子育て・ライフスタイルの情報を提供するWEBサイト

『LIFE TURN(ライフターン)』の理念について

幼稚園の男の子の服装、どうすればよい?シチュエーション・イベント別に解説

WRITER
 
幼稚園 服装 男の子
この記事を書いている人 - WRITER -

もうすぐ幼稚園に通う男の子がいるご家庭の方は、お子さんにどんな服装をさせればいいのか悩んでいるという場合もあるのではないでしょうか?

幼稚園が制服ではなく私服の場合、コーディネートや着替えなども悩みますよね。

幼稚園に通う男の子の服装について、シチュエーションとイベント別にご紹介します。

筆者

シチュエーション別・幼稚園に通うときの男の子の服装

普段の幼稚園

普段の幼稚園ではどんな服装をすればよいのでしょうか?

友人

1.汚れてもよい服装、または汚れても洗いやすい服装

外で走り回って場合によっては転んだり、砂遊びをしたりと汚れることが考えられますよね。

また、ごはんをこぼしたりクレヨンなどが付いてしまったりすることも。

親としては毎日のお洗濯で悩むことが多いのではないでしょうか?

汚してしまうこと前提で、「ある程度汚れてもよい服装」または「汚れても洗いやすい服装」を選ぶのがおすすめです。

2.動きやすい服装

幼稚園ではお遊戯や体操など、色々動き回ります。

他にも外で遊んだり遊具を使ったりということもありますので、スポーツもできるような動きやすい服装がよいでしょう。

ジャージのようなスエット素材やデニム、ウエストがゴムになっていて下がりにくいものがおすすめです。

ストレッチが効いた素材もよさそうですね。

3.着替えやすい服装

登園前にお子さんが着替えを嫌がった場合、親が着させてあげるということも考えられます。

朝はただでさえ忙しいのに、着させにくい服だとストレスもたまりますよね。

そのため、基本的には「すっぽりかぶればOK」など、子供も着やすく親も着させやすい服装を選びましょう。

また、お子さんによってはボタンなどが苦手という場合もありますよね。

練習のために着せるのはとてもよいことですが、幼稚園で水遊びをするときなどに自分で着替えできないということもあります。

幼稚園の行事をチェックしておきましょう。

4.なるべく上下で合わせやすい服装

幼稚園に行くとなると、毎日どのようにコーディネートするか迷いますよね。

男の子の服装は女の子に比べてバリエーションが少ないと思っていませんか?

逆にそれを活かしてシンプルにまとめるという方法もありますよ。

例えば下のズボンはなるべく無地にして、上のシャツやトレーナーは柄物を選んでみると合わせやすくなるのではないでしょうか。

マンネリを避けたい場合は、同じ柄ではなくボーダーやチェック、ドットなど色々違うものを揃えてみるのがおすすめです。

5.幼稚園で決まっている服装や行事をよくチェック

スモックなど、幼稚園で決まった服がある場合はそれに合わせた服装にしてみるとよいでしょう。

スモックは上からかぶるため、下に服を着すぎると動きにくくなったり、暑かったりすることが考えられます。

何枚も着せるよりはシンプルで薄着な恰好がベストです。

行事で外に行く場合は、羽織れるものを着させると安心ですね。

他には長時間でも歩きやすい靴や日よけの帽子を持って行かせるなど、小物にも工夫してみましょう。

 

季節ごとの服装

1.春・秋

春・秋は日によって暑かったり、逆に寒かったりして調節が難しい時期ですよね。

子供は暑がりですし、園内も暖かいことが多いので基本的には「薄着+アルファ」という服装がおすすめです。

薄手の上着など、寒暖調節できるものがあるといいでしょう。

日頃から天気予報で気温をチェックして、ちょうどよさそうな服装を予想しておくと楽になりますよ。

2.夏

男の子なら夏は「上が半そで、下が半ズボン」という形が一番シンプルでしょう。

子供は暑がりなので、インナーは着せないという場合もあります。

汗をかくので乾きやすい素材や、汗をかいても目立ちにくい色がおすすめです。

麻など夏らしい素材を選んでみてもよさそうですね。

3.冬

男の子の冬の服装は「上がニットやトレーナー、下が長ズボン」というのが基本的な格好です。

園内は暖房が効いていて暑いこともあります。

そのため裏が起毛になっているタイプやフリースなどは、お子さんが寒がっているようであれば着させるようにするとよいでしょう。

その場合でも、できるだけ脱ぎ着して調節できるような服を選ぶのがおすすめです。

暑がりな子は基本的にはインナーも半袖のもので大丈夫でしょう。

イベント別・幼稚園に行くときの男の子の服装

幼稚園でも様々なイベントがあります。

特に普段とは違うかしこまったイベントの場合、服装にはとても気を使いますよね。

幼稚園児の男の子の場合、きちんとした服装には何を選べばよいでしょうか?

