一人のライフスタイルに「豊かな変化」が訪れるように情報を発信していきます。

結婚したら女性は仕事を辞めて家に入る事がほぼ当たり前の時代から一転して、現在では共働きの夫婦が多くなってきました。

実際、単所共同参画白書のデータによると平成28年度の共働き世帯は約63.0%、専業主婦世帯は37.0%となっています。

専業主婦と聞くと、なんとなく”楽してる”とか”時間にゆとりがある”などのイメージが強いように思われてしまいがちです。

しかし、実際に子育て専業主婦は起床してから就寝するまで子供中心としながらの家事仕事はなかなかの重労働に加え、子供との時間が長く自分の時間がほぼ持てないために「孤独」を感じてしまう人が多いようです。

今日は、そんな日々一生懸命な子育て専業主婦さん達が孤独を感じないためにも、今からご紹介して行く事を参考にしていただければ嬉しく思います。

専業主婦とは?

専業主婦とは、家事(炊事、洗濯、掃除、買い物、家計管理)や育児に専業する女性のライフコースの事と辞書には載っています。

ちなみに、私も子育て専業主婦です。

専業主婦歴12年の立派なベテランです!

冒頭にも少し書きましたが、「専業主婦」と言うとなんとなく楽しているや、自由なイメージが強く実際に家事や育児を毎日やっていても「あたりまえ」な感じがあり褒めてもらったり、お給料が発生したりなどはありえません。

更に、新米ママさんは慣れない育児などに苦戦する事も少なくないと思います。

そんな一生懸命に専業主婦をやり、子供としかほぼ接さない時間を過ごしているうちに、なんとなく「孤独」を感じできてしまうママが多いようですね。

 

なぜ孤独を感じてしまうのか?

では、なぜ孤独を感じてしまうのでしょう。

もちろん、人によって理由はそれぞれだと思いますが、孤独を感じてしまいやすいことをいくつか挙げてみたいと思います。

ほぼ子供としかいない

昔は、大家族などで住んでいたことが多いため旦那さん以外にも子育てに関して相談などにのってもらいやすかったり、常に誰かが周りにいたため「孤独」を感じにくかったようです。

働いているママと比べ家族以外の人に接する機会が減るため、なんとなく「孤独感」が増えてしまう場合があります。

自分の時間が持てない

朝起きてから、寝るまでの間は常に子供と一緒でその間に家事をやらなければなりません。

もちろん、働いているママさんも仕事、子育て、家事など全てこなしていて大変さは同じです。

しかし自分が働いている間は、保育園などの子育てのプロにあずけている時間があるぶん子供と1日中一緒にいるいる事は少なく、子育てに関しても安心できます。

ママ友とのお付き合い

子育てしていく上で、ママ友とのお付き合いが絶対に関わってきます。

実際、日中公園や支援センターなどに行く際ママ友達といる時間が長いですね。

ですが、自分と気の合うママ友ばかりではないため、ママ友とのお付き合いにストレスを感じでしまい、「孤独」を感じてしまうケースがあります。

働いているママさんなどは、日中公園や支援センターなどに行く事はほとんどないため、保育園にお迎えに行く際に会うママ友達と少しの時間会話をするくらいで、程よいママ友付き合いをすることができるのです。

このようなことから、専業主婦は「孤独」を感じやすいようですが、その「孤独」を感じてしまった時、どう気分や行動を切り替えればいいのか、お話しさせて頂きます。

 

「孤独」を感じてしまったら

毎日の楽しいはずの子育てに「孤独」を感じてしまった時にどうしたら良いのか考えて悩んでしまいますよね?

そんな時は、無理をせず考え方を少しだけ変えてみませんか?

とりあえずリセットモード

とりあえず、孤独感、悩みなどにはお休みしてもらいましょう。

その間に、自分にもリラックスモードに入る為に1時間でもいいので子供を親や友達、支援センターなどの1次預かりにお願いしてしまいましょう。

「専業主婦なのにいいのかな?」と罪悪感を感じてしまうママもいるかもしれませんが問題ありません!

だって専業主婦には、お休みがないんですから、たまには一人の自由に使える時間のチケットを使ってください!

預けている間、昔からのお友達に会ってランチやお茶をしたり、一人でゆっくりお買い物をしたり、一人でお洒落なカフェで読書など自分のためだけの時間を作ってみるのがおすすめです。

近所で知り合いを増やす

「これは一体どういうこと?」って思いますよね?

でも、昭和の時代って近所の人はみんな知り合いのような家族付き合いがあったから、近所の人が我が子以外の子を怒ったり、褒めたりと面倒を見てくれていたんです。

昭和の時代の子育てって何となく理想な気がしてしまうのですが、実際に今は時代の流れも変わって、近所の人と知り合いになるって案外難しかったり怖かったりしますよね?

そこで、私は近所のお店などの人達と仲良くなる事を心がけました。

いつも行くスーパーのレジのおばさん、八百屋や魚屋さんのおじさん、クリーニング屋のお姉さんなど。

自分が家事をしていく中で顔をよく合わせる人に初めは挨拶から始めていき、会話するようになっていきました。

そうする事により、家事をやりながら色々な人と関わりがもてて子供の話になったり、自分の知らなかった近所の情報が聞けたりと良い環境を作って行けたんです。

ママ友とのお付き合い

子育てしていく中で、はっきり言ってママ友は大切だと思います。

しかし、気が合わなくてストレスを感じてまでお付き合いする必要はありませんがあえて合わないからと言って避けて悪印象を与える必要もありません。

ママ友の中には、絶対に自分と会う人が少なくとも1人はいるはずです。

無理して見つけようとしなくても、これから長く子育てしていく中で絶対に現れるはずなので焦らずストレスや孤独を感じたりする事はないのです。

それまでは、聞こえはよくないですが浅く広く苦手なママ友には、挨拶だけするなどでも十分だと思います。

ママも人間なので、人付き合いの得意な人、苦手な人がいて当たり前なので気にぜずマイペースでいきましょう!

 

まとめ

専業主婦も働いているママも、どちらが大変で大変じゃないなどないんです!

お互い今の子育てしている環境の中で頑張るママには違いありません。

専業主婦をやっている事で、子供の成長を誰よりも身近に見れたり感じたりできる事の幸せを噛み締めながら子育てをするのが大切です。

ゆっくり子育て専業主婦を楽しんでいきましょう!


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE TURN
LIFE TURNは『ライフスタイル全般』に関する情報を提供する総合型Webサイトです。そして当サイトは『あなたのライフスタイルにちょっとした彩りを』というコンセプトを軸に運営しています。LIFE TURNを通して、一人一人のライフスタイルに「豊かな変化」が訪れるように情報を発信していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2018 All Rights Reserved.