美容・ホワイトニング・ライフスタイルの情報を提供する人気WEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

七五三のお参りの流れとは?ご家庭に合った方法で子供の成長をお祝いしよう

WRITER
 
七五三 お参り 流れ
この記事を書いている人 - WRITER -

小さなお子さんがいるご家庭の方は、七五三をお祝いする予定の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

特に初めてのお子さんの場合は、何をどうすればいいのか色々分からないことも多いですよね。

「自分の時はどうしたかな」と思い出そうとしても、小さいときなのであまり覚えていないことも・・。

七五三のお参りには色々決まりもありますが、ご家庭によってパターンが違うのが現状です。

ぜひご自分の家庭に合った方法で行ってみてくださいね。

<スポンサードリンク>


七五三についての基本的な知識

そもそも七五三とはどんな行事?

七五三はお子さんの成長と健康をお祝いする行事です。

七五三という名前が指す通り、「3歳、5歳、7歳」の時に行うもので、それぞれの年齢に行う伝統的な儀式に由来しています。

3歳の時は初めて髪を伸ばす「髪置き」

5歳の時は初めて袴を身に着ける「袴着」

7歳の時は初めて帯をしめて着物を着る「帯解き」

それぞれ理由があって行っていたものだったんですね。

筆者

七五三のお参りの年齢は数え年?それとも満年齢?

七五三のお参りは、元々数え年で行うのが一般的でした。

現在では数え年で行うか満年齢で行うかはそれぞれの家庭によって異なります。

お子さんの成長の様子に合わせて、無理なく行えそうな方を選びましょう。

筆者

ちなみに数え年とは「生まれた年齢を1歳とし、元旦が来ると1歳年をとる」という数え方です。

対する満年齢とは「生まれた日を0歳とし、次の誕生日が来た時に1歳年をとる」という数え方ですので、参考にしてみてください。

<スポンサードリンク>



七五三のお参りは具体的にいつ行けばよい?性別によって違う?

七五三のお参りの年齢は男の子と女の子で違いますので注意しましょう。

一般的に男の子は3歳と5歳(または5歳のみ)、女の子は3歳と7歳にお参りをします。

お参りの日付は「11/15」とされていますが、現代においては必ずこの日に行わなければならないというわけではありません。

この日が必ずしも土日にあたるというわけではありませんし、当日ということで神社や写真スタジオが大変混雑するからです。

また11/15前後の土日もかなりの混雑が予想されますので、それを避けるか早めに写真スタジオ等を予約することをお勧めします。

11月の前後1~2か月くらいの時期にお参りするご家庭が多いようですので、参考にしてみてくださいね。

ひつじー

七五三のお参りは誰とどこで行う?

七五三のお参りは両親と、お子さんの兄弟がいればその子も一緒に行くのが一般的です。

可能であれば両家または片方の祖父母も一緒にということもありますが、着付けからお参りまで混雑で長時間になる場合も考えられます。

お参り後に食事会を行うのであれば、それに参加してもらうという形でもよいかもしれません。

神社でご祈祷を行っていただく場合には、事前に参加可能人数の確認をしておきましょう。

七五三のお参りをする神社は、基本的に近所の氏神様の所とされています。

筆者

氏神様とはその近所で祀られている神様のことです。

普段生活している場所や生活を守ってくださっているので、そこにお子さんの成長の報告を兼ねてお参りに、という考え方になります。

しかしそれも厳密な決まりではありません。

有名な神社に記念でお参りするご家庭もありますので、お子さんの様子に合わせて行きやすそうなところを調べてみましょう。

七五三のお参りは具体的にどう行う?

七五三のお参りの衣装、どこで準備すればよい?