友人

入園前面接の男の子の服装

入園前面接とは、お子さんが幼稚園に入る前に受ける面接のことです。

どのような面接になるかは幼稚園によって異なります。

定員がない幼稚園の場合は、面接自体は合否を決めるものではなく面談という形に近くなるでしょう。

逆に定員が決まっていたり、受験があったりする幼稚園では服装も重要なポイントになります

幼稚園によって服装も変わってきますので、参考にしてみてくださいね。

1.受験が必要な幼稚園

受験が必要な幼稚園では、特に「フォーマルな服装」を心掛けましょう。

上着はジャケットやカーディガンなどです。

冬場ならセーターやベストなどを中に着用してもよいでしょう。

上は白いシャツ、下は長ズボンまたは半ズボンでも大丈夫です。

靴下は半ズボンなら白または紺などのハイソックスを選びます。

靴はできれば革靴を履くのがベストです。

スニーカーでもよいですが、その場合もシンプルできれいなものを選びます。

全体的な色味は黒やグレー、紺などあくまでもフォーマルなものにしましょう。

また、お子さんが動き回ったり、移動の際抱っこしたりすることを考えて、しわになりにくい素材を選ぶことがポイントです。

  • 注意点

受験が必要な幼稚園の面接では、なるべくフォーマルな印象であることが重要です。

派手な色や、変わった柄は避けるようにします。

柄の付いた服にするときも、チェックやストライプなどシンプルなものを選びましょう。

2.一般的な幼稚園

定員がない一般的な幼稚園の場合は、「普段よりもきちんとした格好」という印象のものを選びます。

仕事で言う「オフィスカジュアル」という印象に近いものを選ぶとよいでしょう。

お子さんも見慣れない所に行くということで、緊張することが考えられますよね。

そんな時に普段と全く違う服装というのも、さらに緊張してしまう可能性があります。

もし普段着でもある程度きちんとした印象のある服があれば、それを選んでみてもよいでしょう。

上着は冬ならカーディガンやセーターを選びましょう。

上は襟付きのシャツ、下は黒や紺などの長ズボンまたは半ズボンにします。

靴はスニーカーで大丈夫ですが、汚れていないか注意してくださいね。

  • 注意点

かしこまった面接ではないとはいえ、派手な柄やデニムなどカジュアルすぎるものは避けるようにします。

キャラクターものなどではなく、チェックやストライプなどシンプルなものがベストです。

色味も黒や紺など、落ち着いたものを選ぶようにしましょう。

3.プレ幼稚園

プレ幼稚園とは、入園する前に幼稚園を体験できる制度のことです。

プレ幼稚園では、基本的に普段の幼稚園で行っていることを実際にやることになります。

幼稚園からの案内をよく確認してみてくださいね。

また幼稚園によって雰囲気が異なる場合があるので、なるべく合わせるように意識してみるとよいですよ。

もし心配なようでしたら、幼稚園に問い合わせたり実際にお子さんを通わせている知り合いに聞いてみましょう。

基本的には体操やお遊戯などをすることもあるため、動きやすい服装がベストのようです。

外遊びをすることもあるので、汚れてもよい服装で行きましょう。

4.入園式や卒園式

入園式や卒園式は大切なイベントの一つです。

お子さんの成長に感動する親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

入園式や卒園式はフォーマルな印象のものを選ぶとよいでしょう。

おすすめなのがキッズスーツです。

上着はジャケットで中に白のシャツ、ベストやネクタイを合わせてみましょう。

下は長ズボンまたは半ズボンどちらでも大丈夫です。

靴下は白や紺、靴は革靴を合わせます。

スーツではない場合も、色に統一感をもたせるときれいにまとまりますよ。

できるだけしわになりにくい素材を選ぶのがおすすめです。

イベント時|幼稚園の男の子の服装・注意点

普段と違う服装をするときは、事前に一度お子さんに服を着てもらうのがおすすめです。

理由の一つに、お子さんが当日その服を嫌がって、なかなか着替えが進まないということが考えられるからです。

「この服を着て○○に行く」ということを事前に何度か言い聞かせるようにしてみましょう。

また、他の理由として「着てみてサイズが合わなかったり、印象が違ったりするのを防ぐ」ためというのもあります。

お子さんは成長が早いですので、「この前と同じで大丈夫」と思ったら意外にサイズが合わないという場合も考えられますよね。

また、フォーマルな印象の服は普段着ないので、サイズ感が違うということもあるからです。

お店で買う場合は、できれば試着してからの購入をおすすめします。

まとめ

幼稚園 服装 男の子

幼稚園の男の子の服装についてご紹介しました。

子供は暑がりであることが多いので、なるべく「シンプルな軽装」を心掛けましょう。

気になるようであれば、幼稚園の室温や子供の様子について先生に一度確認してみてくださいね。

また、「洗濯やコーディネートしやすい服装」というのも重要なポイントになります。

お子さんによって好みは異なりますので、すんなりと服装が決まらないこともあるかもしれません。

お子さんと相談してバリエーションを増やしてみていってくださいね。


子育てが忙しい主婦でも家にいながら毎月10万円を得る方法!


  • 「子供がやりたい事は出来るだけやらせてあげたい…」
  • 「好きな服や化粧品を買って、美容にもお金をかけたい…」
  • 「時間にも心にもゆとりを持って大切な家族と一緒に過ごしたい…」
と悩んでいませんか?


家事や子育てのスキマ時間を使って稼いでいくことで、余裕を持った生活を送ることができます。


自分に余裕が持てれば自然と笑顔が増えます。


お母さんは「太陽」です。太陽のような笑顔が家族を明るくします。


だから家族と楽しく過ごすためには、まずは何よりも自分に心の余裕を持つ必要があるのです。


『子育てしながら完全在宅で稼ぐ方法』に興味がある方は、ぜひ以下のページをご覧ください!!


「忙しい主婦が現実的に月10万円稼ぐ方法」はこちら
※登録は無料です。



この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© LIFE TURN , 2019 All Rights Reserved.