美容・ホワイトニング・ライフスタイルの情報を提供する人気WEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

子供のやる気を出す方法はある?原因・対策を考えて子供と向き合おう

WRITER
 
子供 やる気を出す方法
この記事を書いている人 - WRITER -

子供のやる気が見られないとき、親としては何とかしたいと思いますよね。

しかし方法によっては逆に子供のやる気がなくなってしまうということも。

子供のやる気を出すには、どんな方法が有効的でしょうか?

友人

<スポンサードリンク>


子供のやる気が出ないことは具体的に何?

勉強

子供が特にやる気が出ないこととして思いつくのが、やはり「勉強」ではないでしょうか?

自分から進んで予習・復習などをしないならまだしも、やらなければいけない宿題にもなかなか手を付けないのはとても困りますよね。

筆者

しょうがなくこちらから「今日宿題ないの?」と聞いたり、「宿題先にやりなさい!」と怒ってしまったり・・・。

本当はそんなこと言いたくないのに、とこちらもうんざりしますよね。

皆さんも「子供の頃、勉強嫌だったなあ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そもそも学校は「義務」教育というくらいですから、なかなかやる気が出ないのも痛いほど分かりますよね。

お手伝い

「子供がお手伝いをしてくれない」と悩むことありますよね?

お料理の手伝いやちょっとした掃除などはやってくれると本当に助かるのですが、なかなかそうはいかないのが現状です。

ひつじー

小さい子なら自分のおもちゃの片付けだけでも立派なお手伝いになりますが、それすらもやってくれないということになると、とても困りますよね。

また、子供にお手伝いしてもらうのは自分にも余裕がないとできないことも多いでしょう。

見ていないと危なっかしいし、結局自分でやり直して二度手間になるから・・・と、お子さんにお手伝いを頼まない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

習い事や部活

ピアノやスイミング、習字など子供に色んな習い事をさせているというご家庭もありますよね。

そんな習い事や部活に対して子供のやる気が見られないということ、ありませんか?

特に習い事や部活はお金が掛かることも多いものです。

「自分からやりたいと言ったから始めさせたのに、なんだかやる気がなさそう・・・」という場合はとても残念ですよね。

筆者

子供のやる気が出ない原因とは?

そのこと自体があまり好きではない、または嫌い

やる気が出ないということは、子供がそのことに対し「あまり好きではない・または嫌い」という感情を抱いている可能性があります。

単純に「嫌なことがやりたくないからやろうとしない」ということです。

なぜそうなってしまったのか考える必要があるでしょう。

苦手意識がある

やる気が出ない原因の一つに「苦手意識がある」ということが考えられます。

苦手意識というのは劣等感にもつながりますので、できれば目を背けたいこともあるでしょう。

結果、そのことに対するやる気自体も失われているという可能性があります。

子供によっては、「やってもできない」というあきらめまで感じている場合も。

<スポンサードリンク>



過去に何か嫌な思いをしたことがある

もしかしたら、やる気が出ない原因として「過去に何か嫌な思いをしたことがある」という可能性もあります。

何かを失敗してしまい、やる気がなくなってしまったということもあるかもしれません。

この場合は再度挑戦する勇気が出ないということも考えられますね。

もしくは、気が合わない子がいるなど、嫌な思いとなる原因が他にもある可能性があります。

そのことをやるということに意味を見いだせていない

子供としては、そもそも「なんでそれをしないといけないの?」と思っていることも考えられます。

子供でも幼稚園や学校などに行くと、何かしら「やりたくないこと」というのは出てくるものです。

お家なら、「なんで好きに過ごしちゃいけないの?」とか「お手伝いになんの意味があるの?」などと考えているかもしれません。

親としては、大人になって社会に出たらそれ以上のことが色々あるから頑張ってほしいところですよね。

誰かの影響を受けている

子供のやる気が出ない原因に「○○(友達)もやってない」という言い分が出てきたら要注意です。

他の誰かに感化されている、または「みんなもやっていないからやらない」ということになると、なかなか言い返せませんよね。

誰か特定の友達の影響を受けていたとしても、その子を悪く言うということは決してしないようにしましょう。

それはNG!子供のやる気がなくなってしまうかもしれない接し方

他の子や兄弟と比べる

皆さんも子供の頃によく他と比べられていたなんてこと、ありませんか?

