子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

主婦の孤独や寂しさは危険!?あなたをひとりにさせない方法とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

主婦が孤独や寂しさを感じる時ってどんな時だと思いますか?

主婦って幸せなんじゃないの?孤独とか感じてなさそうだけどなぁ。

ひつじー

特に専業主婦に対しての世間のイメージは

  • 「優雅な時間を過ごしていそう」
  • 「昼寝し放題」
  • 「旦那さんの稼ぎだけで食べている」

そんな風に好き勝手なイメージを持っている人が世間には結構いるのではないでしょうか?

実際に主婦は果たして本当に悩みもなく優雅に好き放題に過ごしているのでしょか?好き勝手に三食昼寝付きで過ごしていると思ったら大間違いです!

私も一主婦ですが決して好き放題に過ごしている訳でもなく、人知れず孤独と戦っているのです。

ここに訪れてくれたあなた。

もしかしたら今、まさに孤独と戦っていませんか?

大丈夫ですよ!今回は、主婦の孤独感や寂しさの原因とその解決法についてご紹介します。

主婦が孤独や寂しさを感じる原因とは?

主婦の仕事のメインは家事です。

会社員ならば自分の担当の仕事や上司から求められた仕事をこなした時、仕事の結果が目に見えて数字になって現れたりすれば自分の仕事に対する達成感を得られたりやモチベーションが上がったりしますが、「主婦」という仕事は他の人から評価されにくいというのが原因の一つではないかと思います。

評価されない要因は、ズバリやってあたり前!!

それに尽きると思います。

「家族の誰よりも早起きするのはあたり前」「ご飯を作るのはあたり前」「洗濯するのはあたり前」「掃除をするのはあたり前」

しかし、「あたり前」の家事には勿論評価を表す報酬はありません。

実は、主婦の一日の家事を時給換算した場合、時給1,600円程度になるのではないかというデータもある主婦の家事なのです。

では、時給1,600円で毎日家事をした場合の主婦の月収を計算してみましょう!

筆者

主婦の月収

時給 1,600円×8時間×30日=384,000円

どうですか?毎日8時間家事をしていたら本来なら384,000円ものお給料が貰えてしまう労働を私たち主婦はこなしているのです。

家族の幸せの為と思っての家事も、あたり前と思われて感謝の言葉もかけられないと悲しく思う気持ちが膨らんでいき、孤独感が増して来てしまうのです。

人それぞれ生活のパターンや家族構成も違い一概には言えませんが、少なくとも主婦の孤独や寂しさは「人から評価されにくい」という現象がベースにあると思われます。

次に、子供がいない場合と子供がいる場合の主婦の孤独について見ていきましょう。

子なし主婦の孤独と寂しさ

子供がいないいわゆる「子なし主婦」の方は専業主婦なら家で過ごす事が多く、旦那さんの仕事の関係や嫁ぎ先が今までの生活圏とは全く異なる場所で生活しているとなれば、友達もいないケースがあるかと思います。

そうなると周りの主婦たちは友達と連れ立っておしゃれなお店にランチに出掛けても、自分は誘う友達もいないとなると孤独との闘いは生活のウエイトをかなり占める事になります。

友達がいないとなると知り合いは旦那さんのみという現象になってしまうわね。。

筆者

また、「子なし主婦」ならば時間の自由が利く場合は外に仕事に出るパターンもあるかと思いますが、その仕事の現場でも自分と同年代の人たちに子供がいると、どうしても話題は子供の話題が中心になってしまうものです。

話題に入っても頷くばかりで話題に参加出来ないと、疎外感が増していき職場でも孤独感を味わう事になりかねません。

子育て中の主婦の孤独と寂しさ

次に子供がいる主婦の孤独と寂しさについてですが、一見子供がいるといわゆる「ママ友」との付き合いも増えて孤独とは無縁に思われます。

しかし、主婦の孤独や寂しさは子供の成長に伴って様々なケースがあるのです。

子供が小さな時の孤独感

私も経験があるのですが子供がいても生まれたばかりの赤ちゃんだと、これまた外になかなか出る事がなく家事と育児に追われる日々を過ごす事になり、ますます外の世界との繋がりがなくなっていき、一人だけ社会から取り残されてしまっているのではないかという気持ちに陥ってしまうのです。