七五三のお参りで気になるのが衣装ですよね。

男の子女の子どちらの場合も、和装・洋装どちらでも大丈夫です。

レンタルの場合は写真スタジオの他、インターネット上の貸衣裳のサイトを利用するという方法もあります。

ひつじー

写真スタジオの場合は着付けの他にヘアセットや記念撮影も行えるので、予算が合えばトータルでお願いしてもよさそうですね。

  • 男の子の場合

3歳のときは、和装なら「被布(ひふ)」というものが比較的着付けが簡単と言われています。

被布は元々女の子が着るものでしたが、現在は七五三で3歳の男の子が着るのも一般的です。

被布とは元々着物の上に羽織るもののことで、レンタルすることもできます。

5歳のときは由来が「袴着」の儀式であることから、袴を選ぶご家庭もあります。

洋装のスーツやタキシードでもOKですので、予算やお好みに合わせて選んでみましょう。

  • 女の子の場合

3歳のときは、和装の場合男の子と同じく「被布」が一般的です。

色々なデザインのものがありますので、お好みによって選んでみてくださいね。

7歳のときは由来が「帯解き」の儀式であることから、振袖に帯という衣装のことが多いようです。

洋装の場合はドレスやワンピースという方法もあります。

  • 両親の服装

両親もできるだけフォーマルな衣装がよいでしょう。

完全にブラックフォーマルにしてしまうと、お子さんより格上になってしまうので避けるべきとされています。

父親はスーツ、母親はワンピースやスーツなどが一般的です。

神社でお参りする場合は特にTPOに合わせて、両親が同じ組み合わせになるような服装を選びましょう。

お子さんに合わせてご両親とも和装にするという方法もありますが、お子さんが主役ですのでそれより目立たないものというのが前提になります。

お子さんが洋装の場合は、両親もそれに揃えて洋装にしましょう。

<スポンサードリンク>


七五三のお参りの大まかな当日の流れ

では、七五三当日の流れはどのようになるでしょうか?