そういう記憶は意外と覚えているものですよね。

特に他の友達や兄弟が優秀だと「僕なんか」「私なんか」という気持ちになりがちです。

負けん気のある子なら効果的かもしれませんが、比較された結果、やる気が失われてしまうということもあるでしょう。

なぜなら、子供とその比較された子は別の人間だからです。

誰にでも得意・不得意はありますので、その子が他の子よりも得意なことを探してみてくださいね。

他と比べるのではなく、その子自身を見てあげることが重要になります。

口出しをしてしまう

子供がやることに、ついつい口を出してしまっていませんか?

せっかく子供がやったことですので、目の前でやり直しはNGです。

子供が「やった意味なかったな」「やらない方がよかった」と思ってしまいます。

もし「こうやってほしい」ということがあれば事前に伝えてみましょう。

子供の方で対応して、もし何かあれば「~だったから、次はこうしてみようか」ときちんと理由を言って説明することをおすすめします。

仕事上のフィードバックに似ているかもしれませんね。

「どうしてこうしたの?」と聞くのもよいでしょう。

子供の方でもなぜそうしたのか、理由があるかもしれないからです。

聞き方によっては子供が問い詰められている印象を受けますので、注意してくださいね。

「~しないと~になるよ」と言いすぎる

子供にアドバイスするときについつい余計な一言を付け加えてしまうこと、ありますよね。

「~しないと~になるよ」、というのは失敗を回避するという点ではとても重要です。

しかしこれが子供にとってやる気が出ない原因になることも。

子供からすれば「何かするとすぐ叱られる」「文句を付けられる」という気持ちになっているかもしれません。

もっと子供が成長すると、「親が何でも思い通りにしたがる」と感じて反抗的になる場合もあるでしょう。

子供が自発的な行動をするのを面倒になり、やる気が出ない原因になります。

子供が失敗したときに「だから言ったでしょ」というのも言いがちな言葉です。

子供が自分の選択に自信が持てなくなってしまう可能性がありますので、言葉には充分気をつけましょう。

ダメなところにばかり注目してしまう

子供がしたことに気になる点があって、「ツメが甘い」など思わずダメ出ししてしまうことはありませんか?

他にはできなかったことをフォローしようとして、からかってみるということもあるでしょう。

親本人としては明るく場を収めようとしているのかもしれませんが、場合によっては子供が傷つく可能性があります。

からかうのもほどほどにしておいた方がよいかもしれません。

できるだけよくできたところを褒めることを意識しましょう。

<スポンサードリンク>


子供のやる気を出す方法

子供のやる気を出す方法①褒める

子供のやる気を出す方法1つ目は「褒める」ことです。

「まずは子供を褒めましょう」というのは一般的によく言われることですが、実際にやろうとすると意外に難しいですよね。

「褒める」というのは必ずしも子供が成果を残したということに対してだけではない、ということを覚えておきましょう。

「運動会の競争で1等になれた」「テストで100点を取れた」という目に見えた成果はもちろん素晴らしいことですよね。

それ以外でも褒めることができるのは「子供が頑張っている」という事実です。

例えば走るのが前よりも早くなったとか、テストが前よりもよくできたとか、成長の過程を褒めることはやる気を出す方法につながるでしょう。

他には「得意なことを褒める」というのも重要です。

筆者

「走るのが苦手でも実は工作は得意」など、別の特技は必ずあります。

褒めてもらうということによって、子供は「認められている」という感覚を得るので、それがやる気につながっていくことになるのです。

日頃からポジティブな言葉遣いを心掛けるとよいかもしれません。

子供のやる気を出す方法②目標を子供に決めてもらう

子供のやる気を出す方法2つ目は「目標を子供に決めてもらう」ことです。

目標の設定というのは子供にとってやる気のバロメーターになります。

ポイントは少し頑張れば手が届く目標にすることです。

ひつじー

その目標が達成できたら子供は達成感を得られるので、その積み重ねによって自信も得られます。

達成したら次は少し難しい目標というように徐々にハードルを上げていきましょう。

ゲームでもそうですが、簡単な目標ばかりだと子供も次第に飽きてしまうかもしれませんよね?

