子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

子供の頭を良くする方法とは?!親必見の最強メソッドを公開!

LIFE TURN
WRITER
 
子供の頭を良くする方法とは?!親必見の最強メソッドを公開!
この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE TURN
LIFE TURNは『ライフスタイル全般』に関する情報を提供する総合型Webサイトです。そして当サイトは『あなたのライフスタイルにちょっとした彩りを』というコンセプトを軸に運営しています。LIFE TURNを通して、一人一人のライフスタイルに「豊かな変化」が訪れるように情報を発信していきます。

こんにちは。

天才的頭脳を持った子供。

教育熱心な親ならば誰もが夢見るのではないのでしょうか。

あなたの子供が天才だったら、どんな未来を想像しますか?

  • 良い大学に入り、優良企業に就職している姿
  • 研究者になって学問の最先端の理論を追求している姿
  • ビジネスで大きな成功を収め、世界から称賛されている姿

子供が立派になるのを想像すると、とても夢が広がりますね。

もちろん、ここまで大きな夢を想像しなかったとしても、基本的に頭は良いに越したことはないのは間違いないです。

現代社会では、「頭の良さ」がものをいう社会になってきていますし、その傾向はこれからも変わらないでしょう。

肉体労働は機械化され、人工知能の発達により事務作業ですら人間の仕事ではなくなっていきます。

もちろん、完全になくなることはないでしょうが、未来の仕事は頭をつかう仕事が主流になっていくはずです(もうすでになっていると思いますが…)

 

では、どうすれば子どもの頭を良くすることができるのでしょうか?

遺伝で決まっていて、諦めるしかないのでは…

と思い込んでいませんか?

確かに、遺伝は子どもの頭の良さを決める要因ではあります。しかし、イコール「諦めるしかない」ということではありません。

親の育て方(特に幼年期)によって、遺伝で運命づけれた子どもの知能を底上げすることができるのです

もちろん、幼年期を過ぎたとしても効果がある方法も紹介します。

ですから、諦めるのはまだ早いのです!

そのため今回は「子どもの頭を良くする方法」について、誰でもできる方法を語っていきます。

頭が良いとはどういうことか

さて、頭が良い子供の育て方について語る前に、「頭が良い」について脳科学的な視点で語って行きたいと思います。

頭が良い人の脳はどの様になっているのでしょうか?

その鍵はズバリ、「脳の神経細胞のコネクション」にあります。

知識獲得のメカニズム

知識獲得のメカニズムを知ることはこと、頭の良い子供を育てる上で大きなヒントになることでしょう。

私たちはどの様に知識を獲得しているか?

端的に言えば、何度も同じ刺激を反復して学習することにあります。

常識的にすでにわかりきってることである上、なんの面白みのない答えであることは重々承知しています。

が、少々お付き合いください笑

まず、人間の脳にはたくさんの神経細胞が詰まっています。

その神経細胞には電気信号が通っていて、人間が何かを考えたり行動したりする度に脳内のどこかの神経回路で電気信号が送られます。

この電気信号がたくさん通れば通るほど、その電気の通路は発達し、電気が通りやすい回路になります。

最初は草ボーボーの道でも、そこに動物が何度も通過することで「獣道」ができることに似ていますね。

 

つまり、「新しいスキルや知識を獲得する」=「電気信号の経路を太くする(通りやすくする)」ということなのです。

つまり、あなたが日本語を流暢に話せるのも、特技や技能が仕事で活かされるのも、何年も何年もその刺激を脳に与えてきたことの証といえます。

子どもの頭を良くする方法①:クリティカルエイジを利用せよ

子どもには「クリティカルエイジ」というものがあります。

クリティカルエイジとは「脳が最も効率良くスキルを学習する期間」のことを指します。

スキルに関してはだいたい8歳から13歳といわれ、その期間内ではあらゆるスキル(サッカーなどのスポーツやピアノなどの楽器の演奏)が早く覚えられ、大人と違って大きな苦労を感じることもありません。

子供のやる気を引き出す為に親がすべきこと3選|子供を主体的に動かす方法

 

このクリティカルエイジ中にどんな能力を体得するかについては、子供次第だと思いますし、特に言及するつもりはありません。

むしろ私が重要だと考えるのは、クリティカルエイジが訪れる前の段階にあります。

その前の期間内で、五感や運動に対する感覚が固定化されてしまうからです。

つまり、この期間内にどんな刺激を浴びさせるかが、クリティカルエイジ中のスキル体得に大きく影響を及ぼします。

神経細胞をたくさん持っている子供

当たり前といえば当たり前の話ですが、学習において子供であることは大きなアドバンテージとなります。

では、何が大きなアドバンテージなのでしょうか?

それは、「脳の神経細胞の数が大人より多い」ということにあります。

脳の神経細胞が密に詰まっているので、電気の通り道が大人より比較的簡単にできます。

つまり、脳の神経細胞間のコネクションが作りやすいのです。

 

さて、この脳の神経細胞ですが、生まれた瞬間からどんどん減っていってしまいます。

使われない部分から死滅してしまうのでクリティカルエイジが来る前に、いかに神経細胞を死滅させないかが重要となります。

先ほど私が「重要なのはクリティカルエイジ前の段階」と言ったのはこうした理由です。

では、具体的に何歳のときにどんな刺激を与えることが望ましいのでしょうか?

これから、子供にとって重要な感覚や刺激について5つお話します。

音に対する感覚

音に関する感覚が一番育つのは0〜3、4歳の間と言われています。

将来、あなたのお子さんが音楽関係の仕事に就きたいといった時のために、この期間中は音の関する刺激を重点的に与えると良いでしょう。

正確に音を聞き分ける能力、いわゆる絶対音感は5歳までに決まってしまうと言われています。

ですので、この期間中にクラシックなどをたくさん聞かせると良いでしょう。

もし、経済的に余裕があればピアノやバイオリンなど、子供に音楽を習わせるのもおすすめです。

光に対する感覚

子供の頭を良くする方法とは?!親必見の最強メソッドを公開!

光に関する感覚が最も育まれる期間は、音よりも早くて短めです。

色に関してはなんと、0歳時の内に決まってしまいます。

ちなみに形に関しては5歳くらいまで成長可能ですね。

光に関する感覚をしっかり育み色彩感覚が豊富になれば、画家などの絵を描いたりする職業、もしくは何かをデザインする職業に就くのに有利になります。

おすすめの訓練方法はやはり、子供に直接絵を描かせることです。

クレヨンや絵の具、色鉛筆などを買い与えてあげると良いでしょう。

言語能力

子供の頭を良くする方法とは?!親必見の最強メソッドを公開!

言語を操るには、「音に対する認識能力」が必要不可欠です。

音に対する認識能力とは、音声を音素ごとに聞き分ける能力のことです。

例えば、「日本人(にほんじん)」という言葉。

音素ごとに聞き分けるとは、「N / i / H / o / N / J / i / N」という様にひとつひとつの音を分解して聞き分けられることです。

この感覚は0〜5歳の内に学習が完了してしまいます。

ですので、この内に子供に習得させたい言語をたくさん聞かせることは、言語学習においてかなり有益なことです。

例えば、世界共通語である英語もこの期間に沢山学習させてあげれば、子供が将来英語を勉強したときにその経験が有利に働きます。

幼児向けの英語教育向けのソフトやDVDなどを活用すると良いでしょう。

Youtubeの活用もありです。

子供の頭を良くする方法とは?!親必見の最強メソッドを公開!

正しい音を聞かせるために、ネイティブが喋っているものが特におすすめですね。

最近の世界情勢に照らし合わせれば、中国が世界的に影響力が大きくなってきているので、中国語を学ばせるのもひとつの手です。

こうやって、言語を聞く耳を育んでいくと良いでしょう。

ちなみに、5歳以降も外国語の学習を子供に無理強いさせる必要はありません。

重要なのは、その外国語を聞く耳を音の学習にとって重要な期間である0〜5歳の内に聞かせることで、あとでその言語を学ぶときに有利な状態を作ることにあるのです。

運動能力

子供の頭を良くする方法とは?!親必見の最強メソッドを公開!