子供はとっても可愛いのですが、一日中子供と過ごすという事は自分の自由な時間はほとんどないと言っても過言ではありません。

愚痴をいう相手は旦那さんしかいない場合、気持ちを受け止めてくれればいいのですが

「俺も外で仕事をしているんだ。家の事は任せたよ。」

だなんて言われたら相談しても何の救いも得られません。

子供が少し大きくなって、外に出掛けるようになったり保育園や学校に行くようになると本格的に「ママ友」との繋がりも出てくるようになります。

主に子供が通う保育園や学校などが「ママ友」との知り合うきっかけの場所となると思いますが、元々人付き合いが得意ではない方だったりした場合、ママ友グループに自分からなかなか入れなかったりして孤独を感じてしまう事があります。

ママ友グループに入れたとしても、グループ内の力関係に疲れてしまうケースも。

せっかくの友達を作るチャンスを活かせない事が益々孤独への道を加速させてしまう事になるのです。

ママ友との付き合い方もなかなか大変なんだね~

ひつじー

子供が巣立った後の孤独感

子供が大きくなり親元から巣立った後も大きな孤独感にさいなまれるケースがあります。

せっかく子供が学校に通っていた時に出来た「ママ友」も、子供が学校を卒業すると同時に疎遠になってしまうものです。「ママ友」として知り合って生涯お付き合いが続くような関係を築ければ本当に理想的なのですが、現実は所詮子供ありきの付き合いに留まる事が多いのではないかと思います。

夫婦関係についても見てみると、今まで子供中心で無我夢中で子育てをしてきて、旦那さんとの話題も子供の事が中心。

夫婦の関係も新婚当時のようなラブラブな感じは薄れてきて、いざ夫婦二人の生活になった時に旦那さんとの会話が無くなってしまうという事があります。

私も子育て中は子供中心の生活で、いつも自分の事は後回し。それがあたり前だと思っていたわ。

筆者

友達もいない、旦那さんとの関係もいつの間にか深い話をするような関係ではなくなってしまっていたとなると、誰も自分の気持ちを分かってくれる人がいない状況になってしまい、孤独感は深くなっていくのです。

主婦の孤独と寂しさを解決する4つの方法

主婦の孤独は結婚した時から子供が巣立った後にまで、どんな状況に置かれても付きまとうものだという事がお分かりいただけたのではないかと思います。

しかし、孤独はあたり前と思って過ごしていたらいつまで経っても孤独からは抜け出せません。

先ずは意識を家の中から家の外に向けてみましょう!

主婦の孤独や寂しさから抜け出して自分らしく過ごしていく為の4つの解決方法をご紹介します。

  1. 趣味を持つ
  2. 習い事をする
  3. 仕事に行く
  4. SNSを利用する

では順番に見ていきましょう。

趣味を持つ

今までの主婦生活を通して何か得意な事ってありますか?

私も趣味という趣味が実はないなってふと感じた事があります。

「料理」だったり「ガーデニング」だったり「DIY」だったり「裁縫」だったり・・・

探せば色々あると思いますが、何か一つでも興味があったり自然と苦も無く続けられていたりすることがあれば、実はそれが趣味だったりする事があります。

私の場合「料理」は日常的に毎日していますが、たまに親戚や知人が来てくれた時におもてなしをする機会があり、手料理を振舞うと、とても美味しいと喜んでくれる事が多く、気が付くと自分でも気になるレシピを見つけては新しい料理に挑戦する自分がいる事に気が付いたんです。

食べてくれる人が喜んでくれるってとっても励みになるんですよね!

筆者

毎日じゃなくても全然いいので、自分の好きを見つけて生活の励みにしてみるのもいいと思います。

習い事をする

子供が学校に通うようになったり、または完全に子供が巣立ってしまった場合自分の時間を多少なりとも持ちようになってくると思うので、このタイミングで習い事を探して行ってみるのも孤独や寂しさから抜け出す方法として有効だと思います。

先にお話しした趣味にも繋がりますが、趣味を極めたいと思ったり、興味があることを思い切って始めてみようと思ったら、習い事の教室を探して行ってみる事で今までとは違った人脈が出来る事もあります。

習い事の教室は自分と同じ志を持った人の集まりの為、話も比較的合い友人を作るチャンスとも言えるのではないでしょうか。

話題も合えば長い付き合いの出来る人との出会いの場になる事もありますし、もし友人が出来なくても自分の人生において新しい技術や知識を得ることによって、自分の価値を高め有意義に過ごすきっかけ作りになるのです。

仕事に行く

専業主婦としてずっと過ごして来た人は、自分の時間が出来たタイミングで仕事に出ることを考えるようになってくるのも自然な事ではないでしょうか?

先にもお話ししたように、専業主婦の家事を時給換算すると1,600円にもなるのに無給でこなしてきた家事。

仕事に出れば自分がして仕事に対して評価がされ、お給料として報酬もいただけるとなれば、俄然やる気も起こってきますよね。

はじめからフルタイムの仕事に就かなくても、短い時間のパートからはじめてみても大丈夫です。

仕事をすることで自分が必要とされているという自覚が持てる事が、仕事をする上で一番のメリットだと思うのです。

しかし、仕事に出るという事は今まで完璧にこなしていた家事が少なくとも出来なくなる可能性も秘めている為旦那さんや他の家族の理解や協力も必要になってくる選択とも言えます。

また、せっかくお勤めしたのに有給ももらえなくてブラック企業だったなんて事がないように、仕事を始める前に会社情報や周りの口コミなどを集めて、納得した上で仕事に出るという事も重要な点です。

SNSを利用する

主婦の方の中にはインターネットが得意な人がいると思います。

今の時代スマートフォンをほとんどの人が持っているので、LINEなどインターネットを通じてコミュニケーションをとることは普通に誰でもしている事ですよね。

中でもSNSを利用する事は今や若者だけではなく、私たち主婦層もあたり前のように使っている時代です。

昨今SNSを利用する事によって事件に発展するケースも多く見受けられますが、使い方さえ間違えなければ孤独からの脱却の他にも様々なメリットがあるのがSNSではないかと思います。

もし、あなたが主婦の孤独感と戦っているのなら同じ悩みを持った主婦と繋がって悩みを共有する事も出来るのです。

筆者

悩み事はなかなちょっとした知人などには話せませんよね?家族にも心配かけたくないという理由で話せないという事も大いにあると思うのです。

そんな時にSNSで同じ悩みを共有して分かり合える時間を持つことで、自分の気持ちが癒される事が出来るのです。不安や愚痴はなるべく溜めないで吐き出す事で、心の安定が保たれますし鬱などの精神疾患のきっかけを予防する事にもつながります。

家族との関係性を見直す

意識を外に向ける事は重要ですが、現状は子なしの主婦も子ありの主婦も専業主婦の場合、家でずっと過ごす事が多くその分旦那さんや他の家族と過ごす時間が一日の大半を占めていると思います。

一緒に一日を過ごさなければならない家族との関係を先ずは見直してみましょう。

仕事が忙しくなかなか家事に興味を示さない旦那さんもいるかもしれませんし、旦那さん側のご両親と同居していて何年経っても遠慮していて本音で話ができない場合もあるかもしれません。

しかし、人って思っていることを口で言ってくれないと気持ちが伝わらないのです。

一度思い切って自分の寂しい気持ちを話してみてください。

案外、「そんなに孤独を感じて寂しい思いをしていたのか」とあなたの気持ちに寄り添ってくれるかもしれないね。

ひつじー

外に友達を作る事も大切ですが、先ずは家族との会話を増やして気持ちを共有しましょう!

もしかしたら、旦那さんが留守の時もラブラブメールが復活するかもしれないですよ。

主婦という仕事に誇りを持つ

こうして孤独と戦いながら家の中で過ごして来た主婦ですが、今まで家族が健康で過ごせて来たのも、あなたが家庭を守ってきてくれたからなんです。

主婦という仕事に対してもっと誇りを持つべきです!

毎日美味しいご飯を作れるのも、綺麗にお部屋を片付けられるのも家族があっての事で言葉に出さなくとも家族はあなたに感謝をしているはずなのです。

でも、言葉に表してくれないと分からないですよね?

人は「必要とされている」と感じる事で自分の存在価値を見出しているものだと思います。

たまには家族に「わたしこんなに頑張っているアピール」をしちゃってもOK!

逆に家族に対しても「いつもありがとう」と感謝の言葉をかける事も忘れてはいけません。

あなたは家族という会社の社長だというくらいの気持ちで、是非誇りを持って過ごしてもらいたいのです。

まとめ

主婦という仕事は孤独と寂しさとの闘いです。

しかし、子供の成長を見届けて、旦那さんがいつも気持ちよく仕事が出来るように見守る事が出来るのはあなたしかいないのです。

どうか、自分は誰からも評価されない、認めてもらえない、気持ちを分かち合えないと自分の殻に閉じこもってしまわないで下さい。

あなたの価値は家庭だけではなく、もっと外に出る事であなたの魅力を発揮できる場所を見つける事が出来るのです。

趣味を持ち、習い事をするのもよし、仕事を探して収入を得る事で社会との繋がりを深める事も凄く良い事だと思います。

あなたは家庭という名の会社の社長さん、自分という名の物語の主人公なのです。

もっと自分に自信を持ち、自分という世界をもっと深く確立していく事で孤独を楽しめるようになるかもしれません。

孤独を味方につければそこにはあなたしか知らない楽しい世界が広がっているのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2018 All Rights Reserved.