以下はあくまでも一例ですが、参考にしてみてくださいね。

筆者

  1. 衣装の着付け
  2. 神社へのお参り、ご祈祷
  3. 記念撮影
  4. 食事会

1の「衣装の着付け」は、家または写真スタジオで、衣装を着せてヘアセットやお化粧をします。

お家で簡単に行うという場合は、フォーマルな印象であれば大丈夫です。

2の「神社へのお参り、ご祈祷」は、実際に神社に出向いてお参りと、場合によってはご祈祷をしてもらいます。

ご祈祷は事前予約が必要な場合もありますのでご注意ください。

3の「記念撮影」は、写真スタジオで撮影付きのプランを予約した場合行います。

写真スタジオによっては神社にお参りする前に撮るパターンもありますので、予約の際によく確認しておきましょう。

4の「食事会」は七五三の記念にお食事に出かけることです。

お子さんが疲れるのでやらない場合やご自宅でやる方法もあります。

場合によっては、ホテルで「七五三プラン」というものがあり、神社へのお参り・ご祈祷以外のことをすべて行えることもありますので、色々検討してみてくださいね。

七五三のお参りの詳細と注意点

それでは、当日のスケジュールを以下の順と考えた場合の、詳細と注意点についてご紹介します。

  1. 衣装の着付け
  2. 神社へのお参り、ご祈祷
  3. 記念撮影
  4. 食事会

直前になって慌てないように、シミュレーションしてみてくださいね。

ひつじー

  • 1 衣装の着付け

衣装の着付けは思ったよりも時間が掛かる場合もあります。

お子さんがぐずる可能性もありますので、後に予定がある場合は時間に余裕を持って行いましょう。

また、特に写真スタジオなどで着付けをお願いする場合は、脱ぎやすい服装がよさそうです。

  • 2 神社へのお参り、ご祈祷

神社へ出向いてお参り、ご祈祷を行います。

もしご祈祷を行わない場合は、普通に神社に参拝する手順で大丈夫です。

ご祈祷を行う場合は、「初穂料」というものを持参します。

初穂料は神社によって違いますので、事前に確認してみてくださいね。

また、初穂料は新札をのし袋に包んで渡すのがしきたりとなっています。

すぐに用意するのは難しいと思いますので、余裕を持って準備しておきましょう。

ご祈祷では祝詞をあげてもらうことになりますが、混雑していた場合同じく七五三で来ている方たちと一緒に受けることもあります。

祈祷をすると最後に千歳飴をもらえることが多いようです。

お参りのみの場合は、事前に購入しておいてお子さんに手渡してもよいでしょう。

  • 3 記念撮影

写真スタジオに戻り、家族で記念撮影を行います。

お子さんがこの時点で結構疲れている場合もありますよね。

スタジオによっては完全に別日程にすることも可能ですので、検討してみてください。

このタイミングでスタジオに衣装を返却する場合もあります。

  • 4 食事会

食事会は特に決まった形式はありません。

お子さんの好きなものを食べに行くのもいいと思いますし、ホテルなどで普段よりも豪華な食事会をするというのもよさそうですね。

他には出前を取ったり、お家で少し豪華なものを作ってみたりと方法は様々です。

参加する人によって色々検討してみてくださいね。

七五三の注意点

七五三ではやることが多く、考えただけでも色々大変ですよね。

友人

特に神社で祈祷をしたり、そのまま食事会をしたりということになるとそれなりに時間が掛かります。

出かけている最中に予想外のことがあって慌てることもあるかと思いますので、色々なパターンを想定しておきましょう。

以下の注意点も参考にしてみてくださいね。

  • お参りのシーズンをずらす場合は寒暖調節に気をつける

混雑の時期を避けたい場合、11月より前倒しや逆に後ろ回しにするということもありますよね。

特に気をつけたいのが気温です。

暑い時期で特に和装の場合、簡単に着物を脱ぐということができません。

場合によっては、写真撮影は暑くない時期に行って、お参りだけシーズンに行くという方法もあります。

寒い時期には羽織れるものや、下に履くものを用意しておくとよさそうですね。

  • 車で行く場合は神社の近くの駐車場状況を確認しておく

神社の近くに駐車場がなければ、歩いてそこまで向かうことになります。

衣装を着た小さいお子さんを連れて長距離を歩くのは、お子さんも親も大変です。

混雑時期は、もしかしたら神社や近くの駐車場が満車で停められないという場合もあるかもしれません。

駐車場が近くにたくさんありそうかあらかじめ確認しておくのと、混雑していた場合どうするかをあらかじめ考えておきましょう。

  • 履き慣れた靴を用意しておく

和装の場合草履を履くことになりますが、足を痛めたりする可能性もあります。

洋装の場合でもきちんとした靴を履くことになるので、慣れない靴で靴擦れを起こす可能性も高いです。

移動の間は履き慣れた靴で、草履やフォーマルな靴はお参りや撮影の時だけ、とするのもよいでしょう。

  • タオルやクリップを持参する

貸し衣装の場合、特に気になるのは「汚さないか」というところですよね。

タオルは汚れをガードすることもできるので、ぜひ有効活用してみてください。

和装の場合の着崩れに使うこともできますので、何枚か持参しておくことをお勧めします。

クリップは途中でトイレに行く場合の裾上げに使えますので、大きめでしっかり留められるものを用意しておきましょう。

  • おもちゃや飲み物を用意しておく

お子さんが疲れてぐずることがありますよね?

念のため普段使っているおもちゃや飲み物を持っていくとよいでしょう。

「これがあればご機嫌になってくれる」というものを普段から把握しておくとよさそうですね。

  • 女の子は櫛、口紅を用意しておく

女の子の場合、ヘアセットや化粧をする場合がありますが、動き回っている間に崩れてしまうことが考えられます。

簡単に直せるように、櫛や口紅を用意しておいて、お参りや写真撮影に備えましょう。

  • 希望の髪型がある場合、それに合わせて髪を伸ばしておく

特に女の子の場合は、きらびやかなヘアアレンジに憧れたりする場合もあるのではないでしょうか?

7歳のときですと、ある程度自分の好みを意思表示するかと思いますので「この髪型にしたい」ということもあるかもしれません。

髪型によっては、ある程度長さがないとできないものもあります。

お子さんに早めに確認して、なるべく当日まで髪を伸ばしておくとよいでしょう。

  • 事前に前撮りでシミュレーションしておく方法もあり

衣装のことで心配なのは「お子さんがおとなしく着てくれるかな?」というところですよね。

和装やフォーマルな洋装など普段はしない服装ですので、お子さんがどういった反応をするか気になるところではないでしょうか?

こればかりは当日のお子さんの機嫌にもよるのでなんとも言えないのですが、写真撮影を前撮りということで事前に行えば、ある程度シミュレーションが可能です。

残念ながらお子さんによっては嫌がって和装を着たがらないこともあります。

その場合、お参りは和装をあきらめてなるべくフォーマルな洋装に変えてみる、など工夫してみてくださいね。

  • 雨具を用意しておく

当日の天気が悪いと、衣装が雨にぬれたり足元が汚れたりしてしまいますよね。

傘でもいいかもしれませんが、心配ならレインコートや長靴も用意しておいた方がよいでしょう。

大変かもしれませんが、移動の時は親が抱っこしてあげると転ぶ心配も減ります。

まとめ

七五三 お参り 流れ

七五三はお子さんの成長を祝う大切な行事の一つです。

お子さんが主役ですので、ぜひ素敵な記念を残したいですよね。

当日に慌てないよう、色々準備していきましょう。

ご両親は何かと大変ですが、お子さんの笑顔を見られるよう頑張ってくださいね。


つまらない日常を楽しくしよう!


もしも、今あなたが、
  • 何か人生の暇つぶしを探してる
  • 趣味がないから趣味を見つけたい
  • お金がかからない方法で日常を楽しくしたい
という思いを持っているなら「動画配信サービス(VOD)」を利用するのがおすすめです。

自宅にいながらアニメやドラマ、映画を大量に観れますので新しい趣味になります。

さらに動画配信サービスは『無料トライアル期間』も充実していますので、その期間を利用して思う存分、あなたに合ったドラマや映画を楽しみましょう!

家事の負担を格安で解決する方法!

「家事が辛すぎる…」という意見をよく耳にしますし、実際にその状況になっている方も多いでしょう。

しかし、はっきりと言います。

『その家事、自分でやる必要ありますか?』

家事は自分が手間暇かけてやる必要はありません。「人に任せられる仕事」です。

今は格安で家事を人に任せられるサービスがあります。家事に割いていた時間をパッと無くして、趣味や旅行を楽しむ「自由な時間」を手に入れましょう!
<スポンサードリンク>
 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.