運動神経が発達するのは0〜3歳の間なので、この時期に様々な運動をインプットさせていきましょう。

例えば、広場を走り回らせたり、ボール遊びをしたり、プールで泳がせるのも良いです。

様々な身体の動かし方を学ばせましょう。

4歳以降は、もう少し高度なサッカーやバスケなど、ルールがありゲーム性のあるスポーツがおすすめです。

特に前進をまんべんなく使う競技(サッカーやバスケ)などがおすすめです。

また、運動に関しては正直子供が何歳であってもおすすめです。

理由は後の章で話しますが、とにかく子供の発育にとって運動は超必須です。

数学能力

子供の頭を良くする方法とは?!親必見の最強メソッドを公開!

数字に対する臨場感もしっかり育んでいきたいところです。

数学能力に関しては年齢は関係ないのですが、小さいうちから慣れ親しませて苦手意識を持たせないようにするのは重要です。

数学などの学問は身体では体感することが難しいので、数学能力が高いということは知能の高さのあらわれでもあるのです。

それに、数学という学問は理系科目全般で必須なので、エンジニアや科学者になりたい場合は必須能力と言えます。

そういった意味でも、子供のうちから慣れ親しんでおくことをおすすめします。

もちろん、幼児には数学ではなく、算数ですが。

場面や状況に合わせて、算数の質問してあげると良いでしょう。

果物を食べているときであれば、「今日りんごを3個買ったら、合計何個になる?」といった具合にです。

子育てにおける悩みの解決法とは?簡単に克服する3つの方法について解説

 

子どもの頭を良くする方法②:運動は超大事

先ほど少しお話しましたが、運動は子どもの知能を上げるためにかなり重要です。

IQという言葉はご存知でしょうか?

ざっくりいうと、知能指数のことで、知能を数値化した値になります。

人間の平均なIQがだいたい100くらいで、120とか130になるとと、いわゆる「頭いい人」に分類されたります。

数学や物理学の分野で大きな偉業を成す人のIQは180を超えたりします。

このIQが上がりやすい状態にするのに必要なのがまさに運動です。

ここで、IQアップに欠かせないホルモンというのがあります。

それをドーパミンといい、「やる気」とか「意欲」が湧いたときに分泌されます。

つまり、ドーパミンは学習のモチベーションを作ってくれるのです。

そして、運動こそが、特に幼児にとってはドーパミンを大量に放出する良い機会になるのです。

子供のうちからドーパミンをたくさん分泌する習慣ができていれば、IQ向上は間違いないでしょう。

子どもの頭を良くする方法③:頭がよくなる環境づくり

子どもの頭を良くする環境づくりもまた重要です。

具体的にどんな環境が子どもの成長に良いのでしょうか?

例えば

  • 本や図鑑がたくさん置いてある
  • 親自身がいろんなものに好奇心旺盛であること
  • 良質な睡眠の確保

といったことです。

ひとつひとつ見ていきましょう。

本や図鑑などがたくさんおいてある

本や図鑑はなるべくたくさん置いてあることが望ましいです。

子供の成長は周りに置いてあるものにかなり大きな影響を受けます。

子供の好奇心は旺盛なので、疑問に思ったらすぐに調べられる環境を用意してあげましょう。

それに、読書の習慣は子どもの知識量アップに欠かせません。

よく、「詰め込み型の教育は良くない」という意見が見受けられますが、そんなことはありません。

普通に知識はあればあるだけ有利です。

なぜかというと、何かを「知っている」と「知らない」のとでは、その人の人生に大きな影響を及ぼすからです。

子供の頭を良くする方法とは?!親必見の最強メソッドを公開!

例えば、フィギュアスケートという競技について少しお話します。

フィギュアスケートでは近年4回転ジャンプが当たり前の世界になっています。

しかし、4回転ジャンプが当たり前というのはここ数年間の話で、以前はほんの一握りの天才しか到達できない世界でした。

しかし、フィギュアでお馴染みの「羽生結弦」選手を始めとする選手たちが続々と飛ぶようになってから、もはや4回転ジャンプは一部の天才的な才能を持った人だけのものではなく、高得点獲得には必須条件になりました。

 

なぜ、今まで飛べる人がほんの一握りに過ぎなかったものが、近年になって飛べる人が続出したのでしょうか?

これが、「知っている」ことの効果です。

つまり、「4回転ジャンプを飛べる人がいるんだ(しかも割と身近に)」ということを多くの選手が知ったからこそ、4回転ジャンプに対する意識的なハードルが下がったのです。

この様に、「知っている」という状態は人の行動や成果に大きな影響を及ぼします。

そういった意味でも、様々な情報に触れることは良いことなのです。

だから、本をたくさん読むことはおすすめできるのですね。

親自身が好奇心旺盛であること

子供の頭を良くする方法とは?!親必見の最強メソッドを公開!

親自身が好奇心旺盛で勉強熱心であることも、頭の良い子どもの育成には重要です。

なぜなら、「たくさん勉強しなさい」と言っている親自身が子供の目の前で勉強する素振りを見せなかったら、その重要性は絶対に伝わらないからです。

「勉強は良いことだよ」といくら聞かせても、子供が言うこと聞かないのであれば、それは「それだけの文脈が築かれていない」ということにほかなりません。

 

「言葉が伝わる」とは即ち、それまでの文脈からその言葉が伝わるだけの必然性があり、それは言葉を発する前からすでに決まっているということです。

そういった意味でも、子供に頭が良くなるように勉強してほしいと願うのであれば、少なくとも自分がまず勉強熱心になることは必須と言えます。

しかし、勉強というと、かなり堅苦しい響きがありますよね。

ですがご安心を。

ここではその勉強の意味を、「興味があることを学習すること」くらいに思っていただければ良いです。

とにかく、「子供になにか言うにはまず自分からだよ」、というお話でした。

良質な睡眠

子どものIQアップには睡眠の質が外せません。

子供に限らず、人間の脳は睡眠中こそ、その日学んだことを脳に定着させるからです。

つまり、しっかりとした睡眠習慣ができていなければ、頭の良い子供など望めるわけもないのです。

赤ちゃんの夜泣きで焦ってしまう…2つの対策とそもそもの原因とは!?

 

現代人はこの睡眠は軽んじる傾向にありますが、侮ってはいけません。

翌々考えてみれば、一般的には睡眠は約6時間、子供であれば8時間もの時間が費やされているのです。

つまり、一日の3分の1から4分の1をそこに費やしているのです。

もっと言えば、人生の内の3分の1から4分の1は睡眠ということです。

ないがしろにできるはずもありません。

睡眠中のおすすめの環境は、

  • 部屋を真っ暗にすること
  • 耳栓などで音の刺激を軽減すること

です。

つまり光と音の刺激をできるだけカットしようということです。

また、良質な睡眠のため昼間のオススメの習慣は、

  • 起きたらまず日光を浴びる
  • 昼間はしっかり日光を浴びる

です。

「どっちも日光の話じゃん」と思ったかもしれませんが、それだけ重要です。

日光浴は「夜にぐっすり寝れて昼はスッキリ起きれる」ようなリズムを作ります。

ですので朝起きたら、まずは陽の光に当たりに行きましょう。雨や曇りの日でも構いません。

そして、昼間の時間帯も積極的に外で遊ばせて、なるべくたくさんの日光を浴びさせるよう心がけてください。

 

まとめ

以上で「子どもの頭を良くする方法」についてのお話を終わりにさせていただきます。

頭の良い子供を育てることの意味は即ち、「子供になるべくたくさんの可能性を残してあげること」だと私は思います。

そして、いつ開けるかわからない可能性のドアを開けた瞬間、そこには明るい未来が待っている状態にすることでもあります。

そのためには、光や音、言葉や運動といった、基本的な身体の感覚を小さい頃から十分に養うことが肝心だということです。

マインドフルネスの効果とは?なぜ効くのか?その理由を徹底解説!

 

こうした鋭い感覚の育成は、新しい概念を理解したり、応用したりするのに非常に役立つはずです。

ですので、ここにあげた内容を実践し、あなたの子どもに明るい未来がやってくることを願ってやみません。

ライター:UCCHY


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -
LIFE TURN
LIFE TURNは『ライフスタイル全般』に関する情報を提供する総合型Webサイトです。そして当サイトは『あなたのライフスタイルにちょっとした彩りを』というコンセプトを軸に運営しています。LIFE TURNを通して、一人一人のライフスタイルに「豊かな変化」が訪れるように情報を発信していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2018 All Rights Reserved.