目標をクリアしていくことは、ステップアップにもつながっていきます。

もし子供がいきなり大きい目標を立てたとしたら、「これをできるようになるにはどんなことが必要かな?」ということを考えてもらうようにしましょう。

過程となる目標を立てられるよう、うまく働きかけてみてくださいね。

子供のやる気を出す方法③やったらどんないいことがあるかを伝える

子供のやる気を出す方法3つ目は「やったらどんないいことがあるかを伝える」です。

やる気がないことをやることのメリットを伝えてみましょう。

自分にとっていいことがあるんだったら「ちょっとやってみるか」という気になること、ありますよね?

子供をその気にさせるには、「その子がどんなことに興味があるか」ということを普段から把握しておくのが重要です。

子供のことをよく見て、フォローしてあげてみてくださいね。

筆者

使い分けできると効果あり!子供のやる気を出す方法

ご褒美をあげる

「お手伝いができたらご褒美に何かあげる」「テストで~点取れたらお小遣いアップ」など、ご褒美は意外と効果がある方法ですよね。

ただ物をあげるとなると、そのことのためだけに頑張るということになってしまうこともあります。

なるべく「お手伝いしてくれたことがとても嬉しい」など、成果の方を褒めるようにしてみましょう。

また、ご褒美をあげるにもだんだん難易度を上げるなど、ステップアップを意識した目標にしてみると成長にもつながります。

叱った後に褒める

子供のしつけをするときに、叱った後によかったところを褒めるという方法があります。

いわば「アメとムチ」の関係になりますが、実際やるのはなかなか難しいものです。

親としては叱らなければならない場面も当然ありますよね。

そんなときに叱ったままだと嫌な雰囲気のままで終わってしまいます。

「どこがよかったかというフォローも忘れない」という気持ちでいるようにすれば、自然な形で褒めることができるようになるのではないでしょうか?

まとめ

子供 やる気を出す方法

子供のやる気を出すには、その子自身と向き合うという姿勢が重要になります。

できれば「どうしてやる気が出ないのか」、原因を一緒に考えてみましょう。

また、子供が何かしたときに「こういう理由でやった」と決めつけないのも大切です。

子供は意外と親のことをよく見ています。

そして親の与える影響はとても大きいものですので、そのことを忘れずに子供と接していきましょう。


つまらない日常を楽しくしよう!


もしも、今あなたが、
  • 何か人生の暇つぶしを探してる
  • 趣味がないから趣味を見つけたい
  • お金がかからない方法で日常を楽しくしたい
という思いを持っているなら「動画配信サービス(VOD)」を利用するのがおすすめです。

自宅にいながらアニメやドラマ、映画を大量に観れますので新しい趣味になります。

さらに動画配信サービスは『無料トライアル期間』も充実していますので、その期間を利用して思う存分、あなたに合ったドラマや映画を楽しみましょう!

家事の負担を格安で解決する方法!

「家事が辛すぎる…」という意見をよく耳にしますし、実際にその状況になっている方も多いでしょう。

しかし、はっきりと言います。

『その家事、自分でやる必要ありますか?』

家事は自分が手間暇かけてやる必要はありません。「人に任せられる仕事」です。

今は格安で家事を人に任せられるサービスがあります。家事に割いていた時間をパッと無くして、趣味や旅行を楽しむ「自由な時間」を手に入れましょう!
<スポンサードリンク>
